2013.12.01

那須旅行記の入口を作る

ステンドグラス ここは那須旅行記への入口である。

 以下の日程の日付部分をクリックすると、その日の旅行記に飛べるようになっている。

 1日目 2013年11月17日(日曜日)

 2日目 2013年11月18日(月曜日)


 持ち物リスト(那須編)


  この1泊2日の旅行にかかった費用は、一人分約24600円だった。ここには、交通費、宿泊費、食事代、入館料等が含まれているが、お土産代は含まれていない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013.11.30

那須旅行記2日目

2013年11月18日(月曜日)

 5時50分にかけていた目覚ましでぱっちり目が覚めた。夜中に一度も目が覚めずに熟睡した割りにだるい。「温泉は行かないでこのまま寝てようかな」と思ったけれど、母は行くと言うし、「やっぱり行く!」と跳ね起きて準備した。
 昨日の夕方行った湯遊天国は時間による男女入れ替え制だから、きっと昨日とは違う湯に入れるに違いないとそちらに向かった。
 教えてもらったとおりの通路を行こうとすると、自動ドアが閉まっていて反応しない。すごすご引き返そうとしたところ、ホテルの方が「今、開けようとしたところですから。」と開けてくださった。感謝である。

 昨日の夕方ほどではないけれど、脱衣場は「空いている」という感じではない。
 しかし、内湯も露天風呂も広いので、中に入ってしまえば湯船を一つ独占できてしまったりする。昨日の夕方のお風呂と比べると、質実剛健というか、地味めである。ここで甥っ子はどうはしゃいでいたのだろうと思うと可笑しい。
 3種類の温泉があるので、もちろん3種類とも堪能し、しかし、割と早めにさくっと上がった。
 昨日から温泉を堪能しすぎたのか、湯当たりしたのか、ちょっとふらとしてしまった。

太陽の教会 昨日、結婚式が行われていた太陽の教会に寄り道する。しかし、もちろん扉は開いていない。岡本太郎作のオブジェが飾られていて、これが「太陽の教会」のネーミングの由来とみた。
 やはり朝風呂に行ったらしい義弟と行き会い、きっと甥っ子が相変わらず早起きで騒いでいるに違いないと、妹たちに相談して朝食時間を早めることにした。妹にも母にも笑われたけれど、昨夜の夕食をあれだけ食べた私だってお腹が空いたのだから、ごはんとパイナップルしか食べていない甥っ子のお腹が空くのも当然である。
 7時10分過ぎ、朝から元気な甥っ子の先導で、朝食に向かった。場所は昨日の夕食と同じ、万里である。

朝食 甥っ子は、夕食よりも食べられるものが多く、昨夜は忘れたらしいふりかけを妹が持ってきたのでご機嫌である。それでもやっぱり、ひたすらパイナップルを食べている。
 ホテルに泊まったときの朝食は概ね洋食を選ぶけれど、今回は中華メニューがあったので、中華朝ごはんにした。
 麺は、昨夜よりも今朝のほうがサッパリしたスープで、シャンツァイも入れ放題で美味しい。
 お茶も、朝は工芸茶のジャスミンティが用意されている。甥っ子は、この工芸茶に興味津々だ。
 またも、満腹するまで食べてしまった。

 今日は、りんどう湖ファミリー牧場に行くことになった。ちょうど食事を終わって部屋に戻る途中のポスターに乗り物券付きのチケット3000円を2000円に割引しますと書いてあったので、そちらを購入する。
 荷造りや身支度をして9時にチェックアウトし、車でりんどう湖ファミリー牧場に向かった。
 地図を見た感じでちょっと遠いのかと思ったら、20分も走ると到着した。空いている! 駐車場はガラガラである。オープンしたばかりの時間だし、何より今日は月曜日だ。数少ない、駐車場に停めてある車に突進しようとする甥っ子を押しとどめ、中に入った。
 広い。
 平日のためか、遊覧船は1日3便、普段は一周しているらしい汽車型のバスも今日は1区間だけの往復運転(その代わり無料)である。

