2016.09.10

「マヤ文明のピラミッドの下に水路発見、死者の国への通路か」の記事を読む

 「マヤ文明のピラミッドの下に水路発見、死者の国への通路か」という記事を読んだ。

 少し前のことになるけれど、2016年7月25日、メキシコの国立人類学歴史学研究所が、パレンケ遺跡にある、パカル王の墳墓がある碑銘の神殿の下に水路を発見したと発表したそうだ。この水路は、超音波探知機で発見され、小型車に搭載されたカメラが巨大な石で出来た水路の存在を確認したという。

 国立人類学歴史学研究所によると、地下水路はさまざまな水位で多方向に延びており、ピラミッドよりも「かなり以前に」建設されたものだという。
 発見当時、主要な水路にまだ水の流れがあったことから、水源は天然の湧き水の可能性もあるそうだ。
 地下水路の全長や起点となる場所は明らかになっていないという。

 パレンケの考古学専門家のアルノルド・ゴンザレス氏は、水路が給排水施設の一部であった可能性も排除していないが、古代パレンケの住民らが、パカル大王を死者の国の池へと導く通路を作るため、象徴的にこうした水路を設計した可能性も検討しなければならないとしているそうだ。

 その後、まだ続報はないようだけれど、将来的に研究が進み、実際にこの水路に潜ることができるようになったらいいなぁと思った。

 私が読んだ記事はこちら。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015.09.26

「マヤ王の石碑を発見、二大勢力の新事実が明らかに」の記事を読む

 「マヤ王の石碑を発見、二大勢力の新事実が明らかに」という記事を読んだ。

 もう1ヶ月以上前の記事に、今日になって気がついた。
 グアテマラのペテン地方西部にあるエル・アチオタル遺跡で発見された石碑の断片に「アハウ」と呼ばれる王が描かれていたそうだ。このアハウを任命したのは、遠く離れた古代都市テオティワカンからやってきた戦士シヤフ・カックで、シヤフ・カック率いる軍勢は378年にマヤ低地に現れて都市国家ティカルを支配下に置き、マヤ全土に新たな政治体制を敷いていたという。

 テュレーン大学院生のルーク・オールド=トーマス氏は、エル・アチオタル遺跡でペテン地方にマヤの都市国家が現れ始めた先古典期中期から後期(紀元前800~紀元250年)の建造物を調べていたところ、マヤが最も繁栄した古典期(250~900年)に特有の彫刻の施された石碑を発見したそうだ。

 さらに発掘を続けると、石碑の上部と下部から取られて小さな神殿の中に移された石碑の断片が見つかったという。周囲には陶器、火打ち石、人骨などが祀られ、上部の断片には、支配者の象徴であるヘビの儀仗を持つ男が彫られていたそうだ。

 米テキサス大学でマヤの古代文字を研究しているデビッド・スチュワート氏が石碑の裏に刻まれた文字を解読したところ、アハウの即位40周年を祝うために造られたものであることがわかったという。スチュワート氏は、ここに記された日付はおそらく紀元418年11月22日ではないかと推測しているそうだ。

 また、神殿で見つかった供物から、アハウが描かれた石碑の断片が、この一帯がティカルと覇権を競っていた都市国家カラクムルの支配下にあった600年~650年頃まで崇拝されていたと推定されるという。カラクムル支配下の土地でティカルの王を崇拝していたというのは、驚くべきことなのだ。

 残念ながら、これ以上の詳しいことは記事にはなかったけれど、さらなる発掘でさらなる発見があることが楽しみである。

 私が読んだ記事はこちら。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015.06.17

「マヤ文明のパカル王墓の名を解読、発掘から60年=メキシコ研究者」の記事を読む

 「マヤ文明のパカル王墓の名を解読、発掘から60年=メキシコ研究者」という記事を読んだ。

 2015年6月15日、メキシコ国立自治大学マヤ研究センターのギエルモ・ベルナル氏が古代マヤ文明のパレンケ遺跡にあるパカル王の墓に刻まれた象形文字を解読したと発表したのだそうだ。
 パカル王は、7世紀に生まれ、12歳で即位してパレンケの黄金期を築いたとされる王である。

