2010.11.14

日本平旅行記を書く

 2010年11月10日(水曜日)に、母と2人で清水港クルージングや日本平を巡る日帰りバスツアーに行って来た。

 このすぐ下に旅行記があるので、わざわざ「書いたよ」と宣言する必要もないかと思ったのだけれど、「旅行記の入口」というカテゴリを作ってあったので、そちらに載せるためもあって書いておくことにした。

 富士山三昧で(逆にいうと、それ以外には何も見ていないのだけれど)、富士山を堪能できたツアーだった。

 日本平旅行記はこちら。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

日本平旅行記

2010年11月10日(水曜日)

 「日本平の支度」カテゴリがないのは、母が「応募した覚えがない。」と言いつつ、某デパートから送られてきた「お一人様ご招待、同伴の方も10000円強支払って参加可」という日帰りバスツアーに私を誘い、それで行くことになったという安直なきっかけで、支度もへったくれもなかったからである。
 コースは、横浜でダイヤモンドのお店に行き、焼津で海の幸のごはん、日本平の展望台から富士山を見て、ついでに日本平ホテルで「華麗なる一族」でロケが行われたという庭園を拝見し、清水港クルージングで再び富士山を堪能しよう、という内容だ。

 朝7時10分集合も、自宅最寄り駅の隣の駅が集合場所だから許せるというものである。
 20号車という指定を受け、「バス20台を連ねて行くのか?」と疑問に思っていたら、ご招待日が4日あり、どうやらその4日全体で21台のバスを出したということらしい。
 周りは母と同年配のご夫婦やご友人同士といった感じの方が多く、私ですら若い方から5番以内に入れそうな感じだった。

スカイツリー バスは7時25分に出発し、まずは「ここで利益を出しているに違いない」と誰もが睨むだろうダイヤモンドのお店に向かう。
 添乗員のお嬢さんは、まずまずこの年齢層の方々にはウケルだろう素直かつ舌足らずな感じ良さで、今日1日のスケジュールを説明し、車窓から見えたスカイツリーを案内し、車内販売をお知らせし、「ワールドダイヤモンド横浜提供の豪華景品が付くクイズ」用紙を配り、「鮪のブロックを2名様にプレゼント」の抽選を行う。
 APEC絡みの交通規制で横浜に向かう道は大混雑なのではないかと思っていたら、首都高を一度降りて渋滞を回避するなどのワザが運転手さんにより繰り出され、予定の10分前である9時30分に「ワールドダイヤモンド横浜」のお店に到着した。

 ところで、この「ワールドダイヤモンド横浜」はネットで探してもなかなか見当たらない。
 このお店も、「ショーケースに入れずに自由にお手に取ってご覧いただけるようにしている」ため、こうしたツアーなどの予約客のみ受け入れているという話だ。
 入ってすぐのところで、職人さんが二人で作業をしているところを見学する。お手洗いに行く方もいて、ここはどうやら全員揃って次の間に行くための時間調整ゾーンらしい。

 次のお部屋では丸椅子が用意され、お姉さんが一人待ち構えていて、立て板に水のごとくにブラックダイヤモンド等々の「ワールドダイヤモンド横浜」お勧め賞品の紹介が展開された。
 クイズの答え合わせが行われ、バス1台40人くらいの中から6名の正解者が出ていた。母は全問不正解、私は半分しか正解できなかった。
 ダイヤモンドに油性ペンで書くとそのまま消えなくなってしまうそうなので、そんなことはしないように今後気をつけようと思った。

 こうして気分もほぐれ盛り上がった(?)ところで、ギャラリーと呼ばれるお店に移動した。
 こちらのお勧め賞品は、ブラックダイヤモンドと何とかという血行を良くする磁石の付いたネックレスや、プラチナ等を手仕事で加工した指輪、パール製品というところらしい。
 これら三つの売場を回って説明を聞いた上で店員さんにサインをもらい、最後に「お気に入りのジュエリー」を申告して四つのサインを集めるとプレゼントをもらえるという仕組みも用意されている。

 店員さんが山ほどいて、マンツーマンに近い形でセールストークが繰り広げられている。
 うっかりしていたら、母が真面目に「本当に血行が良くなるんだったら。」と磁石つきブラックダイヤモンドのネックレスの購入を検討していた。
 試しに付けさせてもらうと10分もすると肩が温まって来たように思えたし、疑う気持ちはなかったけれど、血行が良くなる磁石とブラックダイヤモンドがセットになっている必然性はない。
 ブラックダイヤモンドのネックレスはお安い物でも150000円を超えていて、おいそれと購入を検討出来るようなお値段ではない。
 慌てて「本当に効くんだったら買ってもいい。」と繰り返す母を売場から引きはがした。

 結局、出口近くのお土産物売場(こちらは300円くらいのバスソルトや磁気ブレスレットなどが売られていた)で、巨峰の干しぶどうを購入し、きっかり90分の滞在時間を満喫した。
 よく判らないけれど、バス2台で購入者0人ということはなかったんじゃないかという感じがした。
 東名高速を一路焼津まで走り、石原水産マリンステーションで昼食である。