園内の散歩道 そのバスに乗って湖沿いにメリーゴーランド前まで移動した。ワンちゃんたちをたくさん飼っている場所があり、物凄い勢いで跳ねて吼えて遊んでいる。
 甥っ子は、ガラスの向こうのワンちゃんよりは、すぐ近くで見られるウサギや金魚の方に興味を示す。もしかしたら、あまりにも跳ねまわるワンちゃん達がちょっと怖かったのかも知れない。
 歩き出そうとすると、甥っ子は「動けない。」と言いだして義弟に肩車をしてもらっている。おいおいと思いつつ、さらに奥の方に進むと、動物のいる広場があり、ちょっとした公園があり、ゴーカート乗り場があった。
 甥っ子は鯉やアヒル、白鳥に餌をあげたかったようだけれど、残念、どの餌の自動販売機も「売り切れ」と表示されている。
 甥っ子は、ちょっとアスレチックっぽい作りになっている滑り台に興味を移し、何回も繰り返して満喫していた。

 りんどう湖ファミリー牧場には「ジップライン」という乗り物がある。
 湖を渡るようにワイヤーが渡されて、そこを滑車で滑り降りてターザンごっこができる感じ、と書くと伝わるだろうか。妹には「行って来れば」と言われたのだけれど、その言い方が微妙に呆れた感じだったので「これはオトナ気ないのか」と反省して自粛した。
 少年たちが次々と楽しんでいたけれど、少年の体重では湖の反対側まで行き着くのが難しいらしい。反対側から係員の方が迎えに行くのと同時にワイヤーを下げて勢いがつくように調節していた。

遊覧船から 遊覧船に乗って入口まで戻る。
 湖の上を走るのはなかなか気持ちいい。お天気もいいから遠くの山の稜線も見えているし、その手前には紅葉も僅かに残っている。
 再び汽車型のバスに乗ってメリーゴーランド前まで行った。甥っ子は、この汽車型のバスは気に入った一方、メリーゴーランドには乗ると言わない。微妙にリアルな馬などが怖いのかも知れない。
 休憩しようと、ジャージー牛乳を使ったソフトクリームなどを提供している「みどりちゃんのジャージーミルク館」に入った。

おやつ 甥っ子は「チョコがいい!」と叫んでいる。何かと思ったら、チョコのジェラートがあったらしい。
 母と私は最初は飲み物だけのつもりだったけれど、妹や義弟、もちろん甥っ子が美味しそうに食べているのを見たら食べたくなり、1500円分ついていた乗り物券が使えたし、なめらかプリンを追加で購入して食べた。
 「なめらかプリン」と言うほどなめらかじゃなかったような気がするけれど、「原材料は牛乳と卵と砂糖です」という感じのしっかりしたプリンで美味しかった。

 甥っ子が「ゴーカート!」と言うので、また同じ道を辿って行くと、今度は餌の自動販売機が稼動していた。一つ買うと、もなかの入れ物に餌が入っていて、入れ物自体も鯉や白鳥にあげることができる。
 甥っ子は嬉々として餌を湖に投げ入れていた。

ゴーカート 次はゴーカートである。
 これが結構、長いコースで、義弟と甥っ子が乗ったゴーカートはあっという間に見えなくなり、ずっと見えないままだ。かなり遠くまで行ったらしいし、ある程度コースに起伏があるので見通しがよくない。
 その中で「ここがフォトポイント」という看板があり、ゴール直前の急カーブでスピードを落とさざるを得ないゴーカートを格好良く取ることができそうだ。妹と母と3人で二人を待ち受け、妹と二人で何枚もシャッターを切った。
 最近はカメラに背を向ける甥っ子も、ご機嫌でそんなことは思いつかなかったらしく、笑顔で手を振ってくれた。

紅葉 このまま一周した方が歩く距離が短いようだったので、ぶらぶら歩いて入場ゲートに戻った。
 甥っ子は相変わらず「動けない。」と言い張って、肩車である。
 入場したときに5人でクリスマスの飾りつけの前で撮ってもらった写真を買い、残った乗り物券でお土産でも買おうとお店を覗いたところ、閉まっているっぽい。正面入口に回って確認したところ、お土産物屋の開店は13時だった。まだ12時なので、1時間近くある。流石にそこまで待つ気にはなれず、4人で総額500円ほど余らせてしまった。
 でも、十分元は取っている。

 だいぶ車は増えたけれど人はいなかったのをいいことに、駐車場で堂々と甥っ子のオムツを替え、お昼ごはんを食べにとりあえず、那須塩原駅方面に向かった。
 甥っ子は相変わらず「おうどん屋さんを探してください!」と叫んでいる。とろんとした目で眠そうにしているけれど、「CDをかけてください!」と叫んで、歌を歌ったりしている。
 黒磯駅前を通り過ぎ、那須塩原駅も通り過ぎたところで、国道沿いに「手打ちそば、うどん」とのぼりを立てたかめやに入った。

