下山途中、やっと明るく、赤く染まった山々を見ることができた。
 ここはそうでもないけれど、それにしてもよくも登ってきたものだと自分で感心してしまうような危なっかしく険しい山道だった。