2012.04.24

宿から確認の電話が入る(姥湯温泉)

 私は出ることができなかったのだけれど、今日(2012年4月24日)、予約した姥湯温泉枡形屋から自宅あてに、宿泊確認の電話が入った。
 なるほど、宿に直接電話して予約をするとこういう仕組みになっているのか、とちょっと安心したのだった。
 多分、今回、私は初めて宿に直接電話をかけて予約して宿泊するという旅行をするのだと思う。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012.04.23

帰りの足を確保する(姥湯温泉)

 姥湯温泉旅行の2日目は、置賜さくら回廊を巡る観光バスに乗ることにした。
 しかし、ゴールデンウィークで、しかも桜がちょうど見頃になるらしい。観光バスが時間通りに赤湯駅に戻ってこられるかどうかはかなり怪しいと思われる。
 そして、座席数の関係なのか、本数の関係なのか、私のイメージでは山形新幹線はとても混雑するのだ。

 赤湯駅から乗車するので始発ではもちろんないし、ゴールデンウィーク中であるし、指定席を取って置きたい。
 しかし、何時の電車を押さえておけばいいのか、今ひとつ確信が持てない。
 そうこうするうちにどんどん指定席が埋まり始めたので、ここはとりあえず、19時12分発のつばさを押さえることにした。観光バスの赤湯駅到着予定時刻から2時間半もあけておけば乗り遅れることはあるまい、時間に余裕があり過ぎるようなら観光バスは赤湯駅ではなく赤湯温泉街で降車して夜桜見物と洒落てもいいか、という心算である。

 そうすると、さて、夕ごはんはどうしたものだろう。
 帰りの夕食も駅弁ということになりそうである。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012.04.18

観光バスを予約する(姥湯温泉)

 ゴールデンウィークに山形に温泉旅行に行くことが決まってから、さて2日目の予定をどうしようかと考えていた。
 何しろ、宿の最寄り駅の峠駅は、8時台の次は13時台まで電車がなく、宿のチェックアウトは10時だから、必然的に朝早いチェックアウトにならざるを得ないのだ。

 実は置賜さくら回廊で桜を見たいというのは何年か前からの(主に母の)野望で、2012年もどうも桜の開花が遅いらしいという話も聞いていた。
 でも、このさくら回廊に点在する一本桜は公共交通機関で訪ねるにはちょっと不便すぎる場所にあって、巡るには観光バスか観光タクシー、体力に自信がある場合はレンタサイクルという選択肢しかない。一般的にはレンタカーという選択肢もあるのだろうけれど、初めての場所で、初めての車に人を乗せて運転するなど私にとっては言語道断である。

 当初は4月30日までしか運行しない予定だった山交バスの置賜さくら回廊号の運行が5月5日まで延長されることが決まったのは、多分4月の13日か14日辺りだったと思う。
 ただし、この観光バスの赤湯駅発は9時10分、宿を7時50分に出発する送迎バスに乗ったとしても私たちが赤湯駅に到着できるのは9時26分なのだ。
 何とかできないかと観光バスのルートを睨みつけていて、最初の見学地が赤湯駅から徒歩15分の烏帽子山公園であり、そこで10時まで見学時間を取っていることに気がついた。タクシーで追いかければ、絶対に追いつける。

 バス会社に烏帽子山公園から乗車することができるかどうか問い合わせを出したところ、料金はそのままになるけれど可能ですという回答があった。

 一緒に行くお姉様方から半ば強引に賛同を取り付け、この観光バスに乗ることにして、山交バスのサイトから予約を入れた。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012.04.05

行きの足を確保する(姥湯温泉)

 2012年5月4日から1泊2日で山形県の姥湯温泉に行くことになっている。3月中に宿の予約も済んでいる。
 姥湯温泉の枡形屋という宿は、峠駅からバスなどの公共交通手段はなく、車で行くのでなければ送迎してもらう必要がある。送迎が13時50分峠駅発なので、その時間に合わせて行くことになる。
 最初は早めに出発して福島駅でお昼ごはんを食べようかと思っていたのだけれど、今ひとつ心惹かれるところが見つからず、だったら新幹線車内で早めのお昼にし、おやつを持って行けばいいやということになった。