うどん 座敷の席にしてもらい、ミニうどんがあったので甥っ子はそれに決定である。
 大人は、母が蕎麦屋といえば定番のかも南蛮そばを選び、私と義弟は(名前は忘れたけれど)胡麻ダレで食べるうどん、妹は同じく蕎麦というラインアップだ。
 うどんと蕎麦だと私は蕎麦の方が好きだけれど、胡麻と合うのはうどんのような気がする。
 果たして、太くて腰の強いうどんと胡麻ダレは合っていて、なかなか美味しい。母が食べた蕎麦の汁はちょっと辛めだったらしく、甥っ子が食べているうどんもみるみるお醤油色に染まって行く。
 甥っ子は「ミニ」では足りなかったようで、義弟と私とでうどんを甥っ子の丼に何本移しただろう。旺盛な食欲である。

 お腹一杯食べ、那須塩原駅東口まで送ってもらい、13時半過ぎに解散した。
 別れ際、甥っ子に「おばあちゃんちに行くって言ってなかった?」と声をかけて手を出すと、素直に私に抱っこされに来た。抱っこしてもらいたいだけだったかも知れないけれど、「おばあちゃんちに行く?」と聞くと「行く。」と言い、「お父さんとお母さんいないよ? いいの?」と聞くと「うん。」と頷く。
 これは大変だと、慌てて甥っ子を妹に返した。

 次の東京行き新幹線まで1時間近くある。指定席の状況を見ると余裕があったので、これなら大丈夫だろうと自由席特急券と乗車券を購入する。えきねっとで購入した指定券よりも二人分で500円近く高いのが釈然としない。
 時間を潰せる場所でもないかと駅前を見回してみるけれど、お腹がいっぱいだし喫茶店に入ろうという感じでもない。
 西口1階にあったNASUのラスク屋さんでおやつ兼お土産にラスクを買い(全種類の試食が用意されていたけれど、お腹がいっぱいで試せなかったのが心残りだ)、あとは待合室でのんびりと待った。

 14時半発の「やまびこ」に乗って大宮まで行き、そこからさらに電車を乗り継いで、17時くらいに無事に自宅に帰り着いた。

 那須旅行記1日目 <-

 2013年11月30日記

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013.11.23

那須旅行記1日目

2013年11月17日(日曜日)

 今回の旅の目的は「温泉」と「藤城清治美術館」である。昨日の母と妹との協議で、1日目の昼食後に合流することになったので、ホテルの東京事務所に電話して那須塩原駅からホテルまでの送迎を予約した。
 のんびりと9時過ぎに家を出て、大宮から東北新幹線「なすの」に乗った。えきねっとの15%割引に間に合ったので指定席にしたけれど、自由席でも十分座れそうな様子である。
 大宮駅から那須塩原駅までは45分ほどで到着する。あっという間だ。

 電話で予約した際、「西口に出ていただければ、大きくホテルの名前を書いたバスが停まっています。」と言われたとおり、何台かホテルの送迎バスと思しき大型バスが待ち構えていた。
 本日の宿であるホテルサンバレー那須のバスも停まっている。がらがらかと思いきや、年配のグループがいくつかいらして、総勢10人といったところだ。お天気のよさに気をよくしてバスに揺られていると、妹から母にメールが入った。とっくに那須に到着し、南ヶ丘牧場で遊んでいるという。12時半くらいにホテル到着予定だとメールを返した。

 予定どおり、バスは12時25分にホテルに到着した。
 ホテルサンバレー那須はいくつもの棟がある大きなホテルで、本館、フォレストヴィラと停まって、オリエンタルガーデン館でチェックインする私たちが最後になった。
 ちょうど、妹一家も車で到着し、一緒にチェックインする。もっとも、部屋に入れるのは14時半からで、やけにややこしいホテル施設や部屋の場所を説明してもらい、夕食と朝食の時間を確認して荷物を預けただけだ。
 和室を予約していたら、「今日は余裕があるので。」と2部屋とも和洋室にアップグレードしてもらえた。ラッキーである。

 2歳9ヶ月の甥っ子に「フィットに乗ってもいいよ。」と言ってもらい(笑)、母と私も妹たちの車に乗り込み、お昼ごはんを食べに出かけた。出発したのは13時近かったと思う。
 甥っ子に「何が食べたい?」と聞くと「うどん!」という元気のいいお返事で、うどん屋を探して車を走らせる。蕎麦屋は大体うどんも出すけれど、観光地の「こだわりの蕎麦!」みたいなお店だと逆にうどんがメニューにないこともありそうだ。
 山ぼうしといううどん専門店に入った。