 発表によると、60年以上前に遺跡の神殿内から発掘された墓の名前は「9つのとがった槍の家」だという。
 ギエルモ・ベルナル氏は記者会見で「戦いに関係のある名前だ」と述べ、墓の壁面に刻まれた9人の戦士によって表されている、と説明したそうだ。

 私が読んだ記事の書かれ方が、何だか気になる感じではあるのだけれど、これを機会にさらにマヤ文字の解読が進むといいと思ったのだった。

 私が読んだ記事はこちら。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015.04.26

「墨田区に移転した「たばこと塩の博物館」、4月25日オープン」の記事を読む

 「墨田区に移転した「たばこと塩の博物館」、4月25日オープン」という記事を読んだ。

 2015年4月24日、墨田区に移転した「たばこと塩の博物館」が報道陣に公開されたのだそうだ。
 オープンは、今日(4月25日)である。

 「たばこと塩の博物館」は1978年に渋谷区で開館し、たばこと塩の歴史や文化に関するテーマを中心に紹介して2012年8月には来館者数が延べ300万人を超えたが、移転のため2013年9月に休館していたという。
 新しい「たばこと塩の博物館」は、これまでの「たばこ」「塩」の常設展示室や特別展示室などが約2倍の広さに拡充され、たばこの常設展示室は「たばこ文化の発生」「世界のたばこ文化」「江戸のたばこ文化」「近現代のたばこ文化」の4カテゴリ、塩の常設展示室は「世界の塩資源」「日本の塩づくり」「塩のサイエンス」の3カテゴリで展開されているそうだ。

 現存するたばこにまつわる最古の資料であるパレンケ遺跡(メキシコ)にある「たばこを吸う神のレリーフ」の実物大模型や、ポーランドのヴィエリチカ岩塩坑で、坑夫たちに信仰されている「聖キンガ像」を再現製作した岩塩彫刻など、たばこと塩の歴史と文化を幅広く紹介しているという。

 パレンケ遺跡のあのレリーフに再会できるのは嬉しい。ぜひ行ってみたいと思っている。

 私が読んだ記事はこちら。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015.02.10

「「たばこと塩の博物館」墨田区に移転リニューアル 展示室が2倍に」の記事を読む

 「「たばこと塩の博物館」墨田区に移転リニューアル 展示室が2倍に」という記事を読んだ。

 2013年9月に休館した「たばこと塩の博物館」が、2015年4月25日にリニューアルオープンするそうだ。
 渋谷区神南から墨田区横川へ移転し、展示室スペースは約2倍の広さに拡大され、視聴覚ホールやワークショップルーム、図書閲覧室などの施設機能も充実させるという。

 墨田区横川は、浅草や両国に近接。JT生産技術センターが開設当初から立地するなど、日本のたばこ産業にとって縁のある地域とされているのだそうだ。

 たばこ常設展示室は、たばこ文化の発生、世界のたばこ文化、江戸のたばこ文化、近現代のたばこ文化の4カテゴリで構成され、国内外の喫煙具や美術工芸品といった展示点数を拡大して公開するという。
 また、たばこ文化の起源といえるマヤ文明の遺跡やメキシコのパレンケ遺跡「十字の神殿」の一部と、そこに刻まれたたばこを吸う神のレリーフを再現した実物大模型も展示されるそうだ。
 それは興味深い

 ぜひ行ってみたいと思っている。

 私が読んだ記事はこちら。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014.10.31

「古代都市の神殿で数千の遺物発見、メキシコ」の記事を読む

 「古代都市の神殿で数千の遺物発見、メキシコ」という記事を読んだ。

 2014年10月29日、考古学者のセルヒオ・ゴメス氏は、メキシコの古代都市テオティワカンの「ケツァルコアトルの神殿羽毛のある蛇の神殿の意味)」で、新たに多数の遺物を発見したと発表したのだそうだ。

