« 伊豆断食旅行記2日目その2 | トップページ | 伊豆断食旅行記3日目 »

2008.06.04

「『恐怖の報酬』日記」(文庫版)を読む

 以前にソフトカバーの「『恐怖の報酬』日記」も買って読んでいるのだけれど、その文庫版が書店に並んでいるのを発見し、先日、ついフラフラと購入してしまった。

 装丁が「地球の歩き方」風ではなくなってしまったのがちょっと寂しいけれど、文庫版の装丁はこの本の雰囲気とは合っているようにも思う。

 注釈が増えたけれど、イギリス・アイルランド紀行については、基本的にソフトカバー版と内容は同一である。
 だから、文庫版に新たに収録された、横浜と札幌と沖縄のビール工場探訪記が楽しい。
 札幌の往復は頑固に鉄道を利用した著者の恩田陸も、沖縄には飛行機で行くしかないというところも、「恐怖の報酬」らしくてよい。

 非常に個人的な旅行記である(ように感じられる)ので、この紀行本を読んで「イギリスに行きたい」とか「アイルランドに行ってみたい」とかは思わなかったのだけれど、ビール工場見学に行って試飲して併設のレストランで色々なビールを飲んでみたいと思った。

|

« 伊豆断食旅行記2日目その2 | トップページ | 伊豆断食旅行記3日目 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「『恐怖の報酬』日記」(文庫版)を読む:

« 伊豆断食旅行記2日目その2 | トップページ | 伊豆断食旅行記3日目 »