2010.09.18

ヨルダン・エジプト旅行に出発する

 今日から、ヨルダン・エジプト旅行に出かける。

 ペトラ遺跡と、「出エジプト記を逆に辿る」のが目的である。
 後者は、ツアーを選んでからつけた、後付けの目的だけれど、「出エジプト記」も読んだし、「十戒」のDVDも見たし、準備は万全(?)である。

 ここしばらく旅行ブルーに陥っていたのだけれど、ここまで来たら行くしかないのである。
 キャンセル料だって高いのだ。

 今回は、夜遅くの便だったので、キャリーケースは自分で持って行くことにして送っていない。
 1日かけて、荷造りをして、もうへとへとである。

 添乗員さんから2回もお電話をいただいたのだけれど、私は帰宅前でお話しできていないのも少々不安である。
 ツアーの定員が24人だというのは聞いたけれど、MAXの参加なのだろうか。
 一人参加の人は他にいるだろうか。

 まあ、何はともあれ、楽しんで来ようと思う。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010.09.13

スーツケースのベルトを購入する

 物の本を読んでいたら、スーツケースにバンダナを結ぶのは日本人くらいなので、逆に、バンダナを結んだスーツケースは日本人のものだという目印になってしまっている、という記述があった。

 これまでそんなことは気にせずに、まさに目印としてバンダナを結んでいたのだけれど、何だか急に気になってきてしまい、スーツケースベルトを購入した。
 無印良品の黒一色の何の変哲もないキャリーケースを使っているので、少しでも目立つようにと蛍光オレンジのものを選んだ。

 ショップのサイトでは、2色、3色使いの例が写真で紹介されていたけれど、そこまではちょっと勇気が出なかった。

 今回のヨルダン・エジプト旅行でデビューさせる予定である。

 また、昨年にベネズエラに行く前に何となく買ったけれど結局使っていなかった名札(キャリーケースにつけるもので、フタが出来て、内容はすぐには読むことができないようになっている)もオレンジでお揃いになるし、今回デビューさせることにした。

 (画像をクリックすると、楽天のお店に飛びます。)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010.09.12

海外旅行保険に加入する(ヨルダン・エジプト)

 少し前までは、海外旅行保険は成田空港で加入することが多かったのだけれど、「事前に入っておけば、自宅から空港までの事故についても補償がされる」という話を聞いてから、事前に入るようになった。

 調べてみると、クレジットカード付帯の保険にプラス@する形でバラ掛けすれば、何もないところからパックで入るよりも保険料を安く抑えられることも判った。
 もっとも、旅行地域が南米だったり中近東だったりする時点で、ヨーロッパや東南アジアよりも賭け金が高く設定されているような気がするので、それほど節約効果は出ていないのかも知れない。

 バラ掛けするときは、死亡保険金は無視して、その代わり、治療(疾病と傷害)・携行品の補償はできるだけ最高額を目指すようにしている。
 救援者費用も、最高額までは行かなくともそれなりの金額が出るようにはしておきたい。
 今回もそのラインで保険を掛けたところ、ヨルダン・エジプトに10日間出かけて、保険料は2850円だった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010.09.07

旅行会社から質問への返信が来る2(ヨルダン・エジプト)

 前回の質問と回答で気になっていたところも含め、「質問と回答は一往復で終わり」という注意書きを逆手に取って似たような質問も混ぜて(我ながら意地の悪い発想ではあるけれど)、昨日(2010年9月6日)旅行会社に再び質問を投げたところ、今日、回答があった。

 一問一答は以下のとおりである。

・エティハド航空は個人チェックインか。
 今回のエティハド航空のフライトで、ANAのマイルに加算することはできるか。

 エティハド航空は個人チェックインである。
 ANAのマイレージ加算は可能である。

・アンマン到着後、そのまま観光に出発するスケジュールになっている。
 その際、荷物の詰め替え等を行えるか。あるいは、観光に必要なものは手荷物にしておく必要があるか。

