2017.05.21

「氷艶 hyoen2017 ―破沙羅―」を見る

「氷艶 hyoen2017 ―破沙羅―」
出演 市川染五郎/髙橋大輔/荒川静香/市川笑也
    澤村宗之助/大谷廣太郎/中村亀鶴/鈴木明子
    織田信成/浅田舞/村上佳菜子/大島淳
    鈴木誠一/蝦名秀太/佐々木彰生/中村蝶紫
    澤村國矢/片岡松十郎/中村かなめ
公演日 2017年5月21日(日曜日)午後0時開演
劇場 代々木体育館 南1階Gブロック
上演時間 3時間(30分の休憩あり)
料金 18000円

 「氷艶 hyoen2017 ―破沙羅―」の公式WEBサイトはこちら。

 染五郎さんファンのお姉様に誘っていただき、「氷艶 hyoen2017 ―破沙羅―」に行って来た。
 開場が開演1時間前で、それより少し前に到着すると入場待ちの列が出来ていた。これって東京オリンピックのときはどうするんだろうね、と何故か二人で真剣に心配してしまった。
 気温30度で日陰もないところで立ったまま待つのは、僅かの時間でも辛い。

 グッズ売場は控えめで、パンフレット、ポストカード、クリアファイルというラインアップだった。
 会場の内と外にグッズ売場が設置されていた。それほど混雑はしていなかったと思う。
 写真撮影は禁止だけれど、客席での飲食は特に禁止とは明示されていなかった。やはり、歌舞伎では客席での飲食が一般的なことだからだろうか。

 1階スタンド席は、上が長袖Tシャツの上にアクリル素材のストール、下はストッキングに登山用パンツ、さらにシャカシャカした素材のパンツを重ねた。最初は平気でも見ているうちに腿の辺りが冷えてきた感じがして、これでちょうど良い。
 椅子はプラスチックで固いので、アウトドア用のクッションを持参して敷いていた。これは必携だと思う。

 「氷艶」の物語は、荒川静香演じる女神が少年に見せる夢物語という枠組みになっている。
 神話の時代、織田信成演じる瓊瓊杵尊は浅田舞演じる木花開耶姫と恋に落ち、駆け落ちしてしまう。木花開耶姫とともに瓊瓊杵尊に嫁いだのに置き去りにされた市川笑也演じる岩長姫は二人に復讐しようと、市川染五郎演じる歌舞伎の世界の大敵役の仁木弾正を呼び出す。瓊瓊杵尊の家来の猿田彦は、悪を倒して二人を助ける為に、歌舞伎の世界の英雄である高橋大輔演じる源義経を呼び出し、この善悪のキャラが対決する、というお話だ。

 ストーリーはと聞かれれば、大枠、こういう感じになると思う。
 でも、実際のところ、ストーリーはあまり関係ないのかなという感じがする。歌舞伎とアイスショーとどちらに近いかと聞かれれば、それはアイスショーに近い印象だ。
 フィギュアスケートの見せ方として、ストーリーのあるショーに仕立てました、ストーリーには歌舞伎のエッセンスを取り入れました、という感じだ。
 歌舞伎では、善悪の主役級のキャラが同じ舞台に立つことはないそうだけれど、歌舞伎に全く詳しくない私からすると「だから?」という感じにどうしてもなってしまう。掟破りをしているという売り文句は、掟を熟知している観客に対してのみ「売り」として機能すると思う。

 出演しているフィギュアスケーターは、やはり皆芝居っ気のあるスケーターで、立ち姿やポーズが決まっているし、成りきっている感じがある。もちろん、身体を使った感情表現が豊かだ。見栄を切ったり、刀を持って立ち回りをしたり、楽しんで演じている様子が伝わって来るのが良い。
 高橋大輔は、スケート靴なしで、氷上に作られた舞台の上で踊っていて、それも格好良かった。これまた日舞の素養のない私にはよく判らなかったけれど、一緒に行ったお姉様によると「すり足なんかも上手かった」という話だ。