 新幹線は福島駅まで乗る。
 3人で行くのだけれど、それぞれ乗車駅が東京、上野、大宮である。かつ3人並びの席が欲しかったので、えきねっとや券売機ではなく、みどりの窓口に並んだ。
 そして、窓口のお姉さんに言われて初めて気がついたのだけれど、私たちが乗ろうとしている電車は山形新幹線で、山形新幹線は2列2列という座席配置で、3人並びの席はないのだ。
 そういうことならと前後の席を取ってもらい、ついでに「こういう買い方をしたいときには窓口に並ぶしかないですか?」と聞いてみたところ、あっさりと「座席選択が可能ですから、券売機でもネットでも買えます」という返事があった。

 そうだったのか・・・。
 定期券を購入する学生さん達も多くて、実は4月初旬のみどりの窓口はけっこう並ぶ。次回以降は、この学習を活かしたい。
 
 さて、私のイメージだと山形新幹線はとても混雑する電車なので、帰りの指定席も押さえたいところだけれど、2日目のスケジュールが全く決まっていない。
 行きの状況と合わせて一緒に行くお二方に相談メールを投げているので、そのお返事を待って、さらに考えよう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012.03.18

宿を予約する(姥湯温泉)

 2011年秋に奥鬼怒温泉に行ったメンバーで、ゴールデンウィークに温泉に行こうという計画が始まった。
 そういえば、「次も秘湯の一軒宿に行きたい」とリクエストを受け、ポツポツと集めていた候補温泉がいくつかある。
 お二方ともゴールデンウィーク中はいつでもよいとおっしゃるので、候補に挙げた温泉のいくつかから、姥湯温泉の枡形屋に電話したところ、5月4日から1泊の予約を取ることができた。

 しかし、電話予約というのも不安なものである。手元に何も残らない。
 一度、5月5日から1泊で予約して、思い直して変更して貰ったので、尚更だ。大丈夫だろうか。

 最寄りの峠駅から送迎があるということなので、その時間に合わせて足を手配しなければと思っているところである。
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

