継桜王子の階段を上りきったとところに祠があり、その両脇に狛犬が雨に濡れて鎮座していた。