 ストーリーを運んでいるのは歌舞伎役者の方々で、そもそも台詞はほぼ歌舞伎役者さんたちが語っていたし、お話の進行はナレーションで流されていることがほとんどだった。
 笑也さんはずっとスケート靴で通していたと思うけれど、他の役者さん達は、スケート靴を履いたり履かなかったりだったと思う。スケート靴ではないとき、危なげなく靴で氷上を歩いたり走ったり立ち止まったり戦ったりしていて、オペラグラスでじーっと見てみたら、靴底に鋲がたくさん打ってあるスパイクのような靴を履いていた。なるほど、氷上で滑らないためにはそれくらいしないとだめなんだなと思う。

 見終わってから思い出したところ、そういえば染五郎さんは何年も前にドラマでアイスホッケー選手の役を演じていたと思う。
 そこから「氷上で歌舞伎を上演する」「フィギュアスケーターとコラボレーション」という発想が生まれたのかしらと思ったりした。

 スペクタクルとしてかなり贅沢な舞台で、氷上と奥に設置したスクリーン(というかカーテン)を使ってプロジェクションマッピングのようにしていたし、宙乗りはそれこそ何回も何回も披露された。
 衣裳も派手だったし、音楽はBGMの他、和太鼓のDRUM TAOが生出演していた。
 豪華というなら、これだけのフィギュアスケーターが揃い踏みしていること自体が、豪華以外の何ものでもない。この豪華さと準備期間で、公演が僅か3日間なのだから、その贅沢さといったらない。
 後半は殺陣も惜しみなく披露されて、スケートで滑る人と靴で走る人とが入り交じった状態での殺陣は時々ひやっとしたけれど、やはりスピード感が違う。迫力である。

 歌舞伎でもアイスショーでもないエンターテインメントだったと思う。
 思わず拍手するシーンもたくさんあって、結構楽しんだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017.05.20

「髑髏城の七人」 Season風の抽選予約に申し込む

劇団☆新感線「髑髏城の七人」 Season風
作 中島かずき
演出 いのうえひでのり
出演 松山ケンイチ/向井理/田中麗奈/橋本じゅん
    山内圭哉/岸井ゆきの/生瀬勝久 ほか
2017年9月15日~11月3日 IHIステージアラウンド東京(こけら落とし公演)
料金 S席 13000円 サイド席 12500円
 
 花鳥風月の4シーズンの「髑髏城の七人」のうち、3シーズン目の「風」は、恐らく唯一の「一人二役」バージョンだ。
 そして、出演者陣が若い印象である。
 抽選予約に申し込んだ。

 「髑髏城の七人」 Season風の公式Webサイトはこちら。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017.05.14

「サクラパパオー」を見る

「サクラパパオー」
作 鈴木聡
演出 中屋敷法仁
出演 塚田僚一/中島亜梨沙/黒川智花
    伊藤正之/広岡由里子/木村靖司
    市川しんぺー/永島敬三/片桐仁
観劇日 2017年5月13日(土曜日)午後2時開演
劇場 東京国際フォーラム ホールC
上演時間 1時間50分
料金 9000円
 
 ロビーでは、パンフレット缶バッジの非常にひっそりとした物販コーナーがあった。

 ネタバレありの感想は以下に。

 パルコ劇場の公式WEBサイト内、「サクラパパオー」のページはこちら。

» 続きを読む

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2017.05.13

「鎌塚氏、腹におさめる」 のチケットを購入する

M&Oplaysプロデュース「鎌塚氏、腹におさめる」
作・演出 倉持 裕
出演 三宅弘城/二階堂ふみ/眞島秀和/谷田部俊
    玉置孝匡/猫背椿/大堀こういち
2017年8月5日~8月27日 本多劇場
料金 5800円
 
 久々な気がする「鎌塚氏」のシリーズである。
 チケットを購入した。

 M&Oplaysの公式WEBサイト内「鎌塚氏、腹におさめる」のページはこちら。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017.05.06

「髑髏城の七人」 Season花 を見る

劇団☆新感線「髑髏城の七人」 Season花
作 中島かずき
演出 いのうえひでのり
出演 小栗旬/山本耕史/成河/りょう
    青木崇高/清野菜名/近藤芳正/古田新太 ほか
観劇日 2017年5月6日(土曜日)午後2時開演
劇場 IHIステージアラウンド東京
上演時間 3時間35分(20分の休憩あり)
料金 13000円
 
