2017.01.25

「流氷初日 稚内で確認 網走地方より早く 平年2月13日」の記事を読む

 「流氷初日 稚内で確認 網走地方より早く 平年2月13日」という記事を読んだ。

 2017年1月25日、稚内地方気象台(北海道稚内市)は、陸地から流氷を肉眼で今冬初確認し「流氷初日」になったと発表したそうだ。平年より19日、昨冬より38日も早いという。
 また、例年はまず網走地方に接近するが、今季は東寄りの風の日が多く、1946年の統計開始以来初めて稚内で先に観測されたそうだ。

 流氷は気象台から東に約10kmの海岸付近にあり、宗谷海峡にも流入し、一部で接岸しているという。

 今冬は11月下旬から12月にかけて冬型の気圧配置が続き北風が吹いたため、例年より早いペースで南下したが、今月中旬には低気圧の影響で東風が強まり、進路を西に変えて稚内に近づいてきたそうだ。

 27日から28日にかけて発達した低気圧の影響で南風が強まり、流氷は一時海岸から離れる可能性があるが、その後は冬型の気圧配置になって、再び南下してくる見通しだという。

 さて、今年の流氷はどんな感じなのだろう。
 前に旅行したときに、流氷の面積もだけれど、厚みも重要なんだというお話を聞いた記憶がある。
 見に行く予定は今のところないけれど、流氷の当たり年になるといいなぁと思う。

 私が読んだ記事はこちら。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017.01.20

「冬の知床新定番に 斜里で30日から初の"流氷フェス"」の記事を読む

 「冬の知床新定番に 斜里で30日から初の"流氷フェス"」という記事を読んだ。

 2017年1月30日から冬の知床の新たな目玉イベントとして「知床流氷フェス2017」の準備が国設知床野営場で進められているそうだ。

 流氷フェスは、2016年3月まで30年続いた「知床ファンタジア」の終了に伴い、新たに企画された参加体験型イベントで、野営場内の「グリーンステージ」と、オロンコ岩トンネル奥の「ブルーステージ」の2カ所で開かれるという。
 会場の設計は造形作家のタケナカヒロヒコさんが担当し、設営作業を地元漁師らが手伝っているそうだ。

 2月28日までの期間中、グリーンステージは入場料500円でワンドリンクと町の観光シンボルキャラクターのヒグマの「トコさん」の缶バッジ付き、ブルーステージは入場無料でオロンコ岩や三角岩をライトアップするという。

 オーロラを人工的に見せてくれた(とは言っても、私は見ていないけれど)知床ファンタジアに引き続き、流氷が万が一見られなくても思い出に残るイベントになるといいなと思う。

 私が読んだ記事はこちら。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015.06.10

「記念切手シート販売…知床世界遺産10周年」の記事を読む

 「記念切手シート販売…知床世界遺産10周年」という記事を読んだ。

 北海道の知床財団は、知床の世界自然遺産登録10周年を記念し、2種類の切手シートを販売しているのだそうだ。
 切手には、知床の国立公園指定50周年と世界自然遺産登録10周年の記念ポスター(2種類)のデザインを使い、斜里町在住の絵本作家・あかしのぶこさんが手がけ、ヒグマやシャチ、エゾシカなど知床の動物たちが描かれているという。

 海の生き物を中心にした「海」は1シートが52円切手10枚で1200円(税込み)、陸の生き物を主にした「森」は同じく82円切手10枚で1500円(同)で、それぞれ1000シート限定だそうだ。
 知床自然センター(斜里町)と羅臼ビジターセンター(羅臼町)で販売しているということだから、残念ながら購入できそうもない。少し残念である。

 私が読んだ記事はこちら。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015.04.08

「流氷終日 最も早く…網走3月8日」の記事を読む

 「流氷終日 最も早く…網走3月8日」という記事を読んだ。

 2015年4月7日、網走地方気象台は、今季の北海道網走市沖の流氷終日は3月8日だったと発表したのだそうだ。
 1946年の統計開始以来、最も早いという。

 流氷終日とは気象台から流氷を目視で確認した最後の日で、平年より34日、昨年より53日早かったそうだ。
 流氷を初めて確認した日からの期間は56日で、平年より25日、昨年より44日短かったという。
 網走気象台によると、今冬は平均気温が高く、強い南風をもたらす低気圧が多く通過したことなどが理由だという。