 那須高原の野菜をたくさん載せたサラダうどんがお勧めのお店だけれど、4人(プラス甥っ子)はどちらかというと温かいうどんが食べたい気分だ。舞茸天ぷらうどんを二つ、若鶏の天ぷらうどんを二つ、甥っ子には分けてあげることにして、那須高原の牛乳を別に頼む。美味しそうだ。
 私が甥っ子にごはんを食べさせたことはないのに、何故か甥っ子はレストランに入って私がいると「隣に行きたい。」と言う。「来てもいいけど、ごはんは食べさせてあげられないよー。」などと言っているうちに牛乳が届いた。ストローを差した牛乳くらいは流石に簡単なので、膝の上に乗せて飲ませる。ベンチ式の席だったので、甥っ子には少々座高が足りない。

うどん そうこうしているうちに、うどんもやってきた。
 うどん自体も太くて腰があり美味しい。それ以上に、天ぷらが美味しい。特に若鶏の天ぷらは身が柔らかくサクサクに揚がっていて、普段、お肉を食べない甥っ子が一口といえど食べたのだからその美味しさが判ろうというものだ。
 ここのところ胃が痛くて食事を控えめにしていたのに、そんなことも忘れて私も完食した。旺盛な食欲を見せた甥っ子に分ければよかったのに、我ながらマヌケである。

紅葉 もう那須高原の紅葉は完全に終わってしまったかと思っていたら、道々も、もちろん完全に葉の落ちた木もありつつ、綺麗なグラデーションが鮮やかな木もところどころにあって満足である。
 このお店の前にも1本、綺麗なもみじの木があった。
 甥っ子の写真を撮ろうとしたら、「いやぁだ!」と後ろを向かれてしまった。残念だ。

猫と甥っ子 お腹もいっぱいになったところで、藤城清治美術館に向かった。実は、本日の宿であるホテルサンバレー那須から徒歩5分と近い。
 第一駐車場は満車で、第二駐車場に案内される。その第二駐車場も3〜4台分しか空いていない。その人気ぶりに驚く。
 入口から、ちょっとした散歩道のようになっていて、小川や紅葉した木々を楽しめるようになっている。ネコの置物もあって、甥っ子もそのネコと一緒だと機嫌よくカメラに収まってくれる。

 美術館に向かう途中にあった小さな教会に立ち寄った。
 ステンドグラスに藤城清治の影絵をはめ込んであり、光が差し込んでステンドグラスの模様が床と椅子に落ちている。レンガと木目が基調になった暖かい感じの建物だ。
 しばらくのんびりぼーっと座っていたいところだけれど、甥っ子がダッシュで出て行っては追いかけない訳にいかない。
 小さい子のお父さんお母さんは大変よねー、妹も義弟もよく辛抱強く相手をしているなぁとしみじみする。

教会の内部ステンドグラス

 しみじみしただけで妹一家を置き去りに美術館に向かい、4人分のチケットを購入した。栃木県民の方や89歳以上の方(恐らく、藤城清治氏の年齢以上の方という趣旨だと思う)は割引がある。一人1500円、2歳児の甥っ子は無料である。
 受付の女性に「同じ道を帰ってくることになりますので。」と言われて、美術館の中に入った。
 結構な混雑ぶりで、動線が複雑で通路が狭いこともあって、遠くからゆっくり眺めることがほとんどできない。ちょっと残念である。

 その代わり、藤城清治直筆の説明文があったり、床や天井に影絵が映し出されていたり、2階にアトリエが再現されていたり、あちこちに楽しい工夫がある。
 ケロヨンが藤城清治のデザインだということも初めて知った。
 レースに出ていたという車もあった。甥っ子が興味津々だったので「触っちゃだめだよ。」と声をかける。しげしげと周りを回って見つつも、触ろうとはしないのはかなりエライと思う。何しろ、2歳児である。
 展示されている影絵のいくつかは「原画がなくなってしまったので」写真等を元に復元したという作品だった。それだけ気に入っている作品だったのだろうなと思う。

 藤城清治の代表作も展示されている一方、新作も展示されている。
 東日本大震災後にスケッチに行き、その様子を影絵に仕上げている。防護服(で名前は良かっただろうか)を着てスケッチをしている写真も展示されていた。
 藤城清治の影絵といえば、メルヘンというかほんわかした、柔らかくて色鮮やかな作品が多い。しかし、被災地を描いたこの影絵は、柔らかな色の中にも、線の鋭い作品である。こういう形で伝えられて行くことは重要だと思う。
 そして、風景の中に必ず小人がいたのがとても印象的だった。

