新宮市内から高野坂を越えた辺りで「展望台」という道しるべを見つけた。
 時間に余裕があったので、その脇道に入ったら、すぐ到着すると思った展望台が意外と遠くて不安になってしまった。戻ってくる山歩き姿の方に「展望台まであとどれくらいですか?」と尋ねたら「5分くらいですよ」と教えてもらえ、それに元気をもらってたどり着いた。
 展望台からは、三輪崎海が見渡せた。この頃には雨はあがっていたのだけれど、晴れ間が出ていたらもっとブルーの濃い海と空が見られただろうに、ちょっと残念である。