2012.05.29

蔵王旅行記の入口を作る

樹氷 ここは蔵王旅行記への入口である。
 以下の日程の日付部分をクリックすると、その日の旅行記に飛べるようになっている。

 1日目 2012年2月19日(日曜日)

 2日目 2012年2月20日(月曜日)


 持ち物リスト(蔵王編)

 この1泊2日の旅行にかかった費用は、一人分約36000円だった。ここには、ツアー代、食事代、おやつ代、滑り止めの購入費が含まれているが、お土産代は含まれていない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

蔵王旅行記2日目

2012年2月20日(月曜日)

日の出 朝6時くらいに目が覚めて、窓の外を見るとちょうど日の出の時刻だった。
 空が真っ赤に染まっている。今日はいいお天気らしい。
 20分くらいにわたる日の出ショーを満喫した後、朝風呂に行った。昨夜の混雑が嘘のような静かな大浴場である。考えてみたら、今回のツアー84名のうち、第1号車の42名は出発が私たちよりずっと早い9時なので、朝風呂に行く時間帯も違ったのだろう。
 
朝食 旅先で和食も洋食もあるビュッフェの朝食の場合、実は和食メニューが充実していることが多いような気がするけれど、母も私も洋食を選んでしまう。
 今朝も、洋食メニューである。
 昼食の時間が割と早いことは前日のうちに案内があったので、これでも抑えめにしたつもりである。
 ホテル内の売店でお土産を見たり、友人に絵はがきを書いたり(ホテル前のポストに投函できた)、出発の10時30分までのんびりした。

蔵王連峰(推定) 出発時刻にはこんな青空の下にあった(推定)蔵王連峰に心なしか雲がかかりつつあるような気がする中、バスは蔵王酪農センターに向かった。
 そういえば、バスの座席は1日目と2日目で違う席が指定された。
 新幹線の席もやはり指定で、その辺りは添乗員さんが案配しているようだ。新幹線の席が離れてしまったグループの方には少し良いバスの席(もっとも、私にはバスの席のうちどこが「いい」のかよく判らないのだけれど)を案内するなど、細かく気が使われているらしい。それでも「不公平ではないか。」と訴える方もいらして、添乗員さんは大変だと思う。

 蔵王酪農センターでは、お土産を購入した。
 事前にバスガイドさんから「クリームチーズの試食用にクラッカーも置いてありますが、クラッカーをたくさんにするとあっという間にお腹が一杯になります。」という注意があった。確かに、プレーンにさくらんぼ、バニラやブルーベリーなど、様々に味と香りをつけた塗る用クリームチーズがたくさん並んでいる。
 クラッカー控え目を心がけた試食の結果、プレーンとガーリック、ラフランスを購入した。
 その他、今日のおやつ用にチーズ餅やスティックのチーズケーキも購入する。朝ごはんを食べたばかりだというのに、凄い勢いだ。

いも煮の昼食 そのままバスはみやぎ蔵王に向かった。
 お腹は空いていないけれど、13時のワイルドモンスター号に乗車する都合上、11時30分には蔵王山のそばやでいも煮の昼食である。
 炊き込みごはんと芋煮の定食は、素朴な味で美味しかった。
 腹ごなしも兼ねて周辺(といっても特に何もないけれど)をお散歩し、バスですみかわスノーパークに移動した。

 長靴を借りようか迷ってスタッフの方にお聞きしたところ、母と私の履いていた靴で大丈夫と言われたので、滑り止めだけ装着した。
 また、雪上車は暖房が効いているけれど、上に行って外に出るとマイナス10度にもなるという話なので、昨夜と同じに着込んで防寒対策を取る。行き帰りの道中にも目的地にもお手洗いはないので、もちろん済ませておくことも重要だ。

ワイルドモンスター号 雪上車「ワイルドモンスター号」が列を作って戻ってくる。こちらには、同じツアーのバス1号車の方々も乗っている。
 この雪上車はスキー場のゲレンデを堂々と上り下りしている。
 乗ってみると、ちょっとガソリン臭い。乗り心地はいいとは言えない、という感じだ。真ん中の2段が少し高めになっていてそれぞれ窓の外を向いている。一段低い窓際にも椅子(というかベンチ)があるという感じだ。