 新たに発見された遺物は数千点に上り、神殿の入り口から約103mの場所で見つかったという。そのなかには、中央アメリカで最も重要とされる神「ケツァルコアトル」とともにこの神殿に祭られている水の神、「トラロック」をモチーフにした水がめや動物をモチーフにした杯、石像、彫刻が施された貝殻、翡翠でできた装飾品などが含まれているそうだ。

 前回メキシコに言ったとき、テオティワカンには行っていないので、ぜひ行ってみたいと思っている。

 私が読んだ記事はこちら。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014.10.11

「秋篠宮ご夫妻、中米訪問からご帰国」の記事を読む

 「秋篠宮ご夫妻、中米訪問からご帰国」という記事を読んだ。

 2014年10月10日、秋篠宮ご夫妻はメキシコとグアテマラへの公式訪問を終えて、成田着の民間機で帰国されたのだそうだ。
 9月30日に出発し、滞在中に両国の大統領を表敬訪問されたという。

 また、グアテマラではマヤ文明の遺跡「ティカル遺跡」を視察し、慶長遣欧使節団の訪問から400周年となるメキシコでは中南米最大の芸術祭「セルバンティノ国際芸術祭」の開会式であいさつされたそうだ。

 それにしても、皇族の訪問があっても、メキシコについてもグアテマラについても、この間、ほとんど報道されなかったなぁと、中米の遠さをしみじみと感じたのだった。

 私が読んだ記事はこちら。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014.05.13

「アエロメヒコ航空、成田/メキシコシティ間を復路もノンストップへ、2015年増便も視野」の記事を読む

 「アエロメヒコ航空、成田/メキシコシティ間を復路もノンストップへ、2015年増便も視野」という記事を読んだ。

 2014年5月8日、アエロメヒコ航空は、メキシコのカンクンで開催された「ティアンギス2014」において、メキシコシティ/成田間をノンストップ便に変更すること、2015年には同区間の増便を視野に入れていることを明らかにしたのだそうだ。
 現在、成田路線の復路にティファナ経由で給油をしているが、4月に導入したB787型機の機能的には必要がなく、一刻も早くノンストップ便に切り替えたいという。メキシコ政府の承認を待っているところで、承認を得られ次第、成田/メキシコシティを往復ノンストップとする方針だそうだ。

 また、メキシコシティ以遠で需要の高いロスカボス線では、成田からのフライトナンバーを変えずに90分以内の乗継ぐダイレクトフライトを実現したい考えで、成田便の利便性向上を目指すという。

 ティファナでの給油待ちは機内待機で、給油中はお手洗いも使えなくなるなど、結構、辛いものがあったので、ノンストップ便になるのは有り難いと思ったのだった。

 私が読んだ記事はこちら。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014.03.07

「メキシコ・パレンケ、「インテルジェット航空」パレンケへのフライト就航」の記事を読む

 「メキシコ・パレンケ、「インテルジェット航空」パレンケへのフライト就航」という記事を読んだ。

 世界文化遺産「パレンケ遺跡」があることで知られるメキシコ南東部、ユカタン半島南部の町 パレンケに、この度、空港がオープンしたことを受け、メキシコのLCC(格安航空会社)である「インテルジェット航空」が、毎週 木曜と日曜にパレンケ行きフライトを就航するのだそうだ。

 フライトスケジュールは、メキシコシティ11:00発でパレンケ12:30着と、パレンケ13:00発でメキシコシティ14:40着で、2014年3月13日から就航開始だという。

 週2便でこのスケジュールだと、メキシコシティから日帰りでパレンケにという訳には行かなさそうだ。片道は飛行機で飛んでその後は陸路というイメージだろうかなどと考えたのだった。

