2019.08.04

ニュージーランド旅行記4日目その3

2019年1月29日(火曜日)

20190129_150154  15時にBUS STOPに到着した。
 この緑色の看板に、正しく「BUS STOP」と書いてある。
 もちろん、ここにバスがやってくる訳ではない。
 この先、ポンポローナ・ロッジに行く手前に川が流れており、雨量によっては「氾濫」に近い状態になることもあるそうで、雨が止んだり水が引いたりするのを待つための場所である。
 実体は、掘立小屋だ。
 しかし、屋根があって、壁があって、ベンチが置いてあるのだから上等というものである

20190129_150418 しばしの休憩後、BUS STOPを出発するとすぐ「ガレ場」に到着した。
 この緑の看板の上にある張り紙には「洪水で堤が不安定な状態になってしまったので、左に5分オレンジのリボンを辿って登り、非常用の橋を渡ってください」的なことが書いてある。
 後で聞いたところによると、トップグループに付いていたガイドさんが、参加者を下で待たせ、あっという間に登りながら目印にオレンジのリボンを付けていったのだそうだ。
 何て高すぎる身体能力だろう。

 かなさん言うところの「明日の予行練習」 をこなすべく、オレンジのリボンを辿りながら登る。
 実際のところ、5日目の峠越えの道はきちんと整っている箇所が大部分で、こんな感じのガレ場を歩くのはほんの一部である。
 しかし、そんなことは知らないので、かなり戦々恐々として添乗員さんと一緒にゆっくり歩く。

 道なき道を行く、オレンジのリボンの後を辿るという歩き方になるので、ゆっくり上がらざるを得ない。
 そして、若干のアドヴェンチャー気分も味わえるし、お天気も曇りで歩きやすい。
 何よりゴールが見えていて距離も短かったので、凄く大変だと思った記憶はない。このガレ場は、割と楽しく登ったと思う。
 もっとも、BUS STOPからほぼ平らな位置で橋が渡されていたのが見えて、「あっちだったら楽ちんだったのに」と思ったのも本当である。

 「非常用の橋」に折れる角にはガイドのアナさんが待っていてくれて、「あの橋を渡って右に折れ、ここから見えるあの看板を左に曲がればすぐだから」的なことを教えてくれる。
 彼女はここでずっと道案内をしてくれている訳だ。
 「非常用」という割にちゃんとした橋を渡り、再び森の中を歩いていると、向こうからカズアキさんが歩いてくるのと行き会った。しかも、荷物も背負っていない。

 「どうしたんですか?」と尋ねると、先ほどのバスストップにストックを置いて来てしまったので取りに戻ると言う。
 確かに、バスストップの横にストックが立て掛けてあったのを見た記憶がある。
 すると、添乗員さんが「私、アナに言って、最後尾を来るガイドさんにピックアップするよう無線で連絡してもらいます!」と言って、あっという間に引き返して行ってしまった。
 ガイドさんも凄いけれど、彼女の体力と応用力にも脱帽である。

20190129_15195420190129_152358 橋からロッジ入り口まで10分弱くらい歩き、無事、15時20分に本日の宿であるポンポローナ・ロッジに到着した。
 靴の泥を拭うために、ブラシを向かい合わせてくっつけたようなものが用意されている。よくよく泥を落とし、入口に用意されていたビスケットとジュース、お水のうち、お水をもらう。

 それほど暑くなかったし、途中で長袖シャツを脱ぎ着したくらいだから、それほど喉が渇いた感じはしない。
 この日、16kmを歩いている間に飲んだお水は700ccだった。

 ポンポローナロッジは、崖っぷちというか斜面を利用して建てられており、3階層(だったか?)になり、階段の両脇に廊下が延びてお部屋が並んでいる。
 シャワーとトイレは階層ごと、男女別にある。
 ここでは、我々ツアーの女性陣は添乗員さんも含めて一つのお部屋が割り当てられた。
 6人部屋で、2段ベッドが三つあるお部屋である。
 私がツアーのみなさんの中で最後尾だったらしく、先に到着した方々は荷ほどきをし、シャワーも浴びて、ロビーでアフタヌーンティと洒落ていらっしゃるようだ。

 カメラの電池が怪しくなっていたので充電を始め、ビーチサンダルに履き替えて靴を乾燥室に入れて乾かす。
 シャワーを浴びて洗濯をし、何故だか晴れてきたせいもあって暑いなぁと思いながら長袖シャツとヤマスカートに着替える。
 洗濯物を乾燥室に干すのと入れ替わりで靴を取り込み、部屋の中に入れておく。
 このロッジでは、靴を部屋の外に置いておくと、ケアという鳥にいたずらされてしまうのだ。

 シャワーを浴びているときに気がついたのだけれど、右足のちょうどゲイターの上端が来ていた辺りに、サンドフライに刺された後が横一列で並んでいた。
 ゲイターの隙間から入り込み、歩きながら刺しまくってくれたらしい。
 赤くポツポツと刺された跡が並んでいて、非常にみっともない。しかし、それほど痒くないのは有難い限りである。

 ポンポローナ・ロッジの「ポンポローナ」はスペイン語で「スコーン」の意味らしい。
 そんな訳で、ポンポローナ・ロッジのアフタヌーンティ・タイムにはスコーンが供される。
 16時頃にラウンジに行き、スコーンと紅茶をいただいた。クロテッドクリームとイチゴジャムもあって本格的だ。トマトケチャップが並んでいた理由は謎である。
 ついでに、空になったペットボトルを持ってきてお水を入れ、ティーバッグももらって明日用のお茶を作る。

20190129_175411 スコーンをいただいて一息入れ、ラウンジは飲んでいる方々が多かったけれど、どうにも筋肉痛の予感が激しかったので、お部屋に戻ってシーツをセットしたり、ストレッチをしたり、メンテナンスに努める。
 歩いている間、チェストベルトとショルダーベルトにちょっとでも違和感があったら直すように気をつけていた成果か、背中はそれほど痛くなっていない。

 18時前に夕食に行こうとお部屋を出ると、青空が広がっていた。
 山の上には雪も見える。
 下に見えているのは、ロッジの下の階のお部屋の屋根である。
 しばし、全員で入れ替わり立ち替わりの写真撮影タイムになった。

20190129_175627 20190129_184628  「食堂」などと言っては申し訳ないようなこちらの空間で夕食をいただく。
 前菜 は何故だかアラブ料理風である。ホブスに豆、チーズやディップ、オリーブの入ったトマト煮込みもある。
 メインはチキンのレモンソースだから白ワインがいいなとカウンターのお姉さんに伝えたところ、シャルドネをお勧めしてもらった。
 デザートのクレームブリュレまで美味しくいただく。
 コーヒーや紅茶はセルフサービスだ。

 19時半過ぎから翌日の説明があった。
 明日は6時起床、6時15分から昼食づくり、7時に朝食である。
 全体の一通りの説明が済んだところで、我々ツアーメンバーにはかなさんからの説明が続く。有難い。

 明日の午前中はとにかくひたすら果てしなく登って行くそうだ。
 かなさん曰く「登りじゃないところはほとんどありません。あったらラッキーだと思ってください」。
 しかし、実際は6マイルで700mを上がる登りよりも、3.5マイルで900mを下る後半の方がより辛いという。本当か、と思う。
 また、かなさんから7時20分にラジオ体操開始、7時半出発と厳命される。

 最初の休憩場所であるミンタロ・ハットで必ずお水の補給をしてください、と言う。
 明日のポイントは「水分補給」のようだ。
 あまり言いたがらないかなさんに食い下がって聞いてみると、明日の天気は「小雨」で、かなり暑くなる予報らしい。

 マッキノン峠を過ぎ、さらに30分くらい登るとパスハットに到着し、ここでお昼休憩になる。
 このパスハットを13時までに出なければ、サザーランド滝に行くことはできないと思ってください、という話だ。サザーランド滝に行く人は、明日の宿であるクィンティン・ロッジを16時半までに出ることになっていて、下りに3時間は楽にかかるらしい。
 途中、長い木の階段があって、そこに青い鴨がいる、かも知れないので探してみてくださいと言われた。
 果たしてそんな余裕があるものかと思う。

