エド・ディルからの帰り道、岩窟墳墓群を真っ正面に見て、列柱どおりをとぼとぼと歩くことになる。
 歩いても歩いても近づいてこない気がした。