 また、同じ日に紋別市も、今季の流氷終日は3月15日で平年より17日、昨年より22日早かったと発表したそうだ。

 そういえば、この冬の流氷は面積が過去最少の見込みというニュースがあったなぁと思い出した。

 また、三春の滝桜の開花が観測史上最速というニュースも見たし、今年の冬は短く春は早く、しかし寒の戻りが厳しいなぁと思ったのだった。

 私が読んだ記事はこちら。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015.04.01

「流氷面積 平年の6割弱 過去最小見込み」の記事を読む

 「流氷面積 平年の6割弱 過去最小見込み」という記事を読んだ。

 札幌管区気象台は、2014年から2015年にかけての冬、オホーツク海で観測された海氷の最大面積が、統計を取り始めた1970~71年にかけての冬以来、最小となる見込みだと発表したそうだ。
 この冬の最大面積は2月28日の67.48万平方kmで、平年値の6割弱にとどまったという。

 札幌管区気象台は、海氷が拡大しなかった要因としてシベリアからの風が弱かったこと、また、オホーツク北部の上空の平均気温が、昨年12月~今年2月は平年より2度以上高く海水が凍りにくかったことを挙げているそうだ

 これまで、最大面積が最も小さかったのは1983~84年にかけての冬で、85.81万平方kmだったそうで、同気象台地球環境・海洋課は3月25日の記者会見で「海氷の面積は年ごとにばらつきが大きいが、地球温暖化などの影響もあり、長期的に減少傾向にある」と説明したという。

 この冬の流氷の面積が小さいというニュースはシーズン前から見聞きしていたけれど、それが実際の数字としても表れたのだなと思ったのだった。

 私が読んだ記事はこちら。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015.01.26

「歩けば楽し 厳冬知床五湖ツアー」の記事を読む

 「歩けば楽し 厳冬知床五湖ツアー」という記事を読んだ。

 2015年1月25日、真冬の北海道・知床五湖を歩く「厳冬期の知床五湖エコツアー」が始まったのだそうだ。
 氷点下まで冷え込んだ中、参加者は防寒着に身を包み、スノーシューを履いて約3kmのコースを2時間半かけて踏破したという。

 「厳冬期の知床五湖エコツアー」は、知床斜里町観光協会などが設立した協議会が企画し、22日開催分から募集を始めたが、暴風雪などでこの日が初日となったのだそうだ。
 結氷した湖面を歩き、雪に覆われた原生林などを見られるのが魅力で、この日は雪面にキタキツネの足跡なども見つかったという。

 知床では、今季、これまで冬季通行止めだった五湖の入り口につながる道道が試験的に除雪され、体力に自信のない人でも参加しやすくなったそうだ。
 それでも、私は「雪道を3km」と言われたら「ごめんなさい、体力的に無理です」と思わず謝りたくなるけれど、きっと冬の知床を楽しむ人も多いのだろうなと思ったのだった。

 私が読んだ記事はこちら。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015.01.13

「網走で「流氷初日」 オホーツク海を急速に南下 平年より9日早く」の記事を読む

 「網走で「流氷初日」 オホーツク海を急速に南下 平年より9日早く」という記事を読んだ。

 2015年1月12日、網走地方気象台は、網走市からオホーツク海の流氷が肉眼で見える「流氷初日」を迎えたと発表したそうだ。平年並みだった昨年より9日早いという。

 気象台によると、8時半ごろ、網走市沖約20kmの海上に量は少ないが流氷が確認できたそうだ。昨年末から冬型の気圧配置が続いたことで北寄りの風が強まり、流氷の南下が急激に進んだという。

 流氷が接岸して船舶が航行できなくなる「流氷接岸初日」は、平年では2月2日ごろだそうだ。

 今年の流氷は面積が少ないというニュースも見たけれど、こういうニュースを見ると、リベンジに行ってみようかという気持ちになってしまう。

 私が読んだ記事はこちら。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014.12.26

「オホーツクの流氷、平年並みか小さめ 札幌管区気象台が予報」の記事を読む

 「オホーツクの流氷、平年並みか小さめ 札幌管区気象台が予報」という記事を読んだ。

 2014年12月25日、札幌管区気象台は、オホーツク海の流氷の長期的な動向を知らせる今季初の北海道地方海氷情報を発表し、陸上から流氷を肉眼で観察できる「流氷初日」は、網走市で平年並みの1月中旬~下旬となりそうだという。

 気象台によると、20日現在、流氷はほぼ平年通りにサハリン東岸から南下し面積は平年の88%で、南端は網走市の北約450kmの海上にあるそうだ。
 今後、1カ月は北寄りの風に吹かれて北海道に接近するが、オホーツク海上空の気温が平年並みか高めに推移するため、流氷の面積は平年並みか平年より小さくなる見込みだという。