 明日の夕食を選び、明日の説明も聞き終えたら、ストレッチタイムである。
 かなさんが講師役になり、ラウンジの絨毯が敷かれたところを利用して、我々ツアーメンバーと、ガイドさん達も加わる。これが結構気持ちいい。
 ストレッチの後は治療タイムだ。
 腰や膝に痛みが出た方はテーピングをしてもらっていたし、私は左足の親指の脇にマメができかけていたのと、左足の小指が元からボロボロだったのがさらにボロボロになってきたので、その両方にテープを貼ってもらった。

20190129_205706 21時くらいには治療タイムも終了し、就寝準備開始である。
 これが、みなさんもの凄く手際が良くて、私などぼーっとしているとあっという間に置いて行かれてしまう。
 歯磨きをし、お手洗いを済ませ、ふと気がつくと21時半には私ともうお一方の他はすっかり寝入っていらした。
 それも凄いけれど「明日の朝も早く起きて走る」と言っている添乗員さんも凄い。凄い人だらけである。

20190129_213614

 21時半頃、夕焼けを見ることができた
 日が長い。
 暗くなってからお手洗いに行ったところ、ポンポローナロッジでは、外廊下には灯りが付いているけれど、お手洗いには灯りがついていない。
 各自が持っているライトが頼りである。

 歩いているときはウエストバッグとして使っているバッグを、ロッジに着いた後はショルダーバッグにして持ち歩いている。
 これが結構便利である。
 寝るときにもベッドに持ち込んで、バッグを手にすれば、水もライトも時計も手にできる。これは便利だ。

 前日のグレイドハウス・ロッジでは、「断続的ながら眠れた」という感じだったけれど、このポンポローナ・ロッジでは、何故だか全く眠れなかった。
 普段から全く運動をしない私がこれだけ歩いているのだから、疲れていない筈がないのに本当に眠れない。
 この日の夜に関していうと、「眠れた」とか「うとうとして目が覚めた」という記憶が全くない。
 もしかして一睡もできなかったかも知れない。しかし、そんな調子で普段から全く運動をしていないような私が峠越えのキツイ道を歩くことができただろうか。

 未だに、謎である。

 ニュージーランド旅行記4日目その2 <- -> ニュージーランド旅行記5日目その1(まだ書いていません)

| | コメント (0)

2019.07.22

出雲旅行記の入口を作る

20190602_094357 ここは、2019年6月に、出雲へ一人旅した旅行記の入口である。

 以下の日付をクリックすると、旅行記に飛べるようになっている。

 2019年6月1日(土曜日)

 2019年6月2日(日曜日)その1

 2019年6月2日(日曜日)その2

 2019年6月2日(日曜日)・3日(月曜日)

 持ち物リスト(出雲編)

 ちなみに、出雲大社にはこんな感じのウサギの像があちこちにあった。
 この子は、島根県立古代出雲歴史博物館のお庭で桂の葉をくわえていた。

| | コメント (0)

2019.07.21

「山でお泊まり手帳」を読む

 2019年7月、仲川希良さんの「山でお泊まり手帳」を読みました。

 「山でお泊まり」をしたことがありません。
 そもそも、山登りをほとんどしたことがないのですから当たり前です。
 今年の1月にニュージーランドで3泊4日のトレッキングをして「山小屋」に泊まりましたが、スリーコースでメインを選ぶことができ、水洗トイレとシャワー完備(シャンプーやボディシャンプーも備え付けあり)という環境でしたので、いわゆる「山小屋」のイメージとは著しく違っていた筈。

 山に登るには「装備」が必要ですし、山小屋に泊まるのであってもそれなりの「荷物」が増えますし、それがテント泊となれば明らかに「装備」が大量に増えます。
 山に登るにも山に泊まるにも、下調べと準備が必要で、「上手に」歩き泊まるには経験値が必要。

 その経験値を若い女性の視点から分けてくれる本です。

 いつか「山小屋泊」にもチャレンジしたいなぁと思いました。

| | コメント (0)

2019.07.20

出雲旅行記2・3日目

2019年6月2日(日曜日)

20190602_135954  14時頃、旧大社駅に到着した。
 国鉄大社線の終着駅だった大社駅の駅舎等は残されていて、重要文化財に指定されている。この駅舎は大正13年にできたそうだ。
 今では和風建築の駅舎自体が貴重だし、神社様式を取り入れた駅舎としても貴重である。
 平成2年にJR大社線が廃線となった後もこうして残され、内部も無料で見学することができる。

20190602_140126 20190602_140740

 駅舎内は、外観とは打って変わって洋風である。
 シャンデリアなども下がっている。
 駅舎を通り抜けてホームに出ることもでき、ホームからは、精算所や改札の様子を見ることができる。
 木造建築の味のある精算所で改札だ。

20190602_140534  ホームに停車していたのはD51である。蒸気機関車の代名詞ともいえる「デゴイチ」だ。
 まさかそんなものと出会えるとは思っていなかったので驚いた。
 昭和49年に本州を最後に走ったその機関車だというから、さらに驚く。
 昭和50年からは出雲大社神苑に、平成13年にここに移設されて展示されているそうだ。
 運転席にも上がることができた。

20190602_142811 20190602_143113  そのまま、出雲大社の一の鳥居である「宇迦橋の鳥居」から神門通りを歩いてみる。
 この鳥居は大正4年に、ここから始まる松並木の松280本とともに寄進されたものだ。
 鉄筋コンクリート製で、真っ白なその姿はかなり目立つ。目立つというか、若干、異様だ。

 高さ23mで、随分と大きく感じるけれど、出雲大社本殿はさらに1m高いそうだ。
 出雲大社にある国旗掲揚のポールは高さ48mで、その昔にあったという大社本殿の高さに揃えてあるというし、出雲大社は「高さ」とか「数字」に拘りのある神社なのかも知れない。
 「出雲大社」という額面は、畳6畳分もあるという。高すぎて大きすぎてよく判らない。

20190602_14331020190602_143815

 この鳥居から神門通りが始まる。
 車の通りもあまりないので、ぶらぶらと歩く。
 すぐ、一畑電鉄の出雲大社前駅に来た。昨日は気づかなかったけれど、日本最古級だというオレンジ色の電車が展示されていて、こちらも自由に中に入り、見学することができる。

 私は見ていないけれど、映画「RAILWAYS」にも多く登場したというデハニ50形で、今ではほとんど見られない荷物室付きの車両だそうだ。
 手動の扉が残っているのも貴重だという。概ね、使っているうちに自動扉に改造されてしまって、原形を留めている車両はほぼないらしい。
 先ほどの旧大社駅は「ドライブの途中に立ち寄った」という感じの人がちらほら、こちらは「電車を見に来た」という感じの人がちらほらと見学していた。

 少し先に観光案内所があり、地図が貼ってあったので次はどうしようかと眺めていたら、中にいた方から声をかけていただいた。
 夕方まで時間があるんです、出雲大社へのお参りは午前中に行きました、とお話ししたら、出雲歴史博物館と稲佐の浜をお勧めいただいた。
 博物館も午前中に行っているので、せっかくだからと稲佐の浜に行くことにする。

 神門通りをそのまままっすぐ上がって行き、勢溜の大鳥居にぶつかったところで左に折れる。
 出雲大社正門前のバス停を過ぎた最初の角を左に折れると、そこが神迎の道である。
 10月に日本中の神様が出雲に集まる際、みなさま稲佐の浜に上陸し、神迎えの道を歩いて出雲大社までいらっしゃるそうだ。
 道沿いの家々に竹の花瓶のようなものが吊され、お花が生けられていて、神様を歓迎する印かしらと思っていたところ、実は竹の潮汲箍で地元の方は稲佐の浜の海水を汲んで身を清めるのに使っているらしい。

20190602_154526 20190602_154012 結構遠いなぁ、まだかなぁと思いながら歩くこと20分強くらいで、稲佐の浜に到着した。
 天照大神のお使いの神様が、大国主命に国譲りを迫ったことで有名な場所、らしい。
 この日は暑かったので、この大きな岩の周りで海に入って遊んでいる子供達が結構いた。実際、この場所は島根県で最初に開かれた海水浴場なのだそうだ。

 大きな岩の上には鳥居が立っていて、そちらにいらっしゃる神様へのお供えとしてか、岩のくぼみにはお金が詰め込まれていた。
 何だか変な感じである。
 この岩にお祀りされている神様が誰なのかはよく判らなかった。

