継桜王子のすぐ近くにある秀衡桜は、すでに葉桜になってしまっていたけれど、近所の民家にあった桜の木は八重の薄い桃色をした花をつけていた。