アウヤンテプイの反対側にはこんな景色が広がっている。
 この後、空はどんどん暗くなり、あっという間にスコールがやってくるなんて誰が想像できるだろう。