 知床の流氷もいつかリベンジしたいことの一つだ。

 私が読んだ記事はこちら。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014.07.17

「羅臼天然コンブ 霧中の初水揚げ 「流氷の影響それほどない」」の記事を読む

 「羅臼天然コンブ 霧中の初水揚げ 「流氷の影響それほどない」」という記事を読んだ。

 2014年7月15日、天然物の羅臼コンブ漁が根室管内羅臼町の一部で解禁されたそうだ。霧が立ちこめる中、出漁した205隻が舟いっぱいにコンブを積み込んだという

 今年は流氷が大型連休まで居座り、コンブの生育が心配されたが、知床半島の南半分は着生量や厚みもまずまずで先行解禁されたのだそうだ。

 漁業者はコンブがよく繁茂している漁場を探して5時前から舟を浮かべ、6時に合図の笛が鳴ると、身を乗り出して箱メガネで水中をのぞき、先が二股になった「マッカ」と呼ばれる棒にコンブを巻き付けて採取したのだそうだ。9時に漁を終えて浜に戻ると、コンブの根を切って洗い、乾燥機につるす作業などで大忙しとなったという。

 同町礼文町の小倉誠一さん(56)は「心配していた流氷の影響もそれほどない。昨年は量が極端に少なかったが、今年は期待できそうだ」と話した。

 流氷が長く居座ると昆布の出来が悪くなるという話を旅行した際にお聞きした記憶があったので、まずはめでたいニュースだと思ったのだった。

 私が読んだ記事はこちら。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014.05.14

「網走、流氷終日は4月30日 平年より19日遅く」の記事を読む

 「網走、流氷終日は4月30日 平年より19日遅く」という記事を読んだ。

 2014年5月13日、網走地方気象台は、網走市で流氷が陸地から最後に見えた「流氷終日」が4月30日だったと発表したのだそうだ。これは、平年より19日遅く、昨年より28日遅い記録だという。流氷を観察できた「流氷期間」は1月21日以降の100日で、こちらは、平年より19日、昨年より19日長かったという。

