熊野古道の写真に人が写っていないのは、もちろんそういう写真を選んでいるからということもある。
 でも、そもそも、写真を撮ろうとするたびに立ち止まる私はどんどんツアーの方々から遅れ始め、最後尾を歩いているから後ろを振り返れば誰もいないことほとんどで、しかも、前方を見てももうツアーの方々の後ろ姿も見えない、ということも少なくなかったということである。情けない。