 この美術館の白眉は、一番奥の展示室にある。
 手前に水を張ってフローティングキャンドルを浮かべ、鏡を利用してずーっと奥の方まで影絵が連続しているかのように見せた作品が3点、飾られている。
 横幅6mという藤城清治作品の中で最大サイズだという作品は、この美術館のオープンに合わせて製作されたものだという。美術館のオープンに間に合わなかったので、オープン予定日はプレオープンとし、この作品が完成して展示された日を正式オープンとしたそうだ。
 遊園地のようで観覧車やメリーゴーランドがあり、木々が燃えている不思議な影絵だ。
 その他の2点は、大曲の花火と、紅葉の京都の清水寺の風景を描いたもので、やはり奥の方までずーっと続いている様子は圧巻だった。

美術館外観 結構、急いだつもりだったけれど、甥っ子には長すぎる時間だったらしい。
 妹一家は先に出て、母と私はミュージアムショップに行き、甥っ子へのプレゼントに「銀河鉄道の夜」の絵本を買った。「セロ弾きのゴーシュ」よりも、銀河鉄道の夜の方が挿絵が幻想的で綺麗だと思う。
 その他、母と絵はがきを2枚ずつ購入して美術館を出たら、目の前にまだ甥っ子たちがいた。
 待っていてくれたというよりは、なかなか先に進めなかったようだ。

 藤城清治美術館からホテルサンバレー那須までは徒歩5分という近さだ。
 車でホテルに戻り、鍵を受け取ってお部屋に入る。しかし、これが遠い。ホテル内で万歩計を付けていたら相当の歩数を稼げた筈である。
 チェックインしたオリエンタルガーデンのフロントから、通路でつながったガーデンスィートという別館まで、何回か道を間違えたくらい複雑で遠い。
 その代わり、その一角には我々しか宿泊していなかったようで、甥っ子に同行している身としては有難い。何故か階段や坂が好きな甥っ子は、「案内してください。」などとおだてると率先して歩いてくれる。

バースデーケーキ 15時半くらいにお部屋に到着すると、甥っ子が「おばあちゃん達の部屋に行く。」と騒ぎ、早速、座椅子に座って一人前にホテルの案内などを見ているのが可笑しい。
 お茶を淹れようとしていると、妹たちもこちらの部屋にやってきた。珍しく「紅茶がいい。」と言うので、はいはいと用意をしていると、ホテルの方がケーキを届けてくれた。
 サプライズで妹が私のバースデーケーキを用意してくれていたのだ。
 びっくり!
 ベリーのたくさん載った生クリームのケーキなんて本当に久しぶりだ。

 甥っ子が大興奮でチョコレートのプレートや上に載ったベリー類を食べようとするのを妹たちが大騒ぎして押しとどめ、素早くろうそく(5本だったのは何故?)を立てて、甥っ子主導でハッピーバースデーの歌を歌ってもらった。
 もちろん、ろうそくの火を消すのも、甥っ子と私の共同作業である。
 甥っ子が待ちきれずにケーキに手を出し、上に並べられたベリー類は恐らくほぼ全て甥っ子のお腹に入ったと思う。そんなに食べたいのかと可笑しい。
 なかなか美味しいケーキだった。
 サプライズをありがとう!

 夕食を17時半に指定されていたので、ケーキをいただいたばかりではあるけれど、夕食前に温泉に浸かろうと「今から行こう!」という話になった。
 妹一家よりも母と私の方が準備が早いのは当たり前である。「本館の大浴場に行くよ。」と妹に声をかけ、母と先乗りした。
 浴衣に着替え、ホテルの人に教えてもらったとおりの道を通ろうとすると、その道筋にある教会で結婚式が行われていたようで、新郎新婦が記念写真を撮っている。着飾った方々がちらほら集まっている場所を突っ切る温泉旅館の浴衣姿の二人・・・。申し訳ない限りだ。

 本館にある「湯遊天国」は、内風呂と露天風呂があり、泉質も3種類(硫黄泉、マグネシウム泉、弱アルカリ泉)ある。岩風呂の作りになっている湯船が多く、なかなか贅沢な感じである。
 内風呂のフルーツ風呂の人気が高く、大混雑だ。
 脱衣場も結構混雑していたけれど、中に入ってしまえば、湯船がたくさんあるし余裕がある。
 ここは日帰り入浴も可能だし、水着着用のアクアヴィーナスとも繋がっている、夕食前ということもあって、一番混雑する時間帯だったのかも知れない。