20190602_160449 稲佐の浜の近くには、実際に建御雷之男神が大国主命に国譲りを迫った際に「背にしていた」と言われる屏風岩がある。
 要するに薄っぺらい高さ2〜3mくらいの岩である。
 この岩を背にして話をしたということは、建御雷之男神はそれほど上背のある神様ではなかったのだなぁと不遜なことを考えた。

 16時過ぎのバスで出雲大社連絡所に戻り、歩き疲れたし暑くて喉も渇いたので休憩しようと日本ぜんざい学会壱号店に行ったところ、今日はもう受付を終了しましたと言われてしまった。閉店30分前までに入らないといけなかったらしい。
 しかし、気分はもうぜんざいである。
 近くにあったくつろぎ和カフェ 甘右衛門に入った。

20190602_164536  オーダーはもちろんぜんざいである。
 セットの飲み物を選ぶことができたので、冷たい煎茶をお願いする。
 「ぜんざい」は、神在祭で振る舞われた「神在餅(じんざいもち)」が元になっているとも言われているというし、歩き疲れたし、ここは甘い物をいただくのが王道というものである。
 落ち着いた雰囲気のお店で、ゆっくり寛いだ。

 JR出雲市駅で夕食を調達できるかどうか確信が持てなかったので、安心のためにも日本海というお店で今日の夕食用に焼き鯖寿司を購入する。
 お土産に、UONOYAで島根県産というノドグロのお出汁を買ったり、大社珈琲で令和を記念したコーヒー豆を購入したり、出雲かみしおで「私には塩のミネラルの味はよく分かりません」と思いながらお塩を購入した。

 出雲大社連絡所発17時50分のバスに乗り、出雲市駅に向かう。
 もう1本前のバスに乗るつもりが、ぜんざいとお土産に時間を使いすぎてしまい焦ったけれど、渋滞することもなく18時半前に出雲市駅に到着した。
 駅構内にあるセブンイレブンにも、若干のお土産物やお弁当、お酒などが売っている。焼き鯖寿司のお供に、ミニサイズの日本酒があったので購入する。1本は父へのお土産である。

20190602_184215 20190602_184924

 サンライズ出雲の発車は18時51分である。
 出雲市駅始発だけれど、入線時刻は5分前とか3分前とか、本当にギリギリだったと思う。
 入線してくるサンライズ出雲の正面の顔を撮ったのと、乗車口横の行き先表示を撮っただけで、何となく急いで乗り込んだ。

20190602_185157 私が一晩を過ごすのは4号車26番、シングルデラックスのお部屋で、階段を2〜3段上がった左右に向かい合うようにある扉を入ることになる。
 同じ車両にシングルデラックスの乗客専用のシャワー室があり、お部屋にシャワーカードが付いているのが有難い。
 発車と同時にシャワーを使っている方がいらして、なるほど賢い(だって絶対に綺麗なシャワー室を使用できる)と思った。

 これは部屋の奥から撮った写真で、後ろ側が進行方向になる。
 左側がベッド、正面が扉、右側にハンガーがかかっていて、その下がデスクとイス(壁に向かって座る)、写真を撮っている私の後ろに洗面台という感じだ。

 確か発車してすぐに車掌さんが来てくれ、アメニティグッズを手渡してくれたと思う。
 車内探検に行き、随分と空室があることに驚く。出雲市駅出発直後だし、途中駅で乗車する人もたくさんいるのだろうと思う。
 それにしても空いていて、のびのび座席など女の子が一人いるだけだった。

20190602_191951 お部屋は海側(進行方向に向かって右側)に窓があるので、宍道湖とは反対側である。
 ラウンジは逆に進行方向に向かって左側に窓があり、おじさま方が酒盛りを始めている中に割り込んで、宍道湖の夕日を何とかカメラに収めようと苦心する。
 がんばっていると、おじさま方も「幻想的だねぇ」などと窓の外を見始めたので、何となく満足する。

 松江駅に近づくと電車は宍道湖から離れてしまう。
 そのタイミングで部屋に戻ろうとしてシャワー室を覗いてみると空いていたので、夕食前にシャワーを浴びることにした。

20190602_192657 シャワー室にもリンスインシャンプーとボディソープが用意されているけれど、先ほどもらったアメニティの中からシャンプーとコンディショナーを有難く使わせていただく。
 お湯が出るのは6分で、これは北斗星と一緒だ。
 「シャワー室にいられるのが6分」ではかなり無理があるけれど、「お湯を6分間流せる」と髪を洗うにも十分な時間である。

 バスタオルは用意されていないので持参する。この分、荷物が多くなるのは仕方がない。
 北斗星とは違い、シングルデラックスでもシャワーとトイレは共用なので、そうそう変なカッコになる訳にも行かないのが面倒くさい。
 シャワー室にはドライヤーもあったけれど、狭くて揺れるところでドライヤーを使うのは結構大変で、タオルドライだけでお部屋に戻った。

 20190602_201510汗を流してさっぱりし、夕食にした。
 出雲大社前で購入した焼さば寿しと、出雲市駅のセブンイレブンで購入した日本酒である。
 お酒をちびちび舐めながらいただく焼さば寿しはなかなかのものである。
 ベッドに足を伸ばして座り、真っ暗な外の景色を(というよりも時々現れる明るい場所を)眺めながらいただいた。

 お酒の効果か、かなり眠い。
 灯りを消してみたけれど、窓がカーブを描いているせいか、星空を拝むことはできなかった。ちょっと残念だと思いつつ、早々に就寝した。

 

2019年6月3日(月曜日)

 目が覚めてみると富士駅の辺りを走っていた。外はもう明るい。
 部屋の外に出て、反対側の窓から見てみたところ、富士山は山裾が見えているだけで、ほぼ雲の中に隠れてしまっていた。これまた残念である。
 相模湾の辺りでは雨も降り出した。旅行中に振らなかっただけ、良しとするべきだろう。

20190603_072020 東京駅に7時過ぎに到着した。
 朝食は用意していなかったので、駅で食べてから帰宅する心づもりである。
 駅構内のRISO CANOVIETTA グランスタ店でトーストとトマトソースのスープリゾットのセットをいただいた。粉チーズ(多分、ちゃんとした名前があると思う)にオリーブオイルをかけたものをパンにつけたりスープに淹れたり、味の変化を楽しめるのも嬉しい。

 朝食を終えたところで家に電話すると「お昼ごはんに駅弁を買ってきて」とおっしゃる。
 なるほどと大混雑している駅弁屋さんでお昼を買い込み、重くなった荷物とともに帰宅した。

出雲旅行記2日目その2 <-

| | コメント (0)

2019.07.15

「週末海外 - 頑張る自分に、ご褒美旅を」を読む

 2019年7月、小林希さんの「週末海外」を読みました。
 4月に職場が替わって3ヵ月、とても長期休みをいただいて海外脱出などできそうにないですし、そもそも体調的にも気力的にも海外に行っている場合ではないのですが、でも「どこかに行きたいなぁ」という願望だけは日々強くなっています。

 そういうときこそ、「気軽に海外に行きましょう」という本を読んで、自分をなだめる必要があるのです。

 金曜夜発月曜朝着の超弾丸かつ本当に「週末」だけで行く海外から、有給休暇を足して5日くらいは何とか確保してねの行き先まで、28カ所。
 私としてはもう少し穏やかな旅程を希望します。

 一番心惹かれたのは、3日間で行けるサムイ島。
 ひたすらホテルのお部屋でゆったり過ごす3日間。

 それなら別にサムイ島じゃなくてもいいし、そもそも海外でなくてもいいのでは? と自分で自分にツッコミを入れました。
 やっぱり海外旅行はもう少し元気になってから計画したいと思います。

| | コメント (0)

2019.07.14

出雲旅行記2日目その2

2019年6月2日(日曜日)

 20190602_111334 神職の方にご案内いただき、10時15分、八足門の中に足を踏み入れた。
 まず、回廊のところに集まり、神職の方にお祓いをしていただいた。
 「はらいたまい」「きよいたまえ」という祝詞を繰り返した、ような記憶だ。
 その後で、楼門でのお参りとなる。