 IHIステージアラウンド東京のこけら落とし公演で、花鳥風月の4シーズンの「髑髏城の七人」を1年3ヶ月かけて上演する、その第一段だ。
 「客席が回転する劇場」を初体験してきた。

 いきなりわざわざ書くようなことでもないけれど、開演前も休憩中もお手洗いの回しが上手い。凄い行列になっていたけれど、あっという間に捌いていた。

 ロビーではもちろんパンフレット(2000円)を始めとするグッズが販売されていた。

 ネタバレありの感想は以下に。

 「髑髏城の七人」 Season花の公式Webサイトはこちら。

» 続きを読む

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2017.05.04

「子午線の祀り」 の抽選予約に申し込む

「子午線の祀り」
作 木下順二 
演出 野村萬斎 
音楽 武満徹
出演 野村萬斎/成河/河原崎國太郎
    今井朋彦/村田雄浩/若村麻由美 ほか
2017年7月1日~7月23日 世田谷パブリックシアター
料金 S席 8800円 A席 5400円
 
 これまた競争が激しそうな公演である。
 抽選予約に申し込んだ。

 世田谷パブリックシアターの公式WEBサイト内、「子午線の祀り」 のページはこちら。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2017.05.03

「業音」の抽選予約に申し込む

日本総合悲劇協会vol.6「業音」
作・演出 松尾スズキ
出演 松尾スズキ/平岩紙/池津祥子/伊勢志摩
    宍戸美和公/宮崎吐夢/皆川猿時/村杉蝉之介
    康本雅子+エリザベス・マリー(ダブルキャスト)
2017年8月10日~9月3日 東京芸術劇場 シアターイースト
料金 7200円
 
 これまた競争が激しそうな公演である。
 抽選予約に申し込んだ。

 大人計画の公式WEBサイト内、「業音」のページはこちら。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2017.05.01

1020000アクセス達成!

 昨日(2017年4月30日)、どなたかが1020000アクセス目を踏んでくださった。
 今年は観劇本数がだいぶ減っているので、アクセス数も落ち着いている感じだ。
 これまでの経過は以下のとおりである。

 開始 2005年1月8日
 10000アクセス 2005年5月17日
 50000アクセス 2006年7月23日
100000アクセス 2008年1月20日
200000アクセス 2010年4月26日
300000アクセス 2011年10月25日
400000アクセス 2012年12月6日
500000アクセス 2013年9月11日
600000アクセス 2014年3月20日
700000アクセス 2014年9月29日
800000アクセス 2015年6月29日
900000アクセス 2016年3月29日
1000000アクセス 2017年2月17日

1010000アクセス 2017年3月21日
1020000アクセス 2017年4月30日

 こうして続けていられるのは、遊びに来て、読んでくださる方のおかげです。
 ありがとうございます。
 どうぞよろしくお願いいたします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017.04.24

「THE SMALL POPPIES」のチケットを予約する

Studio Life 「THE SMALL POPPIES」
原作 DAVID HOLMAN
脚本・演出 倉田淳
出演 山本芳樹/宇佐見輝/笠原浩夫/関戸博一
    岩崎大/松本慎也/船戸慎士/緒方和也
    牧島進一/仲原裕之/若林健吾/千葉健玖
    江口翔平/吉成奨人/藤原啓児
2017年6月15日~7月2日 シアターサンモール
料金 5800円
 
 そういえばまだカムカムミニキーナの公演を見たことがない。
 抽選予約に申し込んだ。

 Studio Lifeの公式WEBサイトはこちら。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017.04.23

「エレクトラ」を見る

「エレクトラ」
原作 アイスキュロス・ソポクレス・エウリピデス“ギリシア悲劇”より 
上演台本 笹部博司
演出 鵜山仁 
出演 高畑充希/村上虹郎/中嶋朋子/横田栄司
    仁村紗和/麿赤兒/白石加代子
観劇日 2017年4月22日(土曜日)午後2時開演
劇場 世田谷パブリックシアター
上演時間 3時間5分(15分の休憩あり)
料金 8500円

 ロビーではパンフレットやTシャツ、チョコクランチなどが販売されていた。

 ネタバレありの感想は以下に。

» 続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

«「狼狽~不透明な群像劇~」 の抽選予約に申し込む