2012.05.07

ひたちなか日帰り旅行記を書く

ネモフィラ 2012年5月3日(木曜日)に、職場の方と4人でひたちなかに行って来た。
 日帰りだし、「旅行記」なのか、「入口は必要ないのではないか」とも思うけれど、他と合わせるために同じような形で書くことにした。

 アクアワールド大洗水族館でお魚を眺めてから、おさかな市場でお魚を食し、少し雨も弱まったところで国営ひたち海浜公園に移動してネモフィラを眺めるという旅である。

 行き帰りの特急と国営ひたち海浜公園の入場券がセットになったツアーを利用した。
 この旅行1人当たりの費用は、約8000円だった。ここには、ツアー代、その他の交通費、入場料、食事代は含まれているけれど、お土産代は含まれていない。

 ひたちなか日帰り旅行記はこちら。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012.05.06

ひたちなか日帰り旅行記

2012年5月3日(木曜日)

 日帰り旅行と単なる「お出かけ」とどこで区別をつけるのか、考えてみたら微妙な感じもありつつ、今回のひたちなか行きは、私の中では「日帰り旅行」に属する。何しろ、特急電車に乗っているのだ。
 職場の友人3人と出かけた。このメンバーで出かけるのは実は初めてである。住んでいる場所もバラバラなので、待ち合わせは特急フレッシュひたち号の中になった。
 勝田駅に9時37分に到着した。意外と近い。

 当初の予定では、このまま国営ひたち海浜公園に行き、ネモフィラを堪能してから那珂湊に移動しておさかな市場でお昼ごはんのつもりだった。
 しかし、この日は1日雨の予報だった。そして、午前中の方が強い雨が降るという。雨宿りをする場所もないままネモフィラの丘に佇んでいるのは辛かろうと、まずはアクアワールド大洗水族館に行くことになった。
 アクアワールドに行くには水戸から鹿島臨海鉄道に乗るという方法もあるけれど、私のワガママにより、ひたちなか海浜鉄道で那珂湊まで行った。駅からのバスは時間が合わず、タクシーで移動した。4人いればタクシー利用も気軽である。

ひたち海浜鉄道 JR勝田駅の1番線がひたち海浜鉄道の乗り場である。改札なしで行けてしまう。ただし、ひたち海浜鉄道ではSUICAは使えない。しかし、一旦改札を出て券売機で切符を購入するときにはSUICAも使える。複雑だ。
 そうやって券売機で切符を買った際、一つ手前の中根駅までは190円なのに、那珂湊駅までの料金がいきなり350円に跳ね上がる運賃表を目にして、何となく釈然としない思いを味わう。
 実際に乗車してみたところ、確かに駅間はそれまでよりも長かったような気がする。それにしても倍近い金額になるほどではないように思えた。

 那珂湊駅で水族館の入園券を購入すると1割引になる。この入場券を購入してからタクシーに乗り、10時前にアクアワールド大洗水族館に到着した。
 そして、驚いた。
 まだ10時前なのに、もの凄い人出である。やはりみな、考えることは同じらしい。特に小さい子供を連れたファミリー層が目立つ。館内はフラッシュ禁止の箇所はいくつかあるものの基本的に撮影OKで、子供たちが普通にカメラ(ゲームをやらない私の勝手な推測によるとゲーム機にカメラ機能が付いているのじゃないかと思う)を構え、写真をバシバシ撮っている。親の方はもちろんビデオである。
 私の子供の頃とは時代が違うのだなとしみじみした。

くらげ 館内は九つのゾーンに分かれている。私たちも順路に沿って見て行くことにした。
 館内は照明を抑え気味にしてあるし、うっかりすると連れを見失ってしまうような混雑振りである。そして、写真を撮るのもなかなか難しい。
 何枚か撮った中で、とりあえず一番格好良く撮れていたのが、このくらげの写真だった。
 クラゲの一部が七色に光っているように見えるのはカメラのせいではなく、実物がこのように光を発していて、意外に心惹かれる眺めだった。