 私が読んだ記事はこちら。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014.02.18

「アエロメヒコ、成田線を増便、B787で週4便-以遠で新路線も」の記事を読む

 「アエロメヒコ、成田線を増便、B787で週4便-以遠で新路線も」という記事を読んだ。

 アエロメヒコ航空は、2014年4月から、成田/メキシコシティ線を週4便に増便するのだそうだ。
 現在は成田発が月、水、土曜日、メキシコシティ発が月、木、土曜日だが、成田発に日曜日、メキシコシティ発に金曜日の便を加えるという。使用機材はボーイングB787型機のままだそうだ

 また、アエロメヒコ航空は、2014年6月29日にメキシコシティ/リオデジャネイロ線の開設を計画しており、週4便の設定だという。
 これによりAMの中南米路線はハバナ、サンペドロスーラ、サンホセ、ボゴダ、グアテマラシティ、カラカス、リマ、サンパウロ、ブエノスアイレス、サンティアゴ、キトを含めて中米4都市、南米8都市となるので、中南米に行く際にアメリカ合衆国のESTA取得が面倒臭い等々の場合には選択肢として有力ではないだろうか。
 もっとも、私はメキシコシティからの戻り、ティファナでの給油の時間帯はあまり快適とはいえなかった記憶があるので、自分が選ぶかどうかはちょっと微妙である。