 よもぎサウナにちょっとだけ入ってみたものの、やっぱりサウナが苦手な私はすぐに出てしまった。あともう一つか二つあったサウナ以外、全ての種類の湯船に浸かったと思う。
 硫黄泉は白く濁っていて、一番「温泉だなぁ」という感じがする。しかし、硫黄泉に長く浸かっていると、次の日も、下手をするとさらにその次の日も自分から硫黄の匂いがしているような気がするのが困ったところである。
 寝湯のジャグジーも気持ちよかったし、フルーツ風呂に入って、みんながずっと浸かっていた理由が判った。かなり温めなのだ。りんごとオレンジとレモンが浮かんでいた。
 「あつめ」とか「ぬるめ」の表示はもうちょっと正確だといいと思う。

ライトアップ お湯を次々とハシゴしたせいか、露天風呂などかなり空気が冷たくてひんやりしていたのに、久しぶりに立ちくらみを起こしかけた。そこまでするなんて阿呆である。
 30分くらいであがり、母が「外で待ってるから。」と言うので急いで身支度をして出ると、母の姿がない。待ちくたびれて先に帰ったのかしら? とゆっくり戻り、先ほど新郎新婦が写真撮影をしていた辺りでライトアップをしていたので写真を撮ったりもしたけれど、それでも姿を現さない。
 部屋まで戻ったのかと思ったけれど、鍵を持っているのは私だし、部屋の前にもいない。妹たちの部屋で休んでいるのかと聞いてみたけれどいない。

 あまりにも複雑な構造だから迷子になったのか?しかも、そろそろ夕食の時間である。
 慌てて探しに行ったら、義弟が追いかけて来てくれた。
 何と母は、建物間を巡る送迎バスに乗り、その送迎バスがぐるっと一周したために戻るのに時間がかかったのだと言う。本人が「楽だったわよ〜。」とのんきにしているのを見て脱力してしまった。

 何はともあれ、夕食である。
 甥っ子が張り切って先頭を歩いて行くので「案内してねー。」と言うと、「こちらへどうぞ〜。」などと身振り付きで教えてくれる。階段もある通路で後ろを振り返りながらやってくれるので、危なっかしいことこの上ない。
 チェックインしたフロントの反対側にあるレストラン万里に到着した。夕食は中華をメインにしたビュッフェである。
 甥っ子を入れて5人いるので、子供用の椅子が用意され、円テーブルに案内された。

 ケーキを食べたばかりだけれど、温泉を散々堪能したせいか、私のお腹はしっかり空いている。
 張り切ってお料理を取りに行く。義弟はアルコールは飲まないし、妹はお腹に赤ちゃんがいるので、一人で飲んでも仕方がないとアルコール抜きの健全なテーブルである。
 できるだけたくさんの種類を少しずつ取る。
 結構、美味しい。
 唯一「那須鶏」だけはブランドというか、種類が明示してあって、そのスープもから揚げもなかなかジューシーで美味しい。
 デザートまでしっかりいただいた。
 お腹いっぱい食べ過ぎて、緑豆のお汁粉とごまだんごを食べられなかったのが心残りだ。

夕食夕食

 甥っ子は和食好きの偏食で、なかなか食べられるものがなかったようだ。
 結局、ごはん(チャーハン等ではなく、本当に白いごはんだけ!)をお茶碗に半分くらいと、あとはひたすらパイナップルを食べていた。
 お父さんと入った温泉でもかなりはしゃいでいたそうで、ごはんも食べて満腹になればあとは寝るだけだ。甥っ子は、18時半前に妹に抱っこされて寝入ってしまった。寝入ってしまった後、物凄い汗をかいていたのがちょっと可哀想だった。

 18時半過ぎに部屋の前で「解散」となった。
 和室で寝転んで母と二人テレビを見ていると何だかすーすーする。「寒いよね。」と言いあってエアコンの設定温度をどんどん上げていったら、30度に設定してもまだ寒い。
 お手洗いに行って戻ったときに気がついたことには、この部屋は相当に暑い。寒く感じるのは床上数cmだけなのだ。
 小さい床置きのセラミックファンヒーターがあった理由がようやく判った。