 スノーモービルに導かれ、カンカンと鳴る警告音をお供にして、ワイルドモンスター号は出発した。
 途中、「樹氷の家」も窓越しに見ることができた。アオモリトドマツという木に雪が降り積もり、すると下の方の絵だが垂れ下がってくる。その垂れ下がった枝にさらに雪が積もると、ちょうどその枝を骨格にした、すっぽりと雪に覆われた空間が木の根元にできることになる。それが、樹氷の家だ。
 大きなものになると、大人が10人入れるらしい。
 夜にはこの「樹氷の家」をライトアップし、それを見にこの雪上車で上ってくるというツアーもあるそうだ。

 気のせいかどんどん曇ってきてないか? ガスってきていないか? だったらここで雪上車を止めて外に出してくれー!
 そう思ってももちろん雪上車は止まったりはしない。
 少し広くなってUターンが出来るような場所があり、多分、乗車後1時間くらいで到着した。
 早速、外に飛び出す。ここの滞在時間は15分ととても短い。

樹氷樹氷

 凄い。

 実は、肉眼ではこれよりも真っ白に見えていたのだけれど、ドライバーの方が「写真を撮っておきな。こんなに見えていることは珍しいよ。黒っぽい辺りをバックに撮れば結構写っているから。」と教えてくださった。
 そう言われたら、もちろんシャッターを押すしかないだろう。

 樹氷は日本ではこの蔵王と、後は八甲田などの限られた地域でしか見ることができない。
 そして、蔵王でも山形側は積雪が多いので丸まっちい感じになり、宮城側は積雪が少ないのでとんがった感じになるという。

エビのしっぽ 湿った空気が蔵王の西斜面に吹き付けると、上昇気流となり水蒸気が雲粒となる。その雲粒が櫛状の形をしたアオモリトドマツの葉に衝突すると、一瞬にして氷になる。次々に雲粒が衝突し、氷の間に空気を閉じこめるため、風が吹く方向に白い氷が育って行くことになる。
 この氷は、エビの尻尾のように成長するので「エビの尻尾」と呼ばれており、雪片がエビの尻尾にぶつかると、雲粒がのりの役目をして雪片をとじこめ、樹氷が大きく成長するという仕組みだそうだ。

見納め 名残惜しいけれど15分間の滞在時間が終了し、再び雪上車に乗り込んだ。
 帰りは樹氷原を見渡せる側になる。雪上車の窓越しになるので、用意されたタオルで窓の曇りをしつこく頻繁に拭き取りつつ外を眺める。
 「ここが樹氷の限界です。」という案内のあった場所で最後のシャッターを切った。

 雪上車がスキー場に戻ったのは15時だ。
 ロッジのようなところで着込んだ防寒用の服を脱ぎ、滑り止めを取り(これがなかなかスグレモノだった)、お手洗いを済ませる。
 小腹が空いたので、午前中に買ってあったおやつのスティックチーズケーキを食べる。美味しい。

 さて、これでこのツアーもあとは帰るのみである。
 15時30分にすみかわスノーパークを出発し、途中福島の国見パーキングエリアで1回休憩を取り、17時30分過ぎに福島駅に到着した。
 18時40分の新幹線なので、駅で夕食を食べても良かったけれどちょっと忙しない。おやつのチーズケーキが結構効いていたので、車中で食べることに決めた・駅ビルの中にあったスーパーマーケットの鮮魚コーナーで鮪尽くしのお寿司を買い求める。

 18時30分に再集合がかかって皆で新幹線に乗り込み、母と私は乗り込んで動き出すなりお寿司のパックを開いた。意外とお腹が空いていて、ぱくぱく食べられる。
 1泊2日の蔵王旅行は無事に終了した。

 蔵王旅行記1日目 <-

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012.05.27

蔵王旅行記1日目

2012年2月19日(日曜日)