その他のカテゴリー

**−旅行記の入口はこちら− *100Q *200309ケニアのその後 *200309ケニアの始末 *200409ペルーのその後 *200409ペルーの始末 *200409ペルーの支度 *200501正月パスの始末 *200501正月パスの支度 *200503オーロラ(フィンランド)の始末 *200503オーロラ(フィンランド)の支度 *200503フィンランドのその後 *200506初島のその後 *200506初島の始末 *200506初島の支度 *200508アイスランドのその後 *200508アイスランドの始末 *200508アイスランドの支度 *200604熊野古道のその後 *200604熊野古道の始末 *200604熊野古道の支度 *200608モンゴルのその後 *200608モンゴルの始末 *200608モンゴルの支度 *200608修善寺のその後 *200608修善寺の始末 *200608修善寺の支度 *200705山寺の始末 *200705山寺の支度 *200706日光の始末 *200706日光の支度 *200710立山・黒部のその後 *200710立山・黒部の始末 *200710立山・黒部の支度 *200712エジプトのその後 *200712エジプトの始末 *200712エジプトの支度 *200802伊勢志摩のその後 *200802伊勢志摩の始末 *200802伊勢志摩の支度 *200805伊豆断食の始末 *200805伊豆断食の支度 *200808箱根のその後 *200808箱根の始末 *200808箱根の支度 *200809オーロラ(ホワイトホース)の始末 *200809オーロラ(ホワイトホース)の支度 *200809カナダのその後 *200902香港のその後 *200902香港の始末 *200902香港の支度 *200903ハトヤホテルの始末 *200903ハトヤホテルの支度 *200906奥日光の始末 *200906奥日光の支度 *200907裏磐梯の始末 *200907裏磐梯の支度 *200908ベネズエラの始末 *200908ベネズエラの支度 *200911袋田の滝の始末 *200911袋田の滝の支度 *201001河口湖の始末 *201001河口湖の支度 *201002永平寺と京都の始末 *201002永平寺と京都の支度 *201002永平寺のその後 *201005熱海の始末 *201005熱海の支度 *201005箱根の始末 *201005箱根の支度 *201008奥日光の始末 *201008奥日光の支度 *201009ヨルダンとエジプトの始末 *201009ヨルダンとエジプトの支度 *201009ヨルダンのその後 *201011日本平の始末 *201102知床流氷のその後 *201102知床流氷の始末 *201102知床流氷の支度 *201108白馬の始末 *201108白馬の支度 *201109ウズベキスタンのその後 *201109ウズベキスタンの始末 *201109ウズベキスタンの支度 *201110奥鬼怒の始末 *201110奥鬼怒の支度 *201111鹿児島の始末 *201111鹿児島の支度 *201112千倉の始末 *201112千倉の支度 *201112大阪と京都の始末 *201112大阪と京都の支度 *201202蔵王の始末 *201202蔵王の支度 *201203オーロラ(イエローナイフ)の始末 *201203オーロラ(イエローナイフ)の支度 *201205ひたちなかの始末 *201205ひたちなかの支度 *201205姥湯温泉の始末 *201205姥湯温泉の支度 *201206沼津の支度 *201207月山・鳥海山の始末 *201207月山・鳥海山の支度 *201208甲府の始末 *201208甲府の支度 *201212中米3ヶ国の始末 *201212中米3ヶ国の支度 *201302河津の始末 *201302河津の支度 *201303スパリゾートハワイアンズの始末 *201303スパリゾートハワイアンズの支度 *201304吉野山の始末 *201304吉野山の支度 *201306ハイダ・グアイ(カナダ)の始末 *201306ハイダ・グアイ(カナダ)の支度 *201307白馬の始末 *201307白馬の支度 *201310台湾の始末 *201310台湾の支度 *201311那須の始末 *201311那須の支度 *201404三春の始末 *201404三春の支度 *201406勝浦の始末 *201406勝浦の支度 *201407奥日光の始末 *201407奥日光の支度 *201408香港&クルーズの始末 *201408香港&クルーズの支度 *201410北斗星の始末 *201410北斗星の支度 *201501西伊豆の始末 *201501西伊豆の支度 *201503村杉温泉の始末 *201503村杉温泉の支度 *201505尾瀬の始末 *201505尾瀬の支度 *201505熱海の始末 *201505熱海の支度 *201508カムチャツカの始末 *201508カムチャツカの支度 *201508能登の始末 *201508能登の支度 *201602草津温泉のその後 *201602草津温泉の始末 *201602草津温泉の支度 *201603八重山のその後 *201603八重山の始末 *201603八重山の支度 *201605秩父の始末 *201605秩父の支度 *201605高尾山の始末 *201605高尾山の支度 *201608スリランカの始末 *201608スリランカの支度 *201611京都の始末 *201611京都の支度 *201703鬼怒川温泉の始末 *201703鬼怒川温泉の支度 *201704ひたちなかの始末 *201704京都の始末 *201704京都の支度 *201709奥日光の始末 *201709奥日光の支度 *201710屋久島の始末 *201710屋久島の支度 *201802京都の始末 *201802京都の支度 *201804タスマニアの始末 *201804タスマニアの支度 *201808下呂温泉の始末 *201808下呂温泉の支度 *201809箱根の始末 *201809箱根の支度 *201811両崖山・天狗山の始末 *201811両崖山・天狗山の支度 *201811赤倉温泉の始末 *201811赤倉温泉の支度 *201812陣馬山の始末 *201812陣馬山の支度 *201901ニュージーランドの始末 *201901ニュージーランドの支度 *201901烏場山の始末 *201901烏場山の支度 *201902大阪の始末 *201902大阪の支度 *201905大山の始末 *201905大山の支度 *201905湯の澤鉱泉の始末 *201905湯の澤鉱泉の支度 *201906出雲の始末 *201906出雲の支度 *201908奥入瀬の始末 *201908奥入瀬の支度 *201909栃尾又温泉の始末 *201909栃尾又温泉の支度 *201911横浜の始末 *201911横浜の支度 *201912鬼怒川温泉の始末 *201912鬼怒川温泉の支度 *旅の支度(国内) *旅の支度(海外) *試験の始末 *試験の支度 おすすめサイト ウェブログ・ココログ関連 グルメ・クッキング ニュース パソコン・インターネット 学問・資格 心と体 携帯・デジカメ 文化・芸術 旅行・地域 映画・テレビ 書籍・雑誌 趣味 音楽