背の高い杉の木に遮られて、光が地面までこれだけ大量に届いていることは実はあまりなかった。
 そこに、パッと若い緑が光を浴びてキラキラ光っているのが目に飛び込んできた。
 実際はもっともっと明るくてもっともっとキラキラしていて、嘘のような光景だった。