 2年越しか3年越しか、母とずっと「蔵王に樹氷を見に行きたい。」と言っていた。
 今年になってやっと実現である。某K社のツアーに参加したところ、福島までの往復は新幹線、そこから先はバスの旅となった。
 東京駅から新幹線に乗る場合は事前に集合する必要がある。上野駅で合流する場合は、新幹線の座席番号を事前に電話で知らせてもらい、「座席でお待ちしています。」というやり方だった。乗車券も指定券も手元にないので、入場券で新幹線改札口を通ることになるけれど、こちらの方が有り難い。

 8時30分過ぎに上野駅に到着した。新幹線の発車時刻よりも1時間近く早く行ったのは、上野駅の新幹線ホームが地下深いところにあって行くのが大変なのと、昼食はバスの中になるので事前に注文するか、持参するかしてくださいという案内があったため、上野駅で購入しようと思ったからだ。
 バス車内での食べやすさに重視して、海苔巻きとお稲荷さんを購入した。
 そして、何だかあまりにも寒かったので、構内のユニクロで安売りしていたフリースを購入した。

新幹線車内から 新幹線の乗車口で添乗員さんから乗車券と指定席券を渡され、席に着いた。
 私はすっかり忘れていたけれど、そういえば事前に滑り止めの購入をお願いしていて、添乗員さんが早速座席まで持ってきてくれた。靴の上に履くというか被せるゴム製の滑り止めである。
 今回のツアーは人気で、バスを2台にして催行したそうだ。総勢84人と聞いて驚く。週末ではなく日曜出発だというのに驚きだ。この大人数なので福島駅でトイレタイムはお取りできません、新幹線車内で済ませておいてくださいと言われた。
 何だか小腹が空いてきて、でもお昼ごはんにはいかにも早すぎるので、母が持っていたドーナツをもらって食べた。こうしたおやつは持って行くと食べないし、持っていないと食べたくなる。

大雪 2時間ほどで新幹線は福島駅に到着し、バスに乗り換えた。私たちの席は2号車の最後尾で、周りの方々とお話すると「キャンセル待ちで。」とおっしゃる方が多い。概ね申込み順で席を割り振ってあるようだ。
 11時40分、バスは山形に向けて出発した。
 早速、お昼ごはんを広げる。
 福島駅前に雪は全くなかったけれど、バスが栗子峠に向かって進むにつれて雪が深くなり、ついでに曇天の暗さも増してくる。そして、山形県に入るといかにも「豪雪」という感じに景色が変わった。流石、山形県である。

 今回のツアーでは、本当に樹氷だけが目的だったので、樹氷を見て、長井鉄道に乗る以外、どんなコースになっているのか、どこに立ち寄るのか、全くチェックしていなかった。
 というよりも、他にはどこにも立ち寄らないと思っていたので、バスガイドさんの説明を聞いて驚いた。バスガイドさんも「時間調整です。」ときっぱり言い切っていたけれど、まず立ち寄ったのは上杉神社である。

上杉神社 大河ドラマで直江兼続が取り上げられたこともあって、上杉神社はすっかり観光名所の趣である。立ち寄る時間はなかったけれど、すぐ近くには米沢市上杉博物館もあったし、上杉景勝と直江兼続の像も建っていたし、先週まで(だったと思う)上杉雪灯籠まつりが開催されていたそうだ。壊れかけの雪灯籠が並んでいる。
 上杉神社は大正年間の火事で焼けてしまい、今のお社は再建されたものだそうだ。
 30分の見学時間だったので、まずはお参りし、社務所で御朱印をいただこうと思ったら、全くの無人で声をかけても反応がなく、いただけなかったのが残念だった。
 私がそうしている間に、駐車場前のお土産物屋さんで母はしっかりおやつを買い込んでいた。流石である。

高畠ワイナリー その後に向かったのは、高畠ワイナリーだ。ここでは試飲ができるということで、入口からショップまでの間はミニ見学コースのようになっているけれど、誰もが急ぎ足である。25分と時間が限られていたから余計だろう。
 甘口のワインをメインに扱っているらしい。辛口の試飲は端っこのカウンターにまとめられてしまっている。
 いくつか試飲させていただき、珍しく母とも意気投合して、「樹氷のしずく」と名付けられた氷結ワイン(アイスワインのことだそうだ)と、「まほろばの貴婦人」という優雅な名前の白ワインを購入して、自宅に送った。
 お手洗いも済ませると、25分はあっという間である。