 お参りの前に、出雲大社では「二礼四拍手一礼」であることの説明があった。
 といっても、他の神社の多くが「二礼二拍手一礼」であるのに対し、出雲大社では「二礼四拍手一礼」が作法とされているのか、神職の方にも伝わっていないという。

 元々はそれぞれの神社がそれぞれの作法でのお参りをしていたところ、明治時代に「二礼二拍手一礼」に統一されている。
 その統一の際に、出雲大社では昔からのしきたりを継続したということらしい。
 それだけの格式と権力があったということなんだなと思う。

 心して楼門でお参りをする。もちろん「二礼四拍手一礼」である。
 このとき楼門でお参りさせていただいたのは我々のグループだけで十数人だ。何だかゆったりした気持ちになって、ゆっくりとお参りした。 それだけでもちょっと嬉しい。

 全員のお参りが済むと、神職の方が色々と「出雲大社」について説明してくださった。
 例えば、出雲大社では年間にたくさんのお祭が行われており、ちょうどこの前日の6月1日には「涼殿祭(りょうでんさい)」が行われたそうだ。
 涼殿祭に当たっては、神職の方は前の晩から出雲大社に泊まり込み、昔ながらの方法で熾した清らかな火で調理したごはんをいただき、身を清める。
 いつもは本殿の扉は閉められていて、大国主命にごはんを差し上げるだけだけれど、特別な日は扉を開けて中に入り、ごはんを差し上げるそうだ。

 本殿の正面は、真ん中に柱があるため、階は真ん中ではなく向かって右に少しずらしたところにあるそうだ。その15段、高さ4mの階を上がったところに扉がある。
 本殿の内側は白木の簡素な造りだけれど、天井には280年前に描かれた八雲の絵が色鮮やかにのこっているそうだ。
 できれば拝見したいところだけれど、次の機会には私は生きていないような気がする。

 平成20年から行われていた大遷宮の際に、40日間だけ本殿を公開していて、30万人が訪れたそうだ。
 伊勢神宮の「遷宮」が「新しく作り直す」のに対し、出雲大社の「遷宮」は「修理」をする。
 本殿の屋根の葺き替えを行ったため、神様のいらっしゃるところの上に人が上がる訳には行かず、平成20年4月20日にまず神様に拝殿にお移りいただいたので、神様がいらっしゃらない間だけの特別公開を行ったという。

 本殿の屋根は、檜皮葺である。
 檜皮は、1回檜の木の皮を剥ぎ、次の皮が生えてきた10年後にその皮を使うという。気の遠くなるような話である。
 さらに気の遠くなることには、この皮は生えてきたばかりだから当然に薄い。その薄い皮を少しずつずらしてひたすら重ねてあり、最も厚いところでは1m近くにもなるという。

 現在では、檜の山を手入れする人も減っているし、檜皮葺をできる職人さんも減っている。
 神職の方が檜を植えたけれど、その檜の皮が使えるようになるのは80年後だそうで、次の60年後の遷宮には間に合わない。それくらい気の長い話である。

 檜の皮に油分があるうちは水をはじいてくれるけれど、油分が抜けて行くと水が染みこみ、苔が生えてきてしまう。
 本殿の屋根の葺き替えが終わったのは平成24年で、すでに屋根の先の方(雨にさらされる方)には苔が生えて、緑色になっているところがある。

 屋根の上の千木は、木材に銅板を巻き、漆を塗ってあるそうだ。
 今は漆の黒色だけれど、こちらは時間が経つにつれて緑青が浮いて来て、緑色になってくるという。黒い千木を見ることが出来るのは今のうちだ。
 剣菱や金色の紋の部分も同様に、時間が経つと緑青が浮いてくるらしい。

 出雲大社の由来も語ってくださった。
 ガイド本的なものを読んで、私のイメージは「国を譲るように天照大神から言われた大国主命は、渋々国を譲り、その交換条件として大きな社を作ってもらった」という感じだった。
 このときのお話では、大国主命が天照大神に自ら国をお譲りしたところ、「あなたな目に見えない世界」を治めるようにと命じられた、というニュアンスだった。
 何だか可笑しいような納得できるような、という感じだ。

 大国主命は、「おおくにぬしのみこと」の他にもたくさんのお名前を持っているそうだ。
 お名前がたくさんあるということは、神徳もたくさんお持ちということになる。
 「治めるように」と言われた「目に見えない世界」は、例えば「縁」の世界であったり「死後」の世界であったりする。そこから縁結びの神様と言われているけれど、この「ご縁」は何も男女のことに限らず、人が生きて行く上でのあらゆる人との関係のことをいう。壮大だ。

 大国主命が国を譲った代わりに、天照大神の次男が大国主命を祀ることになり、以後83代にわたってその約束を守り続けているそうだ。
 一方で、「天孫降臨」で下界に降りた天照大神の孫である邇邇芸命から三代は高千穂で暮らし、その後、東に進んで橿原神宮において神武天皇が即位し、その後126代にわたって続いている。
 その両家の裔にあたる千家国麿氏と高円宮典子様とのご結婚はご縁の深いことだ(という感じだったような)語っていらしたのが不思議かつ面白かった。

 八足門から出たところで、平成の大遷宮で下ろした檜皮葺の一部を、同じく檜皮葺から漉いた和紙で包んだお守りをお土産にいただいた。
 その和紙には「御本殿大屋根檜皮古材」と書かれている。こちらをいただいたところでツアーは解散となった。
 なかなか贅沢な時間だったと思う。
 八足門内ではもちろん写真撮影禁止、メモを取っている余裕もなかったので、まず聞いたお話を覚えているうちにとがーっとメモを取った。

 八足門のお守り所がある。
 伊勢神宮にお参りしたときに購入した御朱印帳があと少しになっていたので、出雲大社にお参りするときには出雲大社の御朱印帳を購入し、御朱印をいただこうと思っていた。
 ちょうど待っている人も少なかったので列に並ぶ。

 出雲大社の御朱印帳は白地にご本殿が水色で描かれたものと、紺地に金で八雲が描かれたものとがある。
 少し迷い、たまには変わったことをしようと白地のものを購入し、御朱印をいただいた。
 併せて、母と自分へのお土産に、美保岐玉ストラップを購入する。出雲大社宮司の方が代替わりをするときに皇室の弥栄を祈って奉製してきた赤と白と緑の瑪瑙の玉をそう呼ぶようだ。
 ちょっと気に入っている。

20190602_111655 この後は、ガイドさんのお勧めに従って、瑞垣を一周することにした。
 八足門に向かって右側から周り始める。
 瑞垣の向こうに本殿の屋根を大きく見ることができるのが嬉しい。
 また、案内の看板には大きくQRコードが印刷されていて、英語、中国語、韓国語での説明を読むことができるようになっていて驚いた。
20190602_112729

 後ろ姿ではあるものの、ここが一番御本殿を大きく、遮られずに拝見することができるのは、ちょうど文庫のある瑞垣の角からではないかと思う。
 階の屋根もこちらからなら見ることができる。
 曇り空ながら逆光なので、随分暗く写ってしまっているのが惜しいところだ。

20190602_113304-2  ガイドさんが「ぜひお参りしてください」と言っていたのが、「素鵞社」である。ちょうど御本殿の真後ろにあり、大国主命の父に当たる素戔嗚尊をお祭りしているお社だ。
 光の加減もあるのだろうけれど、新しく清々しく明るい感じのお社で、お参りしている人も多かった。

 素鵞社では、予め稲佐の浜の砂を用意し、このお社の縁の下にお供えして代わりに縁の下から砂を持ち帰る、というお参りがあるそうだ。その持ち帰った砂はお守りにしたり、庭に撒いて清めたりするといいらしい。
 残念ながらそこまでは用意できなかったけれど、色々なしきたりや作法、約束事があるのだなぁと思う。

20190602_113752 瑞垣の西側に回ってくると、「御神殿正面拝礼所」がある。
 本殿の大国主命は、何故か正面ではなく、この西側を向いていらっしゃるそうだ。
 そこで、大国主命と相対してお参りできるように用意されている。
 改めて、こちらでもお参りした。

 瑞垣の西側には、出雲大社宮司のご先祖様ともいえる、天穂日命の氏社などもある。
 天照大神も次男だからお社があって当たり前とも思えるし、宮司のご先祖様を自ら神としてお祀りしてしまうってどうなんだろうとも思う。

