左に見える人がかがんでいるところは湯筒で、木枠に冷凍みかんの赤いネットにタマゴやさつまいもを入れてゆでる観光客や、もっとずっと大きいネットを用意して、直径15cmもありそうなタケノコを何本もゆでている地元の方がいらっしゃった。
 その湯煙の奥が、世界遺産にも登録されている「つぼ湯」で、予約すれば入浴することも可能である。