刺身盛り合わせ鮪西京焼き

 この他、メニューは以下のとおりである。
 やはりお魚が美味しい。鮪のお刺身も脂が乗っていたし、イカも甘い。鮪の西京焼きはバターで焼くようになっていて、こちらも美味しかった。
 昼食をいただいたのが13時過ぎで、朝早く家を出てお腹が空いていたということもあったとは思うけれど、やはり新鮮なお魚は美味しい。

 鮪と桜エビの炊き込みごはん
 蟹のお味噌汁
 にぎり寿司(鮪、イカ)
 水菜と鮪とタケノコの梅肉和え
 茶碗蒸し
 鮪の**(魚の卵だけれど、何だったか忘れた)和え、
 きんつば
 緑茶

 食後は海産物が豊富に揃ったお土産物屋さんで買い物をし、14時10分に出発した。
 事前の案内ではこの後に日本平に行くようになっていたけれど、船の出航時間等の関係で、先に清水港クルージングに向かった。

清水港と富士山 清水港は、富士山を仰ぎ、三保の松原に囲まれて、長崎港と神戸港とともに日本三大美港に数えられているそうだ。
 確かに、海の水も綺麗だし、富士山もどーんと控えていて美しい。
 清水港クルージングは15時から約35分かけて港を一周し、その間、富士山をずっと眺めていることができる。
 お天気も良かったので3階のデッキにずっと陣取っていた。
 カモメに餌をやる方もいらして、たくさん集まってくるのが楽しい。
 うちの母は、ここで「雪の冠を被った富士山」を期待していたらしいけれど、11月だからか、南側だからか、雪はほんの一はけ、見えるか見えないかというくらいしかなかった。
 しかし、富士山が見事に冠雪する頃には、寒くてデッキから富士山を眺めるどころではないような気がする。悩ましいところである。

日本平山頂展望台から そして、本日最後の目的地である日本平に向かった。
 まず、月日星というお土産物屋さんで、商品紹介をお聞きしつつ安倍川餅のおやつをいただく。添乗員さんの強力プッシュもあって、こちらでさらにジェラートを食べていらっしゃる方もいたけれど、私は日本平山頂展望台を目指した。
 5分程度軽く坂道を上がれば到着である。
 日本平山頂展望台からの富士山は、手前に広がる清水港は夕日に照らされて明るく、その向こうにシルエットで沈み、そのコントラストがとても美しかった。
 雲一つないいいお天気で、冷たい風に耐えた甲斐があった。

夕映えの富士山 16時40分の集合時間に間に合うようにと展望台からバスが待っている駐車場に下りてきたところで、富士山が赤く染まっているのが見えた。
 どうしてあと5分粘らなかったのか!
 そう自分を罵りつつ、慌てて少しでも視界が開けている辺りに走り、カメラに収めたのがこの写真である。
 確かに母の言うとおり、冠雪の富士山であれば、さらに趣があったことだろう。

 日本平ホテルまでは、展望台からバスで5分程度である。
 もう夕闇の迫る中、庭園に直行する。庭園は、テレビドラマの「華麗なる一族」のロケに使われたそうだ。池の端で手を叩くと鯉が寄ってくるというシーンがあり、その鯉は実はロボットであった、というのは添乗員さんが語ってくれたプチ情報である。

日本平ホテル庭園から清水港の夜景と富士山

 庭園を散歩している間にみるみるうちに空は暗くなり、あっという間に夜景になった。
 色々な姿の「富士山」を見られてラッキーだったなぁと、寒い中、手をかじかませつつ写真を撮りまくった。

 17時15分に日本平ホテルを出て、バスは帰路についた。
 到着予定が20時45分と聞いて、母と「お腹が空くよね。」「夕ごはんをどうしようか。」と言い合う。
 トイレ休憩に海老名サービスエリアに寄ったときにお弁当を買おうと探したけれど、ほとんど売り切れている。
 かなり前に海老名サービスエリアのメロンパンが評判だとテレビでやっていたのを思い出し、とりあえずお腹をなだめるためにメロンパンを購入した。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