 稀に成田で預けたスーツケースがアンマンで出て来ないこともあるので、観光に必要な物は、事前に手荷物にしておくことを勧める。

・エジプト、ヨルダンそれぞれで、職場で配れるような個包装になった食べ物のお土産物があるか。
 こういった物を購入する機会がツアー中にあるか。

 エジプト、ヨルダンの代表的なお土産にナツメヤシのお菓子がある。
 売り場・料金等は、現地ガイドに尋ねてもらいたい。

・ツアー中、切手を購入できる機会(場所)があるか。

 切手はホテル内の売店に通常置いてある。

・ペトラ出発日の早朝に遺跡を再訪したいが、差額を支払って、最初から2dayチケットを購入してもらうことはできるか。

 ぺトラ遺跡は翌朝9時出発のご予定ですので再訪は難しいと思われる。
 2日間通しチケットが無駄になる可能性もあるので、現地ガイドとご相談して決めてもらいたい。

 とりあえず、ホテル出発時刻等は最終日程表に書いていなかったが、ある程度の目安は決まっていることが判った。
 今回の旅行では、もう他に事前に聞くべきことが思いつかず、何だか逆に不安である。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010.08.31

旅行会社から質問への返信が来る(ヨルダン・エジプト)

 昨日(2010年8月30日)、旅行会社に今回のヨルダンとエジプトのツアーについての質問をいくつか送ったところ、早速、今日、回答があった。
 翌営業日に回答することになっている。

 一問一答の抜粋は以下のとおりである。

・成田空港でのチェックインの際、早めに空港に行けば、通路側座席の希望を叶えることができるか。

 当日の座席の状況によって変更が可能である。

・アブダビ空港での乗継の際、液体物の機内持込のチェックがあるか。

 アブダビ空港では、ゲート入り口にてセキュリティー検査がり、基本的には液体物の持ち込みはできない。

・ペトラに到着した日の夜に、ペトラ・バイ・ナイトに参加できるか。

 少しあわただしいが可能である。現地にて同行添乗員に相談してもらいたい。 

・ペトラを発つ日の早朝、もう一度ペトラ遺跡に行くことは可能か。

 ホテル出発時刻までに戻って来られるなら可能である。

・シナイ山頂における、日の出前の気温は何度くらいか。
 防寒のために、例えばダウンジャケットなどが必要か。

 ダウンが必要なほどではなく、ウィンドブレーカーやフリースがあればよい。

・ツアー中に、ホテル周辺等を散策できる時間がありますか。

 日程的に盛りだくさんだが、時間に余裕があれば可能である。

 最後の質問に対する回答は、実は回答になっていない。
 その他、気になることもあったので、再び質問するべく検討することにした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010.08.28

ツアーの最終日程表が届く(ヨルダン・エジプト)

 2010年8月24日に期限ギリギリになって旅行代金の残金の支払いをした。
 申込金を支払ったときには、現金なら割引があります、ハーゲンダッツのアイスクリーム券を差し上げていますという話だったので、もちろん現金払いにした。
 現金払いの特典があるのは申し込み時点だけのようで、残金は振り込みである。

 旅行代金全額を支払ったからなのか、単純にこの日に発送予定だったからなのか、そこがよく判らないのだけれど、8月28日に最終日程表が届いた。
 9月18日が出発日であることを考えると、これはかなり早いのではないだろうか。
 もしかして、旅行代金を早めに払っていたら、最終日程表の送付も早かったのだろうか。

 今の時点で、もちろん、搭乗便もホテルも確定されている。
 もっとも、ツアーがそもそも「エティハド航空利用」を歌っているので、成田ーアブダビ間の便は選びようがないというのも事実である。

 今回、旅行会社から送られて来た物は以下のとおりである。

・最終日程表 2冊
・現地情報提供の案内
・宿泊ホテルの案内(名称、住所、創業年、設備等)
・海外旅行保険の案内
・荷札
・空港宅配サービスの案内兼割引券
・スーツケースレンタルの案内
・空港駐車場の案内
・アンケート
・エジプト街歩きMAP
・海外お土産案内