 この水族館はかなり規模も大きいし、魚もたくさんの種類がいる。
 バックヤードを一部見られるようになっていたり、バックヤード見学のツアーがあったり、餌付けの様子を見せてくれたり(この日はあまりにも混雑しているので混乱防止のために中止というアナウンスが入った)、定番のアシカやイルカのショーもあるようだし、最近の水族館は楽しいなと思う。
 水族館に来たのは一体何年振りだろう。
 ラッコの暮らす深い水槽を上の階と下の階と両方から見られるようにして、水中での様子と岩上での様子を両方見せてくれたりもする。
 銀色の小魚が群れをなして泳いでいるところに、同じ水槽にいるエイやサメが突っ込んでいくと、モーゼの十戒さながらで群れが二つに割れる様子を見ることもできた。

マンボウ そして、マンボウの水槽もなかなか楽しかった。
 真正面から見たマンボウほどマヌケな感じの動物はなかなかいない。
 水槽も大きいけれど、その大きい水槽にかなり大きなマンボウが何頭もいる(と書いてしまったけれど、果たしてマンボウはどう数えるのだろう)。壁に激突しないように壁の内側にはネットが張られているのに、せっかくの心遣いもどこへやらで、この2頭は決してキスをしている訳ではなく、お互いに好き勝手な方向に泳ぎ、見事に衝突していた。

 たっぷり2時間、アクアワールドを満喫した。
 この水族館は本当に海際に建てられていて、外に出ればすぐに潮の匂いがするし、この日は窓から荒れに荒れた太平洋を見ることができた。
 天気が良かったら、青い海と青い空、とても気持ちのいい眺めを楽しめそうだ。
 雨が降っていたのでパスしてしまったけれど、カピパラなどは屋外にいたらしい。いつかまた来たいものである。

 タクシー乗り場にタクシーは待っていなかったので電話で呼び(もちろん、携帯電話を持たない私にはできない仕事である)、那珂湊おさかな市場(那珂湊おさかな市場加盟)那珂湊おさかな市場(ひたちなか市観光協会加盟)に向かった。
 ちなみに、実際に市場内を歩いている分には全く意識しなかったけれど、帰ってきてから調べたところ、どうやら市場内の店舗は「どこに加盟しているか」で二つに分かれているらしい。

 それぞれ好きなものを好きなだけ食べましょうと(差配してくれた方の気配りが見事である)ヤマサ水産の回転寿司のお店に入った。
 かなり混雑している。回転寿司の台が3台くらい回っていそうな広い店内だけれど、名前を書いたのは何番目だっただろうか。
 12時ジャストくらいと、休日のお昼にしては少し早めに到着したこともあって、さほど待たずにカウンターに4人並んで座ることができた。しかも、お寿司がスタートする地点に非常に近い好立地である。

活タコあら汁

 席に着くまでに見えた、たくさんの方が注文していたあら汁が大きくて美味しそうだったので、こちらは店員さんに頼む。お茶とがりはセルフサービスで、いざ、回転寿司にチャレンジだ。
 どうして「チャレンジ」なのかといえば、記憶の限り、回転寿司2回目の私には、ペース配分やら選び方やら満腹がどのくらいか等々の基礎知識が備わっていないからだ。
 そしてまた、こちらの回転寿司はネタが大きい。
 食べたいものを食べたいように食べていたら、4皿半でお腹いっぱいになってしまった。
 どうして回転寿司は1皿に二つ乗ってくるのだろう。本当に恨めしい。

 私が食べた4皿半は、焼きサーモン、鰹、ぼたん海老(すでにお腹が苦しくなってきていたので、これはシェアした)、活タコ、金時鯛である。
 本当に美味しかった。満足である。また来たい。
 食べた後で市場をぶらぶらして、金目鯛の開き等々がとても美味しそうだったけれど、この後ひたち海浜公園に行くし、自分はお腹が一杯だしでお買物をしなかったのは勿体なかった。