20190602_114043 瑞垣の一番手前の両側に「十九社」がある。
 屋根付きの長いベンチのように見える。
 東西にあるこのお社は、神在月に全国から集まってきた神様がお泊まりになる場所だという。

 それにしては狭い。ちなみに、このお社は横には長いけれど、奥行きはほとんどない。縦には寝転がれないだろうなというくらいだ。
 ただ、いずれにしても出雲大社のお社はみな質素かつ質実剛健というイメージである。

20190602_114549  瑞垣を一周して西側に回ってきたので、そのまま右に折れて神楽殿にお参りした。
 こちらの白眉は何といっても、この「日本最大級」だというしめ縄である。5.2tもあるという。
 どうやって作ったのか、どうやって持ち上げたのか、謎だ。

 神楽殿ではお神楽の奉納はもちろん、結婚式なども執り行われるという。
 また、神楽殿の向かって左にある御朱印受付所で、先ほどいただいたのとは別の御朱印をいただくことができる。
 そういえば、出雲大社で御朱印をいただいたとき、どちらでも初穂料の指定がなく「お気持ちで」と言われて面食らった。正直に「あのう、おいくらくらいで・・・。」と尋ねたところ「300円という方が多いですね」と教えていただき、「変なお尋ねをしてすみません」と謝ってしまった。

20190602_115448 そういえば飛ばしてしまっていた拝殿にお参りしようと、神楽殿から戻る。
 本来は、本殿にお参りする前に、こちらの拝殿からお参りするもののようだ。失礼しました、とお参りする。
 拝殿のしめ縄も十分に大きいけれど、先ほどの神楽殿のしめ縄に比べると重さで1/4よりも小さい。
 ちょうど、この拝殿の前で、先ほど見かけた子供相撲大会の優勝者たちが並んでいた。相撲のお相撲は同時に神様への捧げ物であった、ということなのだと思う。

 12時過ぎに、宝物殿に入った。
 宝物殿にも、出雲歴史博物館にあったのと同じような、古代本殿の心御柱が展示されている。平成12年に発見されたのはこの二つなんだろうか。
 宝物殿ではこの心御柱を上から見られるようになっていて、その年輪のすごさに驚いた。

 また、先ほどストラップを購入した美保岐玉について、84代が神宝として納めたものが展示されていた。
 赤と緑と白のめのうは、いずれも出雲産だ。当たり前だけれど、ストラップよりもずっと大きい。どれだけ秘蔵していためのうなんだろうと思う。代替わりのたびに探すのは大変だし見つからなかったら大問題だから、きっと、どこかに「次のために」「先のために」原石を秘蔵しているのではないかなどと考える。

 また、八足門内ツアーのときに紹介のあった、本殿の天井の八雲の絵が、1/3サイズに複製されて展示されていたのが嬉しい。
 御神座がある場所と御柱がある場所を外して雲の絵が描いてある。
 これは確かに本物を見たかったなぁと思った。

20190602_122904 20190602_122702  宝物殿を出ると12時半を回っていたので、荷物をピックアップため、ホテルに戻った。
 来るときには素通りしてしまった、大国主命の一番有名なエピソードであろう因幡の白ウサギの場面を再現した像を見たり、大国主命が「幸魂奇魂」の玉をいただいて「ムスビの神」となった場面を再現した像を見たり、つい寄り道をしてしまう。

 それでも、いにしえの宿 佳雲で荷物をピックアップし、八足門内ツアーのアンケートをフロントに提出して記念の品をいただく。記念品といっても「五円玉」である。らしいと言えば、らしい。
 喧嘩はしないでくださいねと思いつつ、お正月に初詣でいただいてきたお参りと一緒に、鞄に入れた。

 1日4本しかない、ホテルの前に停まるバスにちょうどいい時間だったのでそれに乗り、出雲大社連絡所まで行った。
 出雲大社連絡所にはコインロッカーがあるので、荷物を預けてしまう。JR出雲駅まで行くバスの始発でもあるから、帰りはここからバスに乗ればいいだろうという目算だ。
 コインロッカーに荷物を預けて身軽になったところで、バスで旧大社駅に向かう。

20190602_134053  しかし、もう13時もだいぶ回っており、お腹も空いている。
 旧大社駅見学に行く前に、バス停のすぐ近くにある手打ちそば本家 大梶でお昼をいただいた。
 先客が二組くらいいらしたと思う。もちろん、三色割子蕎麦を注文する。
 こちらの「三色」は、卵黄ととろろと大根おろしである。

 そばつゆを掛けていただく。それぞれの割子は直径12cmくらいなので、一つ一つがするするとお腹に収まって行く。
 重なって出てくるので、一番上のお蕎麦を食べ終わったらそのつゆをそのまま下のお蕎麦にかけて・・・、と食べていくのが正しいお作法のようだ。
 確か、説明書きが置いてあったと思う。
 あっという間に美味しくいただいた。

出雲旅行記2日目その1 <-  -> 出雲旅行記2・3日目

| | コメント (0)

2019.07.07

出雲旅行記2日目その1

2019年6月2日(日曜日)

 5時半に起床した。外を見ると曇り空だ。
 みなさん早起きのようで、貸切風呂まで行ったところ、満室になっている。その奥にある佳雲の大浴場も今までで一番の人手だ。
 それが、大浴場からの帰り、6時頃に通りかかったら、貸切風呂のうち「漆」のお部屋が空いていた。折角なので、入ってみることにする。「漆」のお湯は温泉なので嬉しい。

貸切風呂 大人が二人、足を曲げれば一緒に入れるな、という感じの大きさである。
 漆塗りの赤い色がなかなか派手だ。
 ここには写っていないけれど、カランが確か一つだったと思う。
 ザブンと入るとお湯が溢れ出すのが嬉しい。しばし、貸切の贅沢を楽しんだ。

 昨夜はアイスが用意されていた休憩処に、今朝は乳飲料(ヤクルトみたいな奴だったけど、ヤクルトではなかった)が用意されている。
 有難く1本いただいて飲んだ。

 朝食お部屋で身支度をしたり荷造りをしたりテレビで天気予報を見て「雨は降らなさそうだな」と確認したりした後、7時過ぎに朝食を食べに行った。
 昨夜はスタッフの方が席に案内してくれたけれど、朝は自由席のようだ。
 お宿 月夜のうさぎの朝食は「海鮮丼作り放題」が目玉で、しかしそれでも選べるならつい洋食を選んでしまう。

 洋食も、焼きたてのクロワッサンあり、フレンチトーストあり、オムレツ(焼きながら並べていた)ありで、なかなか豪華である。
 チョコファウンテンもあってかなり惹かれたけれど、「甥っ子達じゃあるまいし」と自粛する。
 レストランでもコーヒーをいただき、ロビーのコーヒーメーカーでもう1杯紙コップにコーヒーをいただいてお部屋まで持ち帰って楽しんだ。

 8時半にチェックアウトした。
 「八足門内」特別参拝ツアーの集合は、いにしえの宿 佳雲のロビーだ。お隣に移動して、フロントで荷物を預け、ツアーの受付をしてもらう。
 ツアー参加者は12〜13人だったろうか。一人で参加していたのは私だけだったと思う。
 ガイドさんは、いわゆるシルバーガイドさんっぽい。

 まず、徒歩で島根県立古代出雲歴史博物館に向かった。
 お宿からは徒歩5分といったところだ。
 まだ開館前の時間だったからか、東入口から入り、情報交流室に集まると、「30分、自由見学です。時間が足りなかった人は、あとで戻ってきてゆっくり見ていただくこともできます」という説明があり、見どころをいくつか教えてもらった。

宇豆柱  その、最初に見どころがロビー中央でケースに入って鎮座している「出雲大社境内遺跡出土の宇豆柱」である。
 平成12年から13年にかけ、出雲大社境内遺跡から杉の大木を3本一組にし、直径が約3mにもなる巨大な柱が3カ所で発見されたそうだ。
 「宇豆柱」はこの3カ所のうちの一つで発見されたもので、棟をささえる柱すなわち棟持柱を指すという。

