熊野本宮大社は、水害により今の場所に移される以前はこの大斎原にあったのだそうだ。
 熊野古道にある伏拝王子から「伏し拝んだ」のは、今の本宮大社ではなく、大斎原にあった本宮大社だという。
 黒い大きな鳥居の一番上の真ん中には、金色のヤタガラスが鎮座ましましている
 その鳥居の左手前のピンク色はレンゲソウ、時期なので、鯉のぼりが泳いでいるのも見える。