八方尾根自然研究路のうち、木道からはほとんど拝むことができないのだけれど、石がごろごろした順路からは白馬三山をずっと右手に見ながら登ることができる。
 よし!