 宇豆柱は、その後の調査で鎌倉時代のものだと推定されているそうだ。それにしても、よくこの状態で腐りもせずに残っていたものだと思う。
 この柱が発見されたことで、その昔、出雲大社にはやたらとデカくて高いお社があったという説の信憑性が増したという。

出雲大社復元模型 ロビーを抜けて展示室に入ると、その「平安時代にあったと推定されている、高さ48mに及ぶ出雲大社本殿」の1/10復元模型(イメージ)が展示されている。
 この模型の他にも、幾種類か学者さんが作成した模型が展示されていて(そちらは小さい)、実際の姿はまだよく判っていないということだと思う。

 それにしてもこの10倍の大きさの建物が平安時代に既にあったとしたら、とんでもないと思う。
 先ほど見た3本の杉の柱の間をさらに埋めて1本の柱として使っていたとはいえ、こんな重そうなものをどうやってこの高さまで持ち上げたのか。
 ピラミッド並みに「どうやって作ったのか」が研究対象になりそうである。

 ついでに言うと、この形状からすると、もの凄く横揺れに弱そうに思える。
 耐震設計などという概念はなさそうだし、出雲は実はほとんど地震が来ない地域だというのでもない限り、ぱたんと横に倒れちゃいそうだと思うのだ。

出雲大社本殿の模型 千木と勝男木

 出雲大社本殿の模型もあった。
 上から見ると正方形になっている。縦横2間だそうだ。
 千木までの高さは24mもある。

 平成の大遷宮で下ろされた千木が展示されていた。
 右側の写真の斜めにバッテンに渡された木材が「千木」である。これがまたデカい。長さ約8m、重さ約500kgだそうだ。こんな大きくて重いものを、現代ならともかく、その昔にどうやって屋根の上に上げたんだろうと思う。

 この他にも様々な展示品がある。
 発掘された銅鐸をモデルに、成分分析をして同じ成分で作成した模型の銅鐸では、音を鳴らしてみることができたりする。
 その昔に響いていた音が再現されている、筈だ。

204 204  写真をパシャパシャ撮っていたためか、博物館のスタッフの方(というよりは、やっぱりシルバーガイドさんのようにも見受けられた)が色々と説明してくださった。 
 この銅鐸に描かれている鹿や四つ足獣は、他の地域で出土した銅鐸にはない模様なのだそうで、出雲周辺で作られたものである可能性が高いという。
 ちなみに、国宝だ。

204 204

 こちらも国宝の銅鐸である。
 やはり、雲南市の加茂岩倉遺跡で発掘されている。
 吊り手の中央にウミガメが描かれていることが最大の特徴で、スッポンなど淡水にいる亀が描かれることはあっても、海洋性の亀が描かれることは希だそうだ。
 もっとも、この絵柄からどうやって「淡水性か海洋性か」を見分けたのか、そこのところの解説も欲しいところではある。

 銅鏡こちらは「景初三年」の銘が入っている銅鏡である。
 この年の銘が入っている銅鏡は全国でも二つしか発見されていないそうだ。
 景初三年は、卑弥呼が魏の国に使いを送って鏡100枚を賜ったとされていて、それでこの銅鏡の説明文にも「卑弥呼の鏡 か」と記載されていた。
 ちょっと可笑しい。

刀剣

 こちらは安来市で大正時代に発見された、6〜7世紀の刀剣である。
 そんな昔の刀剣や鞘木などが綺麗な状態で発見されるのは非常に希なことだそうだ。
 刀剣自体も今も使えそうなくらいの光り方である。

 ただ、この刀剣は発見当時に研いでしまっており、「発見時の状態」を保っていないという解釈になってしまうらしく、「国宝級」ではあるものの、「重要文化財」としての指定にとどまっているそうだ。
 何だか勿体ない。
 発見したのは考古学の愛好家の方達だったそうで、鞘から刀剣が抜けるくらいの状態であったら、それは研いでみたいに決まっているよなぁと思う。

 そんな感じで30分一本勝負の見学はとてもではないけれど時間が足りなかった。
 9時35分に再集合し、出雲大社に向かう。
 博物館の外には桂の木が植えられている。桂の木は、女神が宿って製鉄の技術を伝えたといういわれがあるそうだ。その桂の木の、ハートの形をした葉っぱを加えたウサギの像などもある。
 出雲大社にもあちこちあるウサギの像は、平成の大遷宮の際に作られ置かれたものであるらしい。

勢溜の大鳥居

 9時50分くらいに勢溜の鳥居に到着した。
 出雲大社の参拝はここから始まる。
 勢溜の鳥居は、昨年建て替え工事が完了し、それまでの木造から鋼管製になったそうだ。
 ガイドさん曰く、参道の右側を通るか左側を通るか、その日によって人の流れが変わるそうだ。
 いずれにしても「真ん中は神様がお通りになる」ので避ける必要がある。

中の鳥居

 全国的にも珍しいという下り参道を進み、ガイドさんがスルーしたので我々も祓社はスルーして、祓橋を渡った先にあるのが、中の鳥居である。
 両側の松の木の枝に隠れてしまっているこちらの鳥居は鉄製だ。
 鳥居をくぐったすぐ先からは松の木を守るために入ることができないが、鳥居自体はくぐることができる。有難い。

 この松の参道は、松江城城主堀尾吉晴の長男が1630年に寄進した、とガイドさんは言っていたと思うのだけれど、ネットで検索してみると諸説あるらしい。
 とりあえず、松江藩ゆかりの誰かが寄進したことは間違いなさそうである。

 平成の大遷宮のとき、この小石が敷き詰められた参道の両脇に石畳の道を作り、黒松の根を保護するために通行止めにしたそうだ。
 ただし、旧暦10月10日のお祭りのときと、6月30日・12月31日の大祓ときは、神様にお通りいただくために通行止めを解除するそうだ。

 また、祓橋を渡る手前左側に、出雲大社相撲場がある。つまりは土俵だ。
 6月2日は、ちょうど、第5回野見宿禰わんぱく相撲大会出雲場所が開催されていて、子供達の声や、応援の声が響いていた。
 出雲大社と相撲の関係は古く、出雲はお相撲の発祥の地でもあるらしい。野見宿禰という人が垂仁天皇の7年に大和国の当麻蹶速と力比べをしてこれを倒した事が相撲の元祖であるとされ、以後野見宿禰は相撲の始祖となり尊崇されているという。
 へぇ、という感じだ。

銅鳥居と拝殿と本殿

 中の鳥居に戻り、両脇の石畳を進むと、正面に銅鳥居がある。
 ガイドさん曰く、ここがフォトスポットだそうだ。銅鳥居、拝殿、本殿を並んで見通すことができる。
 周りが木々(というか山)に囲われているのも良い。
 この鳥居をくぐる前に、各自、手水舎で両手と口をすすいで清める。

 ここから見える拝殿のしめ縄は、出雲大社の中で2番目に大きなしめ縄だそうだ。重さは1.5tもある。
 拝殿では個人の祈祷が行われるそうだ。
 一番大きなしめ縄は神楽殿にあるしめ縄で、こちらは5.3tもあるというから驚きである。昨年の6月、7月に新しくしたばかりだそうだ。
 これだけ大きいと新しくするのも大変である。

八足門

 本殿は屋根付きの回廊で囲まれており、回廊には八足門ともう1カ所に門があるそうだ。
 通常、この回廊の中には入れないので、八足門からお参りすることになる。しかし、その八足門からはご本殿が見えない。しかも、ご祭神のオオクニヌシノミコトは、ご本殿で何故か西向きに鎮座されているという。(八足門からいうと向かって左が正面ということになる。)

 この八足門には、左甚五郎の作とも言われている彫刻があるそうだ。
 左甚五郎といえば、日光東照宮の眠り猫である。
 ちゃんと探してから帰ろうと思っていたのに、すっかり忘れていたのが悔やまれる。

 また、八足門の前の地面にある赤い三つの丸は、博物館でも見た「柱」の建てられていた場所を示しているそうだ。
 こうして改めて上から見てみるとデカイ。
 再び「どうやって建てたんだろう」というのと、「そもそもどうやって柱を作ったんだろう」と気になってくる。

 ガイドさんとはここでお別れである。
 このツアーは、例えば伊勢神宮などに比べてドレスコードがそれほど厳しくないものの、それでも例えばノースリーブやショートパンツはご遠慮くださいとか、ビーチサンダルやクロックスはご遠慮くださいといった制限はある。
 その上で、神職の方から貸していただく「きよがき」(と説明されたと思ったけど自信がない)を肩にかけることで正装したことになるそうだ。
 ここまで確認し、ガイドさんは「奥にスサノオミコトを祀った摂社もあるので、この瑞垣の周りをぜひ1周して帰ってください」と案内して帰って行った。

出雲旅行記1日目 <-  -> 出雲旅行記2日目その2

| | コメント (0)

2019.07.04

860000アクセス達成!