 和洋室の両方にほぼ同じ大きさのテレビが設置してある。
 20時からは、母は和室で、私は洋室でそれぞれテレビを見ていたのだから、那須まで来て何をやっているのかという感じである。母は大河ドラマ「八重の桜」、私は「劇的! ビフォーアフター」である。
 貧乏性の私は、このホテルにはいくつも温泉施設があるのに、温泉に1ヶ所1回しか入らないなんて考えられない。
 「湯遊天国」は一旦外に出ないと行けず寒そうなので、オリエンタルガーデンの湯処ひのきに行った。

 21時過ぎだから空いているかと思ったら、意外と人がいた。
 名前のとおり内湯も露天風呂も全てひのきの浴槽だ。岩風呂の野趣な感じもいいけれど、すべすべとして痛くなく、香りも良くて手足が伸ばせるというのはいいものだ。湯船は5〜6こもあり、、全て硫黄泉である。
 後半は三つある露天風呂のうち一つを独占し、貸切風呂のような感じでのんびりゆっくりした。

 部屋に戻ってもまだ22時過ぎだった。母は「寝ちゃってる。」と言っていたけれど、テレビを見ていたらしい。
 「明日の朝、温泉に行く?」「6時に起きて行くとみんな重なって混雑しているかも。」等々と協議し、部屋にあった目覚まし時計を5時50分にセットする。
 最初はエアコンも2時間後に切れるようセットするつもりだったけれど、母が「朝方、寒いんじゃない?」と言う。濡れたタオルをかけたタオルかけを持ち込み、コップにお湯を汲んでテーブルに置き、マスクまで装着してエアコンは20度でかけっぱなしにした。

-> 那須旅行記2日目

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013.11.18

無事、帰宅する(那須)

 2013年11月17日(日)から1泊2日で、妹一家と母と5人で那須に行って来た。

 初日は、私たちは新幹線で、妹一家は車で那須に行き、ホテルで合流した。その後、お昼ごはんを食べて、今回の目玉である藤城清治美術館に行き、みんなに私の誕生日を祝ってもらってケーキを食べ(ありがとう!)、温泉三昧に夕ごはんを食べて解散。
 2日目は、朝から温泉を満喫してから朝食、りんどう湖ファミリー牧場で遊び(甥っ子はゴーカートに乗って楽しそうだった)、お昼ごはんを食べて那須塩原駅で解散という行程だった。