長井駅 余裕をもって長井駅に到着した。15時14分発の山形鉄道フラワー長井線に乗車する。
 このツアーだけで84名の乗客がいるから、この15時14分発の電車は特別に2両編成、後ろ1両は私たちツアー客専用客車だそうだ。
 昔懐かしい硬券切符にこれまた昔懐かしい鋏を入れてもらったり、電車がしばらく来ないのをいいことに線路上で記念撮影をしたり、お土産物のコーナーを覗いたり、そんなことをしているうちに電車がやってきた。
 少し前にテレビで見たところによると、この長井鉄道は映画「スウィング・ガールズ」の舞台となったことで乗客数を伸ばし、この映画効果が薄れたらどうなるのかとかなり真剣に対策を立てたらしい。
 人を集めるべく知恵を絞り「そうだ、方言だ!」と閃いたという。
 全てのダイヤでそうしている訳ではないようだけれど、こうして観光客が多く乗車すると判明している場合は車掌さんが乗り込み、ハンドマイクというか拡声器で沿線案内をしてくれる。それが人気になって、車内販売などの売り上げもいいようだ。

雪景色雪景色

 この雪景色の何が凄いといって、電線が全くないことだ。
 車掌さんの案内で目をこらして探してみる。確かに電線も電柱もない。

 車内では「2個ずつ配ると赤字になっちゃうから。」と飴が1個ずつ配られ、黒豆茶(だったと思うけれど、色々と穀物類が混ざった健康茶のようなものだった気もする)や、イラストマップ、「黒字回復」を目指して赤と黒の2色鉛筆などが販売された。
 結構、みなさん、買うものだ。
 母がいつの間にかイラストマップを購入していて、「えー、同じ値段ならお茶でしょう!」とツッコミを入れたら、近くに座っていらしたおばさまから「そうよねぇ。」という応援が入った。母曰く「手書きのイラストが可愛かったから。」だそうだ。

おひな様 到着した荒砥駅では、駅舎内におひな様がたくさん飾られていた。町内の方々から古いおひな様も持ち寄っていただいて飾っているという。
 お膳に載った様子が何とも風情があると眺めていたら、車掌さん曰く、最初の年におひな様だけを持ち寄ってもらったら、返すときにどのおひな様がどのお宅のものか、この道具はどこのおうちのものか、判らなくなって大混乱になったという。それで、お膳に載せて持ち寄ってもらうことにしたらこれが好評だったそうだ。
 古いおひな様があるお宅ならこういうお膳も普通にあるんだろうなと思う。
 先回りしていたバスに乗って出発するとき、乗務してくださった車掌さんお二人がずっと手を振ってくださった。

 ここからバスは一路山形蔵王に向かう。
 ロープウエーで山頂を目指し、樹氷ライトアップを見るのが本日、最大にして最後のミッションである。
 バスの中で小腹が空いたので、母が先ほど購入していた「ふわまる」というお菓子をおやつにいただいた。ラフランスのクリームが入っていてなかなか美味しい。

蔵王スキー場 人心地ついたところで、山形蔵王ロープウエーにの乗り場に到着した。
 まだ17時前だから、照明は入っているものの普通にスキーをしている人がいるくらいの明るさだ。
 上は相当に寒いという話だったので、Gパンの上に綿入れのパンツを履き、ヒートテックの上にシャツとカーディガンと買ったばかりのフリースとダウンジャケットを重ねる。もこもこだ。
 もちろん、靴には買ったばかりの滑り止めを装着する。カチャカチャうるさいが仕方がない。

 ゴンドラに乗って8分、そこからロープウエーに乗り換えてやはり8分、待ち時間等もあって、上に到着したのは17時30分くらいだった。
 ゴンドラからロープウエーに乗り換えた蔵王高原駅で-10.4度、ロープウエー終点の地蔵山山頂駅で-13.4度である。フィンランドでオーロラを見たときと同じくらいの寒さだ。
 ロープウエーの窓ガラスが完全に曇ってしまう訳だと納得する。