 この他に、ツアー内容や現地情報等々についての問い合わせ窓口(電話とメール)のお知らせがあったのが嬉しい。
 これを貰えるのであれば、もっと早く旅行代金を支払えばよかったと思ったくらいである。

 ただし、やはり大手旅行会社はシステマティックで、メールでのやりとりは一往復で完結し、例えば、質問に対する答えをもらい、さらに同じ人に質問を重ねるということはできません、添乗員がお応えしていますが、ツアーに同行する添乗員が回答するとは限りません、という注意書き付きだった。

 それでも、気になることがいくつもある。
 早速質問しようと思ったのだった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010.08.16

ツアーの請求書が届く(ヨルダン・エジプト)

 2010年9月18日から出かける、ヨルダンとエジプトのツアーの請求書が届いた。
 旅行案内は出発の5〜7日前に送るとあるきりで、後は本当に請求書と支払期限が判るだけの通知だ。

 ここのところ、事前のメールでの質問し放題など、事前の説明その他が至れり尽くせりのツアーにばかり参加していたので、この放置され加減は本当に不安になるのだった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010.07.26

「イスラーム 魅惑の国・ヨルダン―シニアがゆく、灼熱のアカバ、古代都市ペトラ」を読む

 ツアーで気楽にヨルダンを旅行しようと思い、事前の情報収集を兼ねてヨルダンに関する本を読んでおこうと探すと、意外に少ない。
 例えば歴史や地理の専門書などはまたあるのだろうけれど、例えば、ヨルダンの旅行記を探そうと思うと、これがなかなかない。
 少なくとも私は見つけることができなかった。

 この「イスラーム 魅惑の国・ヨルダン―シニアがゆく、灼熱のアカバ、古代都市ペトラ」は、旅行記ではなく、夫がJICAに応募してヨルダンに派遣された絵本作家の方がヨルダンで暮らしたその滞在記である。
 アカバというヨルダン唯一の港町に暮らし、もちろんそこからペトラや死海に「国内旅行」もしていて、その旅行記も書かれているのだけれど、どちらかというと、やはり「そこで暮らして見たこと、感じたこと、考えたこと」がメインである。

 そして、著者がヨルダンで暮らしたのは10年くらい前のことなので、恐らく街の様子も人の様子も大分変わっているのだろう。

 多分、とても正直にそこで暮らして感じたことが綴られていて、興味深かった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010.07.11

THE 世界遺産「ペトラ」を見る

 毎週日曜の18時からTBSで放映されている「THE 世界遺産」「ペトラ」の回を見た。

 9月にペトラに行こうと思っている自分にはまさにグッドタイミングである。

 ペトラは、紀元前2世紀から400年に渡って反映したナバテア人の都だったこと。
 ナバテア人の末裔が現在の遊牧の民であるベドウィンであること
 ペトラはアラビア半島南部から古代ローマやエジプトに「乳香」を運ぶ交易路に位置していたこと
 ワディ・ラムもその交易路の一部であり、その岩肌にラクダの絵が遺されていること
 アカバの港もまた交易港として栄えていたこと
 ペトラが高い通行税を取りながら反映していた理由は、近くのワディ・ムーサの泉から水を引き、砂漠の旅に必要なオアシスを人工的に作り上げていたからであること
 ペトラの岩山は外的から守る要塞であると同時に水路及び水瓶の役割を果たしていたこと
 死海の底から浮かんできたアスファルトは、エジプトのミイラの防腐剤として必須の材料であったこと

 特に、雨の降っているときのペトラ、雨上がりのペトラに水が流れている様は圧巻の映像だった。

 やはり、ペトラだけではなく、ワディ・ラムやアカバを含んだツアーを選択したことは正しかったと納得したのだった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010.07.10

ストックとヘッドライトを購入する(ヨルダン・エジプト)