 那珂湊駅までのんびり戻ったらちょうど阿字ヶ浦行きの電車が出たところだったので、再びタクシーに乗り込んで国営ひたち海浜公園に向かった。
 どれくらい走ったか、この辺りはとにかく道が広くて真っ直ぐである。元飛行場を公園にしたり工場を誘致したりしたそうで、さらにはドでかいアウトレットモールまでもが進出してきている。
 元飛行場だということも知らなかった私はびっくりである。

 14時前に到着し、タクシーの運転手さんから「サイクリングがいいよ。」というアドバイスをいただいたものの、今は雨は降っていないとはいえいつ降り出すか判らないような空模様である。
 今回のお出かけは往復の特急と入園券、そして園内を一周するシーサイドトレインという乗り物の1日乗車券が付いて来たのでそちらを活用し、シーサイドトレインに乗り、まず「みはらしの丘」を目指した。
 この時期にひたち海浜公園に来る目的といえばネモフィラである。
 シーサイドトレインは、雨のせいか「1週50分くらいかかります」というアナウンスが入ったけれど、実際はそんなにかかっていなかったと思う。ビニルのカーテンが下げられた窓越し、園内の様子に目をこらし、園内の案内に耳を傾け、みはらしの丘まで移動した。

ネモフィラ 結論からいうと、感想は、「晴れていたら綺麗だったろうな。」に尽きる。
 確かに現在ネモフィラは満開である。
 しかし、こうしたお花の常として、雨に打たれれば萎んでしまう。そして、さらに当然のことながら、お花は開いているときが一番綺麗だし、ネモフィラの場合、青も濃い。
 どれだけがんばっても「薄いブルーがかった緑の丘」にしか見えない。
 でも、不思議なことに、私たちがこのみはらしの丘を散策している間は、雨はほとんど落ちて来なかった。のんびり人の少ないところでみはらしの丘を散策でき、却って良かったようにも思う。

ネモフィラ タクシーの運転手さんには「相当にきついよ。」と言われ、前にここに来たことのある職場の方は「疲れて上らなかった。」と言う、由来のよく判らない鐘が丘の上に立った。
 こういうものがあれば、鳴らす。当然のことである。代わる代わる鐘の音を園内に響かせた。
 ところで、国営ひたち海浜公園、ネモフィラといえば、私の中では「青い空、青い海、青いお花」の3拍子揃った写真のイメージが強い。それが、私の記憶違いなのか、この丘を歩いても、この三つの青が揃う場所を見つけられなかったのが心残りだ。

チューリップ みはらしの丘からゲートに戻る途中、たまごの森にチューリップが咲いていた。
 綺麗である。
 一輪一輪を見ればこちらも雨に打たれていて頭が重たげだけれど、全体を見渡すとカラフルな絨毯のように広がっている。
 この辺りを歩いている頃から再び雨が降り出して来たし、足もとが土で滑りやすく水たまりもあったけれど、この綺麗さの前にはそんなことはとりあえず棚上げである。
 思わぬ写真タイムとなった。

 15時51分発のバスで勝田駅まで戻り、電車までの僅かな時間を利用して、サザコーヒーの駅前店でコーヒーを飲んだ。
 雨に打たれたし随分と冷えてしまっていたようだ。温かいカプチーノがとても美味しい。イッタラのムーミンシリーズのマグカップで出してくれたのも嬉しかった。
 全く知らずに入ったけれど、ここはサザコーヒーの本店だったらしい。雰囲気もよく、コーヒーも美味しく、また行きたいと思わせるお店だった。