 駅から直結のカフェは暖かいけれど、もちろん私たちの目的は樹氷である。外に出るしかない。
 もっとも、危険回避のためか、樹氷見物の私たちが歩ける範囲は非常に狭い。ロープが渡してあって、ほとんど山頂駅の周りからは外れられないようになっている。
 しかし、それも無理はないという感じがする。山頂はもの凄い風が吹きすさんでいて視界も悪く、とんでもない寒さである。寒いというよりも痛い。
 手袋は持っていたけれど油断して帽子を持っていなかった私の耳はもう痛さのあまり感覚がないくらいだ。
 でも、豪雪の山形らしい太ったモンスターたちを(寒さに耐えられる範囲で)思う存分、見ることができた。

樹氷樹氷

 しかし、しつこいようだが寒い。
 母はとっととカフェに入り、コーヒーなど飲み始めた。
 しかし、カメラ小僧の私はまだ写真を撮り足りていない。
 カフェの建物の屋上が見晴らし台になっていた。行ってみるとこの寒風の中、三脚を構えた方々が何人かいらっしゃる。
 ちょうど風が吹いて、一番手前しか見えなかった樹氷が、ほんの少しだけその奥を見せてくれた。

樹氷遠景樹氷遠景

 添乗員さんに18時くらいには山頂駅を出てくださいと言われていた。
 私はその時間ギリギリまで粘ったけれど、他にそんな方はほとんどいらっしゃらなかったらしい。蔵王高原駅からのゴンドラを3台待つ羽目になり、本当に最後の最後にツアーバスに乗り込むことになった。
 混雑しているときは30分では降りてこられないのだと胆に銘じる必要がある。反省した。
 本当に本当に寒かったけれど、でも、樹氷が見られて満足である。
 今夜の宿は宮城蔵王側にある。到着までの2時間はもちろん爆睡した。

夕食 20時20分にこの日の宿である宮城蔵王ロイヤルホテルに到着した。
 20時35分から夕食と言われ、部屋に荷物を置いて時間どおりに行くとすでに食べ始めている方が大勢いた。
 結婚式場か大会議場のような広間で、丸テーブルに椅子席、食べるのは和会席という微妙にミスマッチな雰囲気である。母はビール、私は白ワインを頼んで、空腹だったこともあり、もの凄い勢いで食べたような気がする。
 この写真に写っているお鍋の中味は、宮城山形定番の芋煮だった。

 食休みを兼ねて部屋(洋室だった)で、テレビドラマ「運命の人」を見た。
 私は最初の1〜2回でドロップアウトしてしまったけれど、母はお友達から原作本を借りたまま全く読んでいなかったこともあって、「テレビドラマを観て読んだことにして本は返さなくちゃ」という不純な動機で見続けているらしい。

 その後、22時過ぎに大浴場に行くと、ちょっとびっくりするくらい大混雑していた。
 広さは十分だけれど、カランの数が圧倒的に足りない。早く終わりそうな人の後ろに並んで待つ、みたいなことになっている。この手の争奪戦が大の苦手な私はかなりの時間ウロウロすることになった。
 露天風呂は源泉掛け流しだそうで、そう言われてみると露天の方が少しぬるっとした肌触りのお湯のように感じられた。

 -> 蔵王旅行記2日目

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012.02.27

持ち物リストを作成する(蔵王)

 実際は、珍しく出発の2日前くらいに持ち物リストを完成させ、リストに従って荷造りをしたのだけれど、すっかりこちらにアップするのを忘れていた。
 行く途中に購入したものも含め、こちらが、2012年2月19日から1泊2日で蔵王に行ったときの持ち物リスト(着て行ったものも含む)である。

 持ち物は、往復新幹線利用のツアーで、樹氷を見に行くことが目的なのでマイナス10度にも対応できることを基本に考えた。
 なのに、迷った末に「フードがあるから」と帽子を持って行かなかったのは失敗だった。どこかでイヤーマフを見つけていたら絶対に購入したと思う。