 本日(2019年7月4日)、どなたかが860000アクセス目を踏んでくださった。

 これまでの経過は以下のとおりである。

 スタート 2004年9月1日
 10000アクセス 2005年7月17日
 50000アクセス 2006年11月22日
100000アクセス 2008年6月15日
150000アクセス 2009年2月21日
200000アクセス 2009年11月30日
250000アクセス 2010年9月16日
300000アクセス 2011年5月26日
350000アクセス 2012年2月8日
400000アクセス 2012年9月3日
450000アクセス 2013年2月19日
500000アクセス 2013年8月14日
550000アクセス 2014年1月14日
600000アクセス 2014年7月7日
650000アクセス 2015年2月10日
700000アクセス 2015年10月31日
750000アクセス 2016年9月7日
800000アクセス 2017年8月30日

810000アクセス 2017年11月18日
820000アクセス 2018年2月10日
830000アクセス 2018年6月1日
840000アクセス 2018年8月30日
850000アクセス 2018年12月30日

860000アクセス 2019年7月4日

 昨年秋にこれまで書いたものを整理して、また更新頻度も減っていて、相変わらずアクセス数が絞られています。
 それでもこうして細々とながら続けていられるのは、遊びに来て、読んでくださる方のおかげです。
 ありがとうございます。
 今後ともどうぞよろしくお願いいたします。

| | コメント (2)

2019.06.30

出雲旅行記1日目

2019年6月1日(土曜日)

 7時過ぎに家を出発した。今回は移動が多い見込みだったので、いつものミラコロは使わず、レスポのボストンバックを肩に掛けた。
 自分で持ち歩かなくてはならないので、その分、荷物も厳選している。
 仕事が立て込んでいるところ、無理矢理3日(月曜日)に休暇を取得したので、前日の帰宅は遅かった。頭が痛い。

 予定通り、羽田空港に到着した。
 今回の航空券はマイレージの特典航空券利用である。Webチェックインをしていたので、そのままセキュリティ検査に向かう。
 いつの間にか、「全部機械」になっているんだなぁと思う。

 喉が渇いていたので、ラウンジに立ち寄った。かなり混雑している。
 林檎ジュースを飲んで落ち着き、一休みして69番ゲートに向かった。
 アナウンスによると、私の乗るANA383便は満席である。

20190601_104533  9時35分発予定のところ、ドアクローズが9時37分だから出発が少し遅れたようだ。
 お天気も悪くなく、富士山は見られなかったけれど(席の位置のためか、お天気のためかは不明)順調に飛行し、11時に米子鬼太郎空港に到着した。
 荷物を預けていなかったので、さっさとロビーに出て、縁結びパーフェクトチケットを購入する。

 空港から松江駅まで、飛行機の離発着に合わせてバスが運行している。
 11時15分発の松江駅行きバスに乗り込んだ。満席に近かったのではないかと思う。
 海が綺麗だなぁと最初のうちは思っていたものの、知らないうちに眠り込んでいて、駅到着の直前まで爆睡してしまった。
 このバスも「出雲パーフェクトチケット」で乗車できるのが有難い。

20190601_120400 正午少し前に松江駅に到着し、ちょうど目の前に停まっていたぐるっと松江レイクラインバスに飛び乗った。こちらは、縁結びパーフェクトチケットを見せると1日乗車券をいただける。「明日も使いますか」と聞かれたので、「使う」と答えたら2日分の1日乗車券がいただけるのだと思う。
 観光用のバスらしく、デザインも可愛らしいし、車内では観光案内のビデオが流されている。
 松江駅からほど近い、京橋のバス停で降車した。

 バス停近くにカラコロ工房もあったし、バス停から少し歩くと松江城が遠くに望める。
 京橋周辺はお買い物も楽しそうだけれど、私がここに来た目的はランチである。
 お腹も空いたことだし、まっすぐ西洋軒に向かった。バス停から、川を挟んで真向かいくらいである。

 入ると1階はカウンターで一杯である。待つことなく案内していただけた。
 どうやら、テーブル席は2階にあって、そちらは予約優先のようである。
 ランチのセットメニューもあって、そちらをオーダーしている方も多い。気になったものの、ここは初志貫徹で、来る前から食べたいと思っていたタンシチューと海老フライのセットをお願いした。

20190601_122456 20190601_123020

 まずコーンスープが出てくる。あっさり味で、ちょっと塩気が強いかなという感じだ。
 開いた海老フライを食べたのは初めてかも知れない。ぷりぷりして美味しい。
 タンシチューはもちろんホロホロである。
 美味しくいただいた。

 ここからぐるっと松江堀川めぐり」の船に乗れちゃうと便利だなと思い、乗船場に行ってみると、始発に当たるふれあい広場や松江城の大手門に行かなくても乗れそうである。
 ちょうど船が来たところで、係のおじさん達に「早くチケット買ってきな!」と言われて慌ててチケット売り場に行き、パーフェクトチケットを見せて団体料金でチケットを購入した。
 このチケットも一日乗車券になっていて何回でも乗り降り自由というから太っ腹である。

20190601_130358 乗船するときに「どこまで?」と聞かれ「一周回って、大手門まで」と答えたら、「ふれあい広場で乗り換えて」と言われた。
 途中乗船させてもらったこの船は、ふれあい広場始発の船だったようだ。
 一番前に陣取ったのでこの写真に屋根はないけれど、もちろん日よけ雨よけの屋根がついている。
 靴を脱いで上がるので、かなり寛げる。

 出発してすぐに橋の下をくぐる。
 これは序の口で、橋によっては、屋根をかなり低いところまで下ろし、私たち乗船客はほとんど寝そべるようにして頭を下げなければならない橋もある。
 むしろ、このアトラクション性が、堀川めぐりの売りのようだ。

20190601_130739

20190601_131249

 橋によっては、こんなにギリギリのところを通って行くことになる。右側の写真は、多分「一番低くしないといけない」橋である。
 これが意外と楽しい。
 定員13名のところ、半分くらいの乗車率だったので、窮屈さもない。
 左の写真のように、川沿いに人家が迫っている辺りや、病院の横を通っているときは、船頭さんはマイクを使わずに案内してくれる。

20190601_131400

 大手門に向けて曲がると、松江城が遠くに見える。
 なかなかの景色だ。
 この眺めは、船に乗ったからこそ見られる景色である。
 そして、地上は暑いけれど、川面に吹く風は涼しくて心地よい。
 大手門で下船した方もいて、ますます船は貸切状態に近づいて行く。

20190601_132313

 大手門を出て、今来た堀を戻る。
 石垣の近くにカルガモの親子がいて、船頭さんがわざわざ船を止めて見せてくれる。なかなか可愛い。
 大手門を過ぎると、船は松江城の北側に回り、お城は見えなくなる代わりにまず塩見縄手と呼ばれる武家屋敷が残る辺りに沿って進んで行く。

20190601_132637

 塩見縄手は、武家屋敷などが軒を連ね、松江で一番城下町らしい風情の残る場所だ。
  観光客らしき人もたくさん歩いているのが見える。
 小泉八雲旧居などもこちらにあるという。
 そういえば、堀川めぐりの川沿いにも、小泉八雲にちなんでか、怪談をモチーフにした碑(とは言わないかも)が飾られていた。

20190601_132829 20190601_134734

 塩見縄手を過ぎ、ふれあい広場で乗り継ぎをする。いったん下船して、チケット売り場で乗り継ぎの手続きをしなくてはならない。
 10分ほど待って、次のふれあい広場始発の船に乗り、緑の中を進む。
 県庁や図書館などの脇を進んで行ったように思う。こういった公共の建物は、元々「**屋敷」があった場所に建てられているようだ。