 2010年9月の海外脱出は、ヨルダンとエジプトに決めている。
 そして、エジプトの最大のポイントはシナイ山である。

 実際にシナイ山に登った方々の旅行記などを見ると、何だかもの凄く大変そうである。
 そこで、閃いた。
 熊野古道を歩いたとき、ストックを使って歩いていたお姉さんがかなり楽そうに歩いていらっしゃった。体力的には(多分)それほどの差はないはずなので、あの足取りの軽さの要因の一つはストック(それもダブルストック)だったに違いない。

 シナイ山に登るのは夜明け前なので、日が出ていたら写真撮影の邪魔になるだろうけれど、どうせ真っ暗なので全く問題はない。

 ということで、思いつきでストックを購入してしまった。

 そして、ダブルストックとなると両手が空かない。
 懐中電灯を持つ手がないではないか。

 エジプトではクフ王のピラミッドにも入るのだけれど、そういえば、前回エジプトに行ったとき、ピラミッドの中(しかも坂の途中!)で、懐中電灯を落としてそのままコロコロ転がっていったら危ないという場面があったことを思い出した。

 その2つの理由(というか、こじつけ)により、併せてヘッドランプも購入した。

 この装備は大袈裟&心配しすぎだろうか。
 前にシナイ山に登ったことのある人に相談したところ、「早起きさえできれば問題ない。ラクダ(山の途中までラクダに乗ることもできる)は必要ないでしょう。」と言って貰えたのだけれど、やっぱり不安なのだった。