続きを読む "持ち物リストを作成する(蔵王)"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012.02.20

無事、帰宅する(蔵王)

 2012年2月19日(日)から1泊2日で母と蔵王に行って来た。
 目的は、もちろん「スキー」ではなく、「樹氷」である。母と2人ということもあり、公共交通機関は不便だろうということもあり、何より色々と手配するのが面倒だったので、ツアーに乗って行って来た。
 そうしたら、この日のツアーはバス2台84名参加! 随分と人気のコースらしい。

 1日目は、上杉神社にお参りし、高畠のワイナリーに行き、山形鉄道に乗車、その後、山形蔵王のロープウエーで樹氷のライトアップを見に行き吹雪に凍えてきた。

 2日目は、ホテルを10時30分出発というゆっくりスタートで、酪農センターでチーズを試食した後、すぐに芋煮のお昼ごはん、雪上車に揺られて樹氷原を見に行った。

 お天気は、雨女の私にしては、そしてお天気が変わりやすいという蔵王としては、まずまずというところである。

 この1泊2日の旅行にかかった費用は、一人分約36000円だった。ここには、交通費、宿泊費、食事代、おやつ代が含まれているが、お土産代は含まれていない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

蔵王旅行記2日目(引っ越しました)

*****

 蔵王旅行記は引っ越しました。
 以下のリンクからご覧ください。

*****

 1日目 2012年2月19日(日曜日)

 2日目 2012年2月20日(月曜日)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012.02.19

蔵王旅行記1日目(引っ越しました)

*****

 蔵王旅行記は引っ越しました。
 以下のリンクからご覧ください。

*****

 1日目 2012年2月19日(日曜日)