 私が読んだ記事はこちら。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

その他のカテゴリー

**−旅行記の入口はこちら− | *100Q | *200309ケニアのその後 | *200309ケニアの始末 | *200409ペルーのその後 | *200409ペルーの始末 | *200409ペルーの支度 | *200501正月パスの始末 | *200501正月パスの支度 | *200503オーロラの始末 | *200503オーロラ(フィンランド)の始末 | *200503オーロラ(フィンランド)の支度 | *200503フィンランドのその後 | *200506初島のその後 | *200506初島の始末 | *200506初島の支度 | *200508アイスランドのその後 | *200508アイスランドの始末 | *200508アイスランドの支度 | *200604熊野古道のその後 | *200604熊野古道の始末 | *200604熊野古道の支度 | *200608モンゴルのその後 | *200608モンゴルの始末 | *200608モンゴルの支度 | *200608修善寺のその後 | *200608修善寺の始末 | *200608修善寺の支度 | *200705山寺のその後 | *200705山寺の始末 | *200705山寺の支度 | *200706日光のその後 | *200706日光の始末 | *200706日光の支度 | *200710立山・黒部のその後 | *200710立山・黒部の始末 | *200710立山・黒部の支度 | *200712エジプトのその後 | *200712エジプトの始末 | *200712エジプトの支度 | *200802伊勢志摩のその後 | *200802伊勢志摩の始末 | *200802伊勢志摩の支度 | *200805伊豆断食の始末 | *200805伊豆断食の支度 | *200805伊豆高原のその後 | *200808箱根のその後 | *200808箱根の始末 | *200808箱根の支度 | *200809オーロラ(ホワイトホース)の始末 | *200809オーロラ(ホワイトホース)の支度 | *200809カナダのその後 | *200902香港のその後 | *200902香港の始末 | *200902香港の支度 | *200903ハトヤホテルの始末 | *200903ハトヤホテルの支度 | *200906奥日光のその後 | *200906奥日光の始末 | *200906奥日光の支度 | *200907裏磐梯のその後 | *200907裏磐梯の始末 | *200907裏磐梯の支度 | *200908ベネズエラのその後 | *200908ベネズエラの始末 | *200908ベネズエラの支度 | *200911袋田の滝のその後 | *200911袋田の滝の始末 | *200911袋田の滝の支度 | *201001河口湖のその後 | *201001河口湖の始末 | *201001河口湖の支度 | *201002京都のその後 | *201002永平寺と京都の始末 | *201002永平寺と京都の支度 | *201002永平寺のその後 | *201005熱海のその後 | *201005熱海の始末 | *201005熱海の支度 | *201005箱根の始末 | *201005箱根の支度 | *201008奥日光の始末 | *201008奥日光の支度 | *201009ヨルダンとエジプトの始末 | *201009ヨルダンとエジプトの支度 | *201009ヨルダンのその後 | *201011日本平の始末 | *201102知床流氷のその後 | *201102知床流氷の始末 | *201102知床流氷の支度 | *201108白馬のその後 | *201108白馬の始末 | *201108白馬の支度 | *201109ウズベキスタンのその後 | *201109ウズベキスタンの始末 | *201109ウズベキスタンの支度 | *201110奥鬼怒の始末 | *201110奥鬼怒の支度 | *201111鹿児島のその後 | *201111鹿児島の始末 | *201111鹿児島の支度 | *201112千倉のその後 | *201112千倉の始末 | *201112千倉の支度 | *201112大阪と京都の始末 | *201112大阪と京都の支度 | *201202蔵王のその後 | *201202蔵王の始末 | *201202蔵王の支度 | *201203オーロラ(イエローナイフ)の始末 | *201203オーロラ(イエローナイフ)の支度 | *201205ひたちなかの始末 | *201205ひたちなかの支度 | *201205姥湯温泉の始末 | *201205姥湯温泉の支度 | *201207月山・鳥海山の始末 | *201207月山・鳥海山の支度 | *201208甲府の始末 | *201208甲府の支度 | *201212グアテマラのその後 | *201212ホンジュラスのその後 | *201212メキシコのその後 | *201212中米3ヶ国の始末 | *201212中米3ヶ国の支度 | *201302河津のその後 | *201302河津の始末 | *201302河津の支度 | *201303スパリゾートハワイアンズのその後 | *201303スパリゾートハワイアンズの始末 | *201303スパリゾートハワイアンズの支度 | *201304吉野山のその後 | *201304吉野山の始末 | *201304吉野山の支度 | *201306ハイダ・グアイ(カナダ)の始末 | *201306ハイダ・グアイ(カナダ)の支度 | *201307白馬の始末 | *201307白馬の支度 | *201310台湾のその後 | *201310台湾の始末 | *201310台湾の支度 | *201311那須のその後 | *201311那須の始末 | *201311那須の支度 | *201404三春のその後 | *201404三春の始末 | *201404三春の支度 | *201406勝浦のその後 | *201406勝浦の始末 | *201406勝浦の支度 | *201407奥日光の始末 | *201407奥日光の支度 | *201408ベトナムのその後 | *201408香港&クルーズの始末 | *201408香港&クルーズの支度 | *201410北斗星のその後 | *201410北斗星の始末 | *201410北斗星の支度 | *201501西伊豆の始末 | *201501西伊豆の支度 | *201503村杉温泉の始末 | *201503村杉温泉の支度 | *201505尾瀬のその後 | *201505尾瀬の始末 | *201505尾瀬の支度 | *201505熱海の始末 | *201505熱海の支度 | *201508カムチャツカのその後 | *201508カムチャツカの始末 | *201508カムチャツカの支度 | *201508能登のその後 | *201508能登の始末 | *201508能登の支度 | *201602草津温泉のその後 | *201602草津温泉の始末 | *201602草津温泉の支度 | *201603八重山のその後 | *201603八重山の始末 | *201603八重山の支度 | *201605秩父の始末 | *201605秩父の支度 | *201605高尾山の始末 | *201605高尾山の支度 | *201608スリランカのその後 | *201608スリランカの始末 | *201608スリランカの支度 | *201611京都の始末 | *201611京都の支度 | *201703鬼怒川温泉の始末 | *201703鬼怒川温泉の支度 | *201704ひたちなかの始末 | *201704京都の始末 | *201704京都の支度 | *旅の支度(国内) | *旅の支度(海外) | *試験の始末 | *試験の支度 | おすすめサイト | ウェブログ・ココログ関連 | グルメ・クッキング | ニュース | パソコン・インターネット | 学問・資格 | 心と体 | 携帯・デジカメ | 文化・芸術 | 旅行・地域 | 映画・テレビ | 書籍・雑誌 | 趣味 | 音楽