 (画像をクリックすると、楽天のお店に飛びます。)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

その他のカテゴリー

**−旅行記の入口はこちら− | *100Q | *200309ケニアのその後 | *200309ケニアの始末 | *200409ペルーのその後 | *200409ペルーの始末 | *200409ペルーの支度 | *200501正月パスの始末 | *200501正月パスの支度 | *200503オーロラの始末 | *200503オーロラ(フィンランド)の始末 | *200503オーロラ(フィンランド)の支度 | *200503フィンランドのその後 | *200506初島のその後 | *200506初島の始末 | *200506初島の支度 | *200508アイスランドのその後 | *200508アイスランドの始末 | *200508アイスランドの支度 | *200604熊野古道のその後 | *200604熊野古道の始末 | *200604熊野古道の支度 | *200608モンゴルのその後 | *200608モンゴルの始末 | *200608モンゴルの支度 | *200608修善寺のその後 | *200608修善寺の始末 | *200608修善寺の支度 | *200705山寺のその後 | *200705山寺の始末 | *200705山寺の支度 | *200706日光のその後 | *200706日光の始末 | *200706日光の支度 | *200710立山・黒部のその後 | *200710立山・黒部の始末 | *200710立山・黒部の支度 | *200712エジプトのその後 | *200712エジプトの始末 | *200712エジプトの支度 | *200802伊勢志摩のその後 | *200802伊勢志摩の始末 | *200802伊勢志摩の支度 | *200805伊豆断食の始末 | *200805伊豆断食の支度 | *200805伊豆高原のその後 | *200808箱根のその後 | *200808箱根の始末 | *200808箱根の支度 | *200809オーロラ(ホワイトホース)の始末 | *200809オーロラ(ホワイトホース)の支度 | *200809カナダのその後 | *200902香港のその後 | *200902香港の始末 | *200902香港の支度 | *200903ハトヤホテルの始末 | *200903ハトヤホテルの支度 | *200906奥日光のその後 | *200906奥日光の始末 | *200906奥日光の支度 | *200907裏磐梯のその後 | *200907裏磐梯の始末 | *200907裏磐梯の支度 | *200908ベネズエラのその後 | *200908ベネズエラの始末 | *200908ベネズエラの支度 | *200911袋田の滝のその後 | *200911袋田の滝の始末 | *200911袋田の滝の支度 | *201001河口湖のその後 | *201001河口湖の始末 | *201001河口湖の支度 | *201002京都のその後 | *201002永平寺と京都の始末 | *201002永平寺と京都の支度 | *201002永平寺のその後 | *201005熱海のその後 | *201005熱海の始末 | *201005熱海の支度 | *201005箱根の始末 | *201005箱根の支度 | *201008奥日光の始末 | *201008奥日光の支度 | *201009ヨルダンとエジプトの始末 | *201009ヨルダンとエジプトの支度 | *201009ヨルダンのその後 | *201011日本平の始末 | *201102知床流氷のその後 | *201102知床流氷の始末 | *201102知床流氷の支度 | *201108白馬のその後 | *201108白馬の始末 | *201108白馬の支度 | *201109ウズベキスタンのその後 | *201109ウズベキスタンの始末 | *201109ウズベキスタンの支度 | *201110奥鬼怒の始末 | *201110奥鬼怒の支度 | *201111鹿児島のその後 | *201111鹿児島の始末 | *201111鹿児島の支度 | *201112千倉のその後 | *201112千倉の始末 | *201112千倉の支度 | *201112大阪と京都の始末 | *201112大阪と京都の支度 | *201202蔵王のその後 | *201202蔵王の始末 | *201202蔵王の支度 | *201203オーロラ(イエローナイフ)の始末 | *201203オーロラ(イエローナイフ)の支度 | *201205ひたちなかの始末 | *201205ひたちなかの支度 | *201205姥湯温泉の始末 | *201205姥湯温泉の支度 | *201207月山・鳥海山の始末 | *201207月山・鳥海山の支度 | *201208甲府の始末 | *201208甲府の支度 | *201212グアテマラのその後 | *201212ホンジュラスのその後 | *201212メキシコのその後 | *201212中米3ヶ国の始末 | *201212中米3ヶ国の支度 | *201302河津のその後 | *201302河津の始末 | *201302河津の支度 | *201303スパリゾートハワイアンズのその後 | *201303スパリゾートハワイアンズの始末 | *201303スパリゾートハワイアンズの支度 | *201304吉野山のその後 | *201304吉野山の始末 | *201304吉野山の支度 | *201306ハイダ・グアイ(カナダ)の始末 | *201306ハイダ・グアイ(カナダ)の支度 | *201307白馬の始末 | *201307白馬の支度 | *201310台湾のその後 | *201310台湾の始末 | *201310台湾の支度 | *201311那須のその後 | *201311那須の始末 | *201311那須の支度 | *201404三春のその後 | *201404三春の始末 | *201404三春の支度 | *201406勝浦のその後 | *201406勝浦の始末 | *201406勝浦の支度 | *201407奥日光の始末 | *201407奥日光の支度 | *201408ベトナムのその後 | *201408香港&クルーズの始末 | *201408香港&クルーズの支度 | *201410北斗星のその後 | *201410北斗星の始末 | *201410北斗星の支度 | *201501西伊豆の始末 | *201501西伊豆の支度 | *201503村杉温泉の始末 | *201503村杉温泉の支度 | *201505尾瀬のその後 | *201505尾瀬の始末 | *201505尾瀬の支度 | *201505熱海の始末 | *201505熱海の支度 | *201508カムチャツカのその後 | *201508カムチャツカの始末 | *201508カムチャツカの支度 | *201508能登のその後 | *201508能登の始末 | *201508能登の支度 | *201602草津温泉のその後 | *201602草津温泉の始末 | *201602草津温泉の支度 | *201603八重山のその後 | *201603八重山の始末 | *201603八重山の支度 | *201605秩父の始末 | *201605秩父の支度 | *201605高尾山の始末 | *201605高尾山の支度 | *201608スリランカのその後 | *201608スリランカの始末 | *201608スリランカの支度 | *201611京都の始末 | *201611京都の支度 | *旅の支度(国内) | *旅の支度(海外) | *試験の始末 | *試験の支度 | おすすめサイト | ウェブログ・ココログ関連 | グルメ・クッキング | ニュース | パソコン・インターネット | 学問・資格 | 心と体 | 携帯・デジカメ | 文化・芸術 | 旅行・地域 | 映画・テレビ | 書籍・雑誌 | 趣味 | 音楽