ガイドのお姉さんが、「日本で第二の滝である日光の華厳の滝は、滝の上にダムがあって水量を調節している。この那智の滝は、高さ133mの日本一の滝で、しかも水量調節等を全く行っていない自然の滝である。」と自慢していた。
 滝の落ち口が三つに分かれていることから「三筋の滝」とも呼ばれているそうだ。