20190601_135231

 カラコロ広場到着の手前で、高さもギリギリなら幅もギリギリの橋の下をくぐって行く。
 これがまた長い。その長く細い隘路を見事に船は進んで行く。
 最後に、広く太い橋の下で「天然(?)のカラオケだ」と船頭さんが歌を披露してくださり、カラコロ広場に戻った。
 これで1周である。

 しかし、私はここからもう1/3周乗って、大手門に行き、松江城をちょっとだけでも見学しようという心づもりである。
 船頭さんによって説明の内容は変わるのね〜、などとさらにのんびりと船旅を楽しんだ。

 大手門に到着したのが14時くらいだった。
 15時12分の電車で出雲に向かいたいので、時間があまりない。
 観光案内所で「松江しんじ湖温泉駅」までの道順と所要時間を確かめ、何とか外観だけでも拝もうと松江城に向かった。

20190601_142220 20190601_142741

 ボランティアガイドさんの説明が聞こえてきて戻ってみると、確かに石垣にハート型の石が紛れ込んでいた。 
 大手門を入ってすぐ、階段を上るとその左手にある。
 「だからどうした」という感じではあるものの、階段を上った左手にある松江神社も縁結びの神様だそうだし、何というか「何も典拠がない」訳ではなさそうだ。

 松江城は、江戸時代以前に建てられたお城のうち天守閣が現存している12城のうちの一つだそうだ。
 その12城のうち、国宝に指定されているお城は五つしかなく、松江城はその一つである。しかも、安土城から大阪城まで続く「正統派」のお城の中では唯一現存している天守閣だというから、何というか、小さい割に歴史と風格がありすぎるお城と言えよう。
 内部の見学をしている時間がなかったのが残念である。

20190601_144234 その代わりといっては何だけれど、松江神社にお参りして御朱印をいただき、松江しんじ湖温泉駅に向かった。
 途中、振り返ると明治時代に取り壊され、平成13年に復元されたという櫓が並んでいるところを見ることができる。
 松江城から伸びる道は広く、日陰がなく、暑い。へろへろになりながら歩いて、何とか15時前に駅に到着することができた。

20190601_145900

 電車の時間まで少しあったので、駅前にある足湯に入った。
 駅まで思ったより距離があったので、足だけとはいえ温泉に浸れて嬉しい。
 足下の石の感触も気持ち良く、5分くらいではあったけれど、意外な和みの時間となった。
 喉が渇いたので駅の売店で水を買い込み(どこかのカフェで、とか、せっかく松江に来たのだからお抹茶を、とならないところが少しばかり情けない)、電車に乗り込んだ。

 15時12分発出雲大社駅行きの一畑電車に乗って出雲大社に向かった。
 一畑電車も縁結びパーフェクトチケットで乗車できる。縁結びパーフェクトチケット様々である。
 乗り込んだ一畑電車は、最初はガラガラだったけれど、どこかの駅で部活帰りらしい高校生がたくさん乗り込んできた。通学の足になっているらしい。

20190601_152356 20190601_150715
 たまたま、私が乗った電車は「しまねっこ号」だった。
 ピンクの外装と内装で、「しまねっこ」が外装や窓に描かれていたり、床にあみだくじの描かれた絨毯が敷かれていたり、座席シートがピンク地に白いハートが散らされている模様だったり、何というか「女子仕様」である。
 6月6日には、新しい内装のしまねっこ号が走り出したそうで、最後の機会に乗れて良かった、ということにしておこうと思う。

 しまねっこ号は、最初のうちは宍道湖をすぐ南に見ながら走る。
 そのうち、田園地帯に入り、宍道湖は見えなくなり、高校生が乗ったり降りたり降りたりしているうちに1時間が過ぎ、出雲大社駅に到着した。

20190601_161908 20190601_162144

 出雲大社前駅はなかなか可愛らしい駅だった。
 漆喰(だと思う)の壁にステンドグラスの内装、外観もなかなか可愛らしい。
 カフェも併設されていて、居心地良さそうである。
 一休みしたいところだったけれども、早めにチェックインしようと、ちょうど来たバスに乗って参道を上り、出雲大社の勢溜の大鳥居まで行った。

 本日の宿であるお宿 月夜のうさぎは大鳥居から歩いて10分弱だったと思う。下り坂なのが有難い。
 16時半過ぎにチェックインした。
 夕食の時間は18時か20時(だったと思う)が選べるという。お天気も良かったし、これから稲佐の浜まで歩いて夕日を見に行こうか、見に行くなら20時だなと迷っていたら、フロントの方が「お勧めは18時です。早めに夕食を食べていただいて、美味しく夜鳴きそばを召し上がってください」と言う。
 その言葉に負けて、宿を楽しむことに決めた。

 また、宿を予約した際に、明日の八足門内のツアーを併せてお願いしていた。そちらの精算は先にお願いしますとのことで、チェックインの際にお支払いした。
 フロントでチェックインしてしまった後は、こちらの宿は「あとはご自由に」という姿勢である。

20190601_164546 20190601_165152

 お部屋に入り、早速、用意されているコーヒーセット(ミルまで付いて、ハンドドリップできるようになっている)でコーヒーを淹れ、休憩である。
 お部屋は広くはないけれど、清楚な感じで、欲しいものは何でも揃っているという感じだ。
 有料で色浴衣が用意されていたけれど、私は普通に用意されている作務衣の方が楽だし有難い。
 お部屋の外、廊下も含めて畳敷きなのも嬉しい。

20190601_174942

 こちらのお宿は、お隣の「いにしえの宿 佳雲」と繋がっていて、温泉も両方とも入ることができる。
 佳雲には貸切のお風呂が五つあり、「空いていたらご自由にどうぞ」という方式だ。
 17時過ぎに行ってみたところ、貸切のお風呂はすべて埋まっていたので、佳雲の大浴場に行った。
 大浴場には誰もいなくて、貸切状態である。露天風呂もあり、明るい中で温泉に入る贅沢を満喫する。

 夕食は、18時からの人が多かったからだろう、正確には18時15分と指定されていた。
 入ったときから90分制のビュフェである。
 一人だと、カウンターの席に案内してもらえるようだ。窓際のカウンター席なので、落ち着く。
 少し迷ったけれど、あとは寝るだけだし、日本酒も何種類か用意されていると聞いて、アルコールの飲み放題をお願いした。

20190601_182845

 メモしておけば良かったけれど、日本酒が何が用意されていたのか忘れてしまった。
 確か、3種類は飲み比べをした記憶である。
 お刺身が用意され、いただいているうちにサーモンの炙りの実演が行われたり、焼きたてのアップルパイが供されたり、なかなか凝っている。

 このお皿でもう1回お刺身を中心にいただいた。鯛のお刺身が甘くてとても美味しい。
 ワインに併せてスペアリブやステーキなどお肉を中心に洋食をいただく。
 本当は苦手だけれど、お酒を飲みすぎだよと思い、銘産であるところのしじみ汁も飲んでおく。
 もちろん、デザートまでがっつりいただいた。

 お部屋に戻り、テレビを見ながらお腹が落ち着くのを待つ。
 22時前に、今度は月夜のうさぎの大浴場に行った。この時間帯でも貸切風呂は満室で、順番待ちの方までいる。
 大浴場もかなりの混雑で、常に湯船に4〜5人の人がいる、という感じだった。

20190601_223828 こちらにお宿では、お風呂上がりに夕方から夜の時間帯はアイスが用意されている。
 じっくり温まって暑かったので、バニラアイスをいただく。
 お腹がいっぱいだよと思ったけれど「用意されている」と聞けば食べたくなるのが人情というものだ。坪庭を見ながら、夜鳴きそばもペロリと平らげた。

 本日の歩数計を見たら1万歩をちょっと超えたくらいだった。
 意外と歩いていないなぁと思う。
 シートパックをし、明日に備えて23時30分ころに就寝した。

 -> 出雲旅行記2日目その1

| | コメント (0)

2019.06.16

大山 山歩き旅行記の入口を作る

20190525_130331  ここは、2019年5月、山歩き講習会で大山に(お参りではなく)山歩きに行った旅行記の入口である。

 以下の日付をクリックすると、旅行記に飛べるようになっている。

 2019年5月25日(土曜日)

 持ち物リスト(大山編)

| | コメント (0)

«「出雲大社ゆるり旅」を読む