その他のカテゴリー

**−旅行記の入口はこちら− | *100Q | *200309ケニアのその後 | *200309ケニアの始末 | *200409ペルーのその後 | *200409ペルーの始末 | *200409ペルーの支度 | *200501正月パスの始末 | *200501正月パスの支度 | *200503オーロラの始末 | *200503オーロラ(フィンランド)の始末 | *200503オーロラ(フィンランド)の支度 | *200503フィンランドのその後 | *200506初島のその後 | *200506初島の始末 | *200506初島の支度 | *200508アイスランドのその後 | *200508アイスランドの始末 | *200508アイスランドの支度 | *200604熊野古道のその後 | *200604熊野古道の始末 | *200604熊野古道の支度 | *200608モンゴルのその後 | *200608モンゴルの始末 | *200608モンゴルの支度 | *200608修善寺のその後 | *200608修善寺の始末 | *200608修善寺の支度 | *200705山寺のその後 | *200705山寺の始末 | *200705山寺の支度 | *200706日光のその後 | *200706日光の始末 | *200706日光の支度 | *200710立山・黒部のその後 | *200710立山・黒部の始末 | *200710立山・黒部の支度 | *200712エジプトのその後 | *200712エジプトの始末 | *200712エジプトの支度 | *200802伊勢志摩のその後 | *200802伊勢志摩の始末 | *200802伊勢志摩の支度 | *200805伊豆断食の始末 | *200805伊豆断食の支度 | *200805伊豆高原のその後 | *200808箱根のその後 | *200808箱根の始末 | *200808箱根の支度 | *200809オーロラ(ホワイトホース)の始末 | *200809オーロラ(ホワイトホース)の支度 | *200809カナダのその後 | *200902香港のその後 | *200902香港の始末 | *200902香港の支度 | *200903ハトヤホテルの始末 | *200903ハトヤホテルの支度 | *200906奥日光のその後 | *200906奥日光の始末 | *200906奥日光の支度 | *200907裏磐梯のその後 | *200907裏磐梯の始末 | *200907裏磐梯の支度 | *200908ベネズエラのその後 | *200908ベネズエラの始末 | *200908ベネズエラの支度 | *200911袋田の滝のその後 | *200911袋田の滝の始末 | *200911袋田の滝の支度 | *201001河口湖のその後 | *201001河口湖の始末 | *201001河口湖の支度 | *201002京都のその後 | *201002永平寺と京都の始末 | *201002永平寺と京都の支度 | *201002永平寺のその後 | *201005熱海のその後 | *201005熱海の始末 | *201005熱海の支度 | *201005箱根の始末 | *201005箱根の支度 | *201008奥日光の始末 | *201008奥日光の支度 | *201009ヨルダンとエジプトの始末 | *201009ヨルダンとエジプトの支度 | *201009ヨルダンのその後 | *201011日本平の始末 | *201102知床流氷のその後 | *201102知床流氷の始末 | *201102知床流氷の支度 | *201108白馬のその後 | *201108白馬の始末 | *201108白馬の支度 | *201109ウズベキスタンのその後 | *201109ウズベキスタンの始末 | *201109ウズベキスタンの支度 | *201110奥鬼怒のその後 | *201110奥鬼怒の始末 | *201110奥鬼怒の支度 | *201111鹿児島のその後 | *201111鹿児島の始末 | *201111鹿児島の支度 | *201112千倉のその後 | *201112千倉の始末 | *201112千倉の支度 | *201112大阪と京都の始末 | *201112大阪と京都の支度 | *201202蔵王のその後 | *201202蔵王の始末 | *201202蔵王の支度 | *201203オーロラ(イエローナイフ)の始末 | *201203オーロラ(イエローナイフ)の支度 | *201205ひたちなかの始末 | *201205ひたちなかの支度 | *201205姥湯温泉の始末 | *201205姥湯温泉の支度 | *201207月山・鳥海山の始末 | *201207月山・鳥海山の支度 | *201208甲府のその後 | *201208甲府の始末 | *201208甲府の支度 | *201212グアテマラのその後 | *201212ホンジュラスのその後 | *201212メキシコのその後 | *201212中米3ヶ国の始末 | *201212中米3ヶ国の支度 | *201302河津のその後 | *201302河津の始末 | *201302河津の支度 | *201303スパリゾートハワイアンズのその後 | *201303スパリゾートハワイアンズの始末 | *201303スパリゾートハワイアンズの支度 | *201304吉野山のその後 | *201304吉野山の始末 | *201304吉野山の支度 | *201306ハイダ・グアイ(カナダ)の始末 | *201306ハイダ・グアイ(カナダ)の支度 | *201307白馬の始末 | *201307白馬の支度 | *201310台湾のその後 | *201310台湾の始末 | *201310台湾の支度 | *201311那須のその後 | *201311那須の始末 | *201311那須の支度 | *201404三春のその後 | *201404三春の始末 | *201404三春の支度 | *201406勝浦のその後 | *201406勝浦の始末 | *201406勝浦の支度 | *201407奥日光の始末 | *201407奥日光の支度 | *201408ベトナムのその後 | *201408香港&クルーズの始末 | *201408香港&クルーズの支度 | *201410北斗星のその後 | *201410北斗星の始末 | *201410北斗星の支度 | *201501西伊豆の始末 | *201501西伊豆の支度 | *201503村杉温泉の始末 | *201503村杉温泉の支度 | *201505尾瀬のその後 | *201505尾瀬の始末 | *201505尾瀬の支度 | *201505熱海の始末 | *201505熱海の支度 | *201508カムチャツカのその後 | *201508カムチャツカの始末 | *201508カムチャツカの支度 | *201508能登のその後 | *201508能登の始末 | *201508能登の支度 | *201602草津温泉のその後 | *201602草津温泉の始末 | *201602草津温泉の支度 | *旅の支度(国内) | *旅の支度(海外) | *試験の始末 | *試験の支度 | おすすめサイト | ウェブログ・ココログ関連 | グルメ・クッキング | ニュース | パソコン・インターネット | 学問・資格 | 心と体 | 携帯・デジカメ | 文化・芸術 | 旅行・地域 | 映画・テレビ | 書籍・雑誌 | 趣味 | 音楽