鳥居と、その鳥居を守るように2本並んでいる杉の木である。
 この2本はまだだけれど、この階段を上りきったところにある更に太い杉の木は、裏から見ると洞のようにえぐれていた。