 勝田駅の改札を抜けたところで小さなお土産物屋さんが展開されていた。そこで売っていた「吉原殿中」というお菓子を私以外の3人はよく知っているらしい。説明してもらっても、どういうお菓子なのか今ひとつピンと来ない。何だか気になって、本日唯一のお土産として5本入りを購入する。
 そして、6時46分発のフレッシュひたちで家路についた。
 行きも帰りもフレッシュひたちの車内がめちゃくちゃ空いていた。

 また同じ行程で、できればネモフィラの季節の晴れた日に旅してみたいものである。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012.05.03

無事、帰宅する(ひたちなか)

 2012年5月3日(今日)、この大雨警報も出る中、職場の方々と4人で日帰りでネモフィラを見に茨城県ひたちなか市にある国営ひたち海浜公園に行って来た。

 しかし、繰り返すけれども、朝のうちは、大雨・洪水・波浪警報が出ていて、強風・雷注意報も出ていたのだ。
 ひたち海浜公園で1日のんびりタップリ過ごすという当初の計画は変更し、午前中は大洗アクアワールドに行き、その後、那珂湊のおさかな市場で美味しいお寿司のお昼ごはんを食べ、雨も小降りになるだろう午後にネモフィラを見に行くという計画に変更した。

 雨には降られた。
 けれども、雨の割には、けっこう上手く回れたのではないかと思う。充実した1日になった。

 この日帰り旅行にかかった費用は、一人分約10000円だった。ここには、交通費、食事代、入場料が含まれているが、お土産代は含まれていない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