 漁業等への影響をニュースで見てそちらは心配だけれど、GWの観光客にとっては、楽しい旅行になったのではないかなとちょっと羨ましく思ったのだった。

 私が読んだ記事はこちら。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

**−旅行記の入口はこちら− | *100Q | *200309ケニアのその後 | *200309ケニアの始末 | *200409ペルーのその後 | *200409ペルーの始末 | *200409ペルーの支度 | *200501正月パスの始末 | *200501正月パスの支度 | *200503オーロラの始末 | *200503オーロラ(フィンランド)の始末 | *200503オーロラ(フィンランド)の支度 | *200503フィンランドのその後 | *200506初島のその後 | *200506初島の始末 | *200506初島の支度 | *200508アイスランドのその後 | *200508アイスランドの始末 | *200508アイスランドの支度 | *200604熊野古道のその後 | *200604熊野古道の始末 | *200604熊野古道の支度 | *200608モンゴルのその後 | *200608モンゴルの始末 | *200608モンゴルの支度 | *200608修善寺のその後 | *200608修善寺の始末 | *200608修善寺の支度 | *200705山寺のその後 | *200705山寺の始末 | *200705山寺の支度 | *200706日光のその後 | *200706日光の始末 | *200706日光の支度 | *200710立山・黒部のその後 | *200710立山・黒部の始末 | *200710立山・黒部の支度 | *200712エジプトのその後 | *200712エジプトの始末 | *200712エジプトの支度 | *200802伊勢志摩のその後 | *200802伊勢志摩の始末 | *200802伊勢志摩の支度 | *200805伊豆断食の始末 | *200805伊豆断食の支度 | *200805伊豆高原のその後 | *200808箱根のその後 | *200808箱根の始末 | *200808箱根の支度 | *200809オーロラ(ホワイトホース)の始末 | *200809オーロラ(ホワイトホース)の支度 | *200809カナダのその後 | *200902香港のその後 | *200902香港の始末 | *200902香港の支度 | *200903ハトヤホテルの始末 | *200903ハトヤホテルの支度 | *200906奥日光のその後 | *200906奥日光の始末 | *200906奥日光の支度 | *200907裏磐梯のその後 | *200907裏磐梯の始末 | *200907裏磐梯の支度 | *200908ベネズエラのその後 | *200908ベネズエラの始末 | *200908ベネズエラの支度 | *200911袋田の滝のその後 | *200911袋田の滝の始末 | *200911袋田の滝の支度 | *201001河口湖のその後 | *201001河口湖の始末 | *201001河口湖の支度 | *201002京都のその後 | *201002永平寺と京都の始末 | *201002永平寺と京都の支度 | *201002永平寺のその後 | *201005熱海のその後 | *201005熱海の始末 | *201005熱海の支度 | *201005箱根の始末 | *201005箱根の支度 | *201008奥日光の始末 | *201008奥日光の支度 | *201009ヨルダンとエジプトの始末 | *201009ヨルダンとエジプトの支度 | *201009ヨルダンのその後 | *201011日本平の始末 | *201102知床流氷のその後 | *201102知床流氷の始末 | *201102知床流氷の支度 | *201108白馬のその後 | *201108白馬の始末 | *201108白馬の支度 | *201109ウズベキスタンのその後 | *201109ウズベキスタンの始末 | *201109ウズベキスタンの支度 | *201110奥鬼怒の始末 | *201110奥鬼怒の支度 | *201111鹿児島のその後 | *201111鹿児島の始末 | *201111鹿児島の支度 | *201112千倉のその後 | *201112千倉の始末 | *201112千倉の支度 | *201112大阪と京都の始末 | *201112大阪と京都の支度 | *201202蔵王のその後 | *201202蔵王の始末 | *201202蔵王の支度 | *201203オーロラ(イエローナイフ)の始末 | *201203オーロラ(イエローナイフ)の支度 | *201205ひたちなかの始末 | *201205ひたちなかの支度 | *201205姥湯温泉の始末 | *201205姥湯温泉の支度 | *201207月山・鳥海山の始末 | *201207月山・鳥海山の支度 | *201208甲府の始末 | *201208甲府の支度 | *201212グアテマラのその後 | *201212ホンジュラスのその後 | *201212メキシコのその後 | *201212中米3ヶ国の始末 | *201212中米3ヶ国の支度 | *201302河津のその後 | *201302河津の始末 | *201302河津の支度 | *201303スパリゾートハワイアンズのその後 | *201303スパリゾートハワイアンズの始末 | *201303スパリゾートハワイアンズの支度 | *201304吉野山のその後 | *201304吉野山の始末 | *201304吉野山の支度 | *201306ハイダ・グアイ(カナダ)の始末 | *201306ハイダ・グアイ(カナダ)の支度 | *201307白馬の始末 | *201307白馬の支度 | *201310台湾のその後 | *201310台湾の始末 | *201310台湾の支度 | *201311那須のその後 | *201311那須の始末 | *201311那須の支度 | *201404三春のその後 | *201404三春の始末 | *201404三春の支度 | *201406勝浦のその後 | *201406勝浦の始末 | *201406勝浦の支度 | *201407奥日光の始末 | *201407奥日光の支度 | *201408ベトナムのその後 | *201408香港&クルーズの始末 | *201408香港&クルーズの支度 | *201410北斗星のその後 | *201410北斗星の始末 | *201410北斗星の支度 | *201501西伊豆の始末 | *201501西伊豆の支度 | *201503村杉温泉の始末 | *201503村杉温泉の支度 | *201505尾瀬のその後 | *201505尾瀬の始末 | *201505尾瀬の支度 | *201505熱海の始末 | *201505熱海の支度 | *201508カムチャツカのその後 | *201508カムチャツカの始末 | *201508カムチャツカの支度 | *201508能登のその後 | *201508能登の始末 | *201508能登の支度 | *201602草津温泉のその後 | *201602草津温泉の始末 | *201602草津温泉の支度 | *201603八重山のその後 | *201603八重山の始末 | *201603八重山の支度 | *201605秩父の始末 | *201605秩父の支度 | *201605高尾山の始末 | *201605高尾山の支度 | *201608スリランカのその後 | *201608スリランカの始末 | *201608スリランカの支度 | *201611京都の始末 | *201611京都の支度 | *201703鬼怒川温泉の始末 | *201703鬼怒川温泉の支度 | *201704ひたちなかの始末 | *201704京都の始末 | *201704京都の支度 | *旅の支度(国内) | *旅の支度(海外) | *試験の始末 | *試験の支度 | おすすめサイト | ウェブログ・ココログ関連 | グルメ・クッキング | ニュース | パソコン・インターネット | 学問・資格 | 心と体 | 携帯・デジカメ | 文化・芸術 | 旅行・地域 | 映画・テレビ | 書籍・雑誌 | 趣味 | 音楽