 2日目 2012年2月20日(月曜日)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

その他のカテゴリー

**−旅行記の入口はこちら− | *100Q | *200309ケニアのその後 | *200309ケニアの始末 | *200409ペルーのその後 | *200409ペルーの始末 | *200409ペルーの支度 | *200501正月パスの始末 | *200501正月パスの支度 | *200503オーロラの始末 | *200503オーロラ(フィンランド)の始末 | *200503オーロラ(フィンランド)の支度 | *200503フィンランドのその後 | *200506初島のその後 | *200506初島の始末 | *200506初島の支度 | *200508アイスランドのその後 | *200508アイスランドの始末 | *200508アイスランドの支度 | *200604熊野古道のその後 | *200604熊野古道の始末 | *200604熊野古道の支度 | *200608モンゴルのその後 | *200608モンゴルの始末 | *200608モンゴルの支度 | *200608修善寺のその後 | *200608修善寺の始末 | *200608修善寺の支度 | *200705山寺のその後 | *200705山寺の始末 | *200705山寺の支度 | *200706日光のその後 | *200706日光の始末 | *200706日光の支度 | *200710立山・黒部のその後 | *200710立山・黒部の始末 | *200710立山・黒部の支度 | *200712エジプトのその後 | *200712エジプトの始末 | *200712エジプトの支度 | *200802伊勢志摩のその後 | *200802伊勢志摩の始末 | *200802伊勢志摩の支度 | *200805伊豆断食の始末 | *200805伊豆断食の支度 | *200805伊豆高原のその後 | *200808箱根のその後 | *200808箱根の始末 | *200808箱根の支度 | *200809オーロラ(ホワイトホース)の始末 | *200809オーロラ(ホワイトホース)の支度 | *200809カナダのその後 | *200902香港のその後 | *200902香港の始末 | *200902香港の支度 | *200903ハトヤホテルの始末 | *200903ハトヤホテルの支度 | *200906奥日光のその後 | *200906奥日光の始末 | *200906奥日光の支度 | *200907裏磐梯のその後 | *200907裏磐梯の始末 | *200907裏磐梯の支度 | *200908ベネズエラのその後 | *200908ベネズエラの始末 | *200908ベネズエラの支度 | *200911袋田の滝のその後 | *200911袋田の滝の始末 | *200911袋田の滝の支度 | *201001河口湖のその後 | *201001河口湖の始末 | *201001河口湖の支度 | *201002京都のその後 | *201002永平寺と京都の始末 | *201002永平寺と京都の支度 | *201002永平寺のその後 | *201005熱海のその後 | *201005熱海の始末 | *201005熱海の支度 | *201005箱根の始末 | *201005箱根の支度 | *201008奥日光の始末 | *201008奥日光の支度 | *201009ヨルダンとエジプトの始末 | *201009ヨルダンとエジプトの支度 | *201009ヨルダンのその後 | *201011日本平の始末 | *201102知床流氷のその後 | *201102知床流氷の始末 | *201102知床流氷の支度 | *201108白馬のその後 | *201108白馬の始末 | *201108白馬の支度 | *201109ウズベキスタンのその後 | *201109ウズベキスタンの始末 | *201109ウズベキスタンの支度 | *201110奥鬼怒の始末 | *201110奥鬼怒の支度 | *201111鹿児島のその後 | *201111鹿児島の始末 | *201111鹿児島の支度 | *201112千倉のその後 | *201112千倉の始末 | *201112千倉の支度 | *201112大阪と京都の始末 | *201112大阪と京都の支度 | *201202蔵王のその後 | *201202蔵王の始末 | *201202蔵王の支度 | *201203オーロラ(イエローナイフ)の始末 | *201203オーロラ(イエローナイフ)の支度 | *201205ひたちなかの始末 | *201205ひたちなかの支度 | *201205姥湯温泉の始末 | *201205姥湯温泉の支度 | *201207月山・鳥海山の始末 | *201207月山・鳥海山の支度 | *201208甲府の始末 | *201208甲府の支度 | *201212グアテマラのその後 | *201212ホンジュラスのその後 | *201212メキシコのその後 | *201212中米3ヶ国の始末 | *201212中米3ヶ国の支度 | *201302河津のその後 | *201302河津の始末 | *201302河津の支度 | *201303スパリゾートハワイアンズのその後 | *201303スパリゾートハワイアンズの始末 | *201303スパリゾートハワイアンズの支度 | *201304吉野山のその後 | *201304吉野山の始末 | *201304吉野山の支度 | *201306ハイダ・グアイ(カナダ)の始末 | *201306ハイダ・グアイ(カナダ)の支度 | *201307白馬の始末 | *201307白馬の支度 | *201310台湾のその後 | *201310台湾の始末 | *201310台湾の支度 | *201311那須のその後 | *201311那須の始末 | *201311那須の支度 | *201404三春のその後 | *201404三春の始末 | *201404三春の支度 | *201406勝浦のその後 | *201406勝浦の始末 | *201406勝浦の支度 | *201407奥日光の始末 | *201407奥日光の支度 | *201408ベトナムのその後 | *201408香港&クルーズの始末 | *201408香港&クルーズの支度 | *201410北斗星のその後 | *201410北斗星の始末 | *201410北斗星の支度 | *201501西伊豆の始末 | *201501西伊豆の支度 | *201503村杉温泉の始末 | *201503村杉温泉の支度 | *201505尾瀬のその後 | *201505尾瀬の始末 | *201505尾瀬の支度 | *201505熱海の始末 | *201505熱海の支度 | *201508カムチャツカのその後 | *201508カムチャツカの始末 | *201508カムチャツカの支度 | *201508能登のその後 | *201508能登の始末 | *201508能登の支度 | *201602草津温泉のその後 | *201602草津温泉の始末 | *201602草津温泉の支度 | *201603八重山のその後 | *201603八重山の始末 | *201603八重山の支度 | *201605秩父の始末 | *201605秩父の支度 | *201605高尾山の始末 | *201605高尾山の支度 | *201608スリランカのその後 | *201608スリランカの始末 | *201608スリランカの支度 | *201611京都の始末 | *201611京都の支度 | *旅の支度(国内) | *旅の支度(海外) | *試験の始末 | *試験の支度 | おすすめサイト | ウェブログ・ココログ関連 | グルメ・クッキング | ニュース | パソコン・インターネット | 学問・資格 | 心と体 | 携帯・デジカメ | 文化・芸術 | 旅行・地域 | 映画・テレビ | 書籍・雑誌 | 趣味 | 音楽