その他のカテゴリー

**−旅行記の入口はこちら− | *100Q | *200309ケニアのその後 | *200309ケニアの始末 | *200409ペルーのその後 | *200409ペルーの始末 | *200409ペルーの支度 | *200501正月パスの始末 | *200501正月パスの支度 | *200503オーロラの始末 | *200503オーロラ(フィンランド)の始末 | *200503オーロラ(フィンランド)の支度 | *200503フィンランドのその後 | *200506初島のその後 | *200506初島の始末 | *200506初島の支度 | *200508アイスランドのその後 | *200508アイスランドの始末 | *200508アイスランドの支度 | *200604熊野古道のその後 | *200604熊野古道の始末 | *200604熊野古道の支度 | *200608モンゴルのその後 | *200608モンゴルの始末 | *200608モンゴルの支度 | *200608修善寺のその後 | *200608修善寺の始末 | *200608修善寺の支度 | *200705山寺のその後 | *200705山寺の始末 | *200705山寺の支度 | *200706日光のその後 | *200706日光の始末 | *200706日光の支度 | *200710立山・黒部のその後 | *200710立山・黒部の始末 | *200710立山・黒部の支度 | *200712エジプトのその後 | *200712エジプトの始末 | *200712エジプトの支度 | *200802伊勢志摩のその後 | *200802伊勢志摩の始末 | *200802伊勢志摩の支度 | *200805伊豆断食の始末 | *200805伊豆断食の支度 | *200805伊豆高原のその後 | *200808箱根のその後 | *200808箱根の始末 | *200808箱根の支度 | *200809オーロラ(ホワイトホース)の始末 | *200809オーロラ(ホワイトホース)の支度 | *200809カナダのその後 | *200902香港のその後 | *200902香港の始末 | *200902香港の支度 | *200903ハトヤホテルの始末 | *200903ハトヤホテルの支度 | *200906奥日光のその後 | *200906奥日光の始末 | *200906奥日光の支度 | *200907裏磐梯のその後 | *200907裏磐梯の始末 | *200907裏磐梯の支度 | *200908ベネズエラのその後 | *200908ベネズエラの始末 | *200908ベネズエラの支度 | *200911袋田の滝のその後 | *200911袋田の滝の始末 | *200911袋田の滝の支度 | *201001河口湖のその後 | *201001河口湖の始末 | *201001河口湖の支度 | *201002京都のその後 | *201002永平寺と京都の始末 | *201002永平寺と京都の支度 | *201002永平寺のその後 | *201005熱海のその後 | *201005熱海の始末 | *201005熱海の支度 | *201005箱根の始末 | *201005箱根の支度 | *201008奥日光の始末 | *201008奥日光の支度 | *201009ヨルダンとエジプトの始末 | *201009ヨルダンとエジプトの支度 | *201009ヨルダンのその後 | *201011日本平の始末 | *201102知床流氷のその後 | *201102知床流氷の始末 | *201102知床流氷の支度 | *201108白馬のその後 | *201108白馬の始末 | *201108白馬の支度 | *201109ウズベキスタンのその後 | *201109ウズベキスタンの始末 | *201109ウズベキスタンの支度 | *201110奥鬼怒のその後 | *201110奥鬼怒の始末 | *201110奥鬼怒の支度 | *201111鹿児島のその後 | *201111鹿児島の始末 | *201111鹿児島の支度 | *201112千倉のその後 | *201112千倉の始末 | *201112千倉の支度 | *201112大阪と京都の始末 | *201112大阪と京都の支度 | *201202蔵王のその後 | *201202蔵王の始末 | *201202蔵王の支度 | *201203オーロラ(イエローナイフ)の始末 | *201203オーロラ(イエローナイフ)の支度 | *201205ひたちなかの始末 | *201205ひたちなかの支度 | *201205姥湯温泉の始末 | *201205姥湯温泉の支度 | *201207月山・鳥海山の始末 | *201207月山・鳥海山の支度 | *201208甲府の始末 | *201208甲府の支度 | *201212グアテマラのその後 | *201212ホンジュラスのその後 | *201212メキシコのその後 | *201212中米3ヶ国の始末 | *201212中米3ヶ国の支度 | *201302河津のその後 | *201302河津の始末 | *201302河津の支度 | *201303スパリゾートハワイアンズのその後 | *201303スパリゾートハワイアンズの始末 | *201303スパリゾートハワイアンズの支度 | *201304吉野山のその後 | *201304吉野山の始末 | *201304吉野山の支度 | *201306ハイダ・グアイ(カナダ)の始末 | *201306ハイダ・グアイ(カナダ)の支度 | *201307白馬の始末 | *201307白馬の支度 | *201310台湾のその後 | *201310台湾の始末 | *201310台湾の支度 | *201311那須のその後 | *201311那須の始末 | *201311那須の支度 | *201404三春のその後 | *201404三春の始末 | *201404三春の支度 | *201406勝浦のその後 | *201406勝浦の始末 | *201406勝浦の支度 | *201407奥日光の始末 | *201407奥日光の支度 | *201408ベトナムのその後 | *201408香港&クルーズの始末 | *201408香港&クルーズの支度 | *201410北斗星のその後 | *201410北斗星の始末 | *201410北斗星の支度 | *201501西伊豆の始末 | *201501西伊豆の支度 | *201503村杉温泉の始末 | *201503村杉温泉の支度 | *201505尾瀬のその後 | *201505尾瀬の始末 | *201505尾瀬の支度 | *201505熱海の始末 | *201505熱海の支度 | *201508カムチャツカのその後 | *201508カムチャツカの始末 | *201508カムチャツカの支度 | *201508能登のその後 | *201508能登の始末 | *201508能登の支度 | *201602草津温泉のその後 | *201602草津温泉の始末 | *201602草津温泉の支度 | *201603八重山のその後 | *201603八重山の始末 | *201603八重山の支度 | *201605秩父の始末 | *201605秩父の支度 | *201605高尾山の始末 | *201605高尾山の支度 | *旅の支度(国内) | *旅の支度(海外) | *試験の始末 | *試験の支度 | おすすめサイト | ウェブログ・ココログ関連 | グルメ・クッキング | ニュース | パソコン・インターネット | 学問・資格 | 心と体 | 携帯・デジカメ | 文化・芸術 | 旅行・地域 | 映画・テレビ | 書籍・雑誌 | 趣味 | 音楽