 この1泊2日の旅行にかかった費用は、一人分約24600円だった。ここには、交通費、宿泊費、食事代、入場料等が含まれているが、お土産代は含まれていない。

 また、初日の万歩計は4674歩、2日目は9837歩で、ホテル内では万歩計を持ち歩いていなかったとはいえ、破格に歩かない旅行になった。

 この2日間、那須はとても暖かくて「寒いだろう」と着ていったダウンのコートは持ち歩くことの方が多かったのだけれど、とりあえず、持ち物リストは以下に。

続きを読む "無事、帰宅する(那須)"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

その他のカテゴリー

**−旅行記の入口はこちら− | *100Q | *200309ケニアのその後 | *200309ケニアの始末 | *200409ペルーのその後 | *200409ペルーの始末 | *200409ペルーの支度 | *200501正月パスの始末 | *200501正月パスの支度 | *200503オーロラの始末 | *200503オーロラ(フィンランド)の始末 | *200503オーロラ(フィンランド)の支度 | *200503フィンランドのその後 | *200506初島のその後 | *200506初島の始末 | *200506初島の支度 | *200508アイスランドのその後 | *200508アイスランドの始末 | *200508アイスランドの支度 | *200604熊野古道のその後 | *200604熊野古道の始末 | *200604熊野古道の支度 | *200608モンゴルのその後 | *200608モンゴルの始末 | *200608モンゴルの支度 | *200608修善寺のその後 | *200608修善寺の始末 | *200608修善寺の支度 | *200705山寺のその後 | *200705山寺の始末 | *200705山寺の支度 | *200706日光のその後 | *200706日光の始末 | *200706日光の支度 | *200710立山・黒部のその後 | *200710立山・黒部の始末 | *200710立山・黒部の支度 | *200712エジプトのその後 | *200712エジプトの始末 | *200712エジプトの支度 | *200802伊勢志摩のその後 | *200802伊勢志摩の始末 | *200802伊勢志摩の支度 | *200805伊豆断食の始末 | *200805伊豆断食の支度 | *200805伊豆高原のその後 | *200808箱根のその後 | *200808箱根の始末 | *200808箱根の支度 | *200809オーロラ(ホワイトホース)の始末 | *200809オーロラ(ホワイトホース)の支度 | *200809カナダのその後 | *200902香港のその後 | *200902香港の始末 | *200902香港の支度 | *200903ハトヤホテルの始末 | *200903ハトヤホテルの支度 | *200906奥日光のその後 | *200906奥日光の始末 | *200906奥日光の支度 | *200907裏磐梯のその後 | *200907裏磐梯の始末 | *200907裏磐梯の支度 | *200908ベネズエラのその後 | *200908ベネズエラの始末 | *200908ベネズエラの支度 | *200911袋田の滝のその後 | *200911袋田の滝の始末 | *200911袋田の滝の支度 | *201001河口湖のその後 | *201001河口湖の始末 | *201001河口湖の支度 | *201002京都のその後 | *201002永平寺と京都の始末 | *201002永平寺と京都の支度 | *201002永平寺のその後 | *201005熱海のその後 | *201005熱海の始末 | *201005熱海の支度 | *201005箱根の始末 | *201005箱根の支度 | *201008奥日光の始末 | *201008奥日光の支度 | *201009ヨルダンとエジプトの始末 | *201009ヨルダンとエジプトの支度 | *201009ヨルダンのその後 | *201011日本平の始末 | *201102知床流氷のその後 | *201102知床流氷の始末 | *201102知床流氷の支度 | *201108白馬のその後 | *201108白馬の始末 | *201108白馬の支度 | *201109ウズベキスタンのその後 | *201109ウズベキスタンの始末 | *201109ウズベキスタンの支度 | *201110奥鬼怒の始末 | *201110奥鬼怒の支度 | *201111鹿児島のその後 | *201111鹿児島の始末 | *201111鹿児島の支度 | *201112千倉のその後 | *201112千倉の始末 | *201112千倉の支度 | *201112大阪と京都の始末 | *201112大阪と京都の支度 | *201202蔵王のその後 | *201202蔵王の始末 | *201202蔵王の支度 | *201203オーロラ(イエローナイフ)の始末 | *201203オーロラ(イエローナイフ)の支度 | *201205ひたちなかの始末 | *201205ひたちなかの支度 | *201205姥湯温泉の始末 | *201205姥湯温泉の支度 | *201207月山・鳥海山の始末 | *201207月山・鳥海山の支度 | *201208甲府の始末 | *201208甲府の支度 | *201212グアテマラのその後 | *201212ホンジュラスのその後 | *201212メキシコのその後 | *201212中米3ヶ国の始末 | *201212中米3ヶ国の支度 | *201302河津のその後 | *201302河津の始末 | *201302河津の支度 | *201303スパリゾートハワイアンズのその後 | *201303スパリゾートハワイアンズの始末 | *201303スパリゾートハワイアンズの支度 | *201304吉野山のその後 | *201304吉野山の始末 | *201304吉野山の支度 | *201306ハイダ・グアイ(カナダ)の始末 | *201306ハイダ・グアイ(カナダ)の支度 | *201307白馬の始末 | *201307白馬の支度 | *201310台湾のその後 | *201310台湾の始末 | *201310台湾の支度 | *201311那須のその後 | *201311那須の始末 | *201311那須の支度 | *201404三春のその後 | *201404三春の始末 | *201404三春の支度 | *201406勝浦のその後 | *201406勝浦の始末 | *201406勝浦の支度 | *201407奥日光の始末 | *201407奥日光の支度 | *201408ベトナムのその後 | *201408香港&クルーズの始末 | *201408香港&クルーズの支度 | *201410北斗星のその後 | *201410北斗星の始末 | *201410北斗星の支度 | *201501西伊豆の始末 | *201501西伊豆の支度 | *201503村杉温泉の始末 | *201503村杉温泉の支度 | *201505尾瀬のその後 | *201505尾瀬の始末 | *201505尾瀬の支度 | *201505熱海の始末 | *201505熱海の支度 | *201508カムチャツカのその後 | *201508カムチャツカの始末 | *201508カムチャツカの支度 | *201508能登のその後 | *201508能登の始末 | *201508能登の支度 | *201602草津温泉のその後 | *201602草津温泉の始末 | *201602草津温泉の支度 | *201603八重山のその後 | *201603八重山の始末 | *201603八重山の支度 | *201605秩父の始末 | *201605秩父の支度 | *201605高尾山の始末 | *201605高尾山の支度 | *201608スリランカのその後 | *201608スリランカの始末 | *201608スリランカの支度 | *201611京都の始末 | *201611京都の支度 | *旅の支度(国内) | *旅の支度(海外) | *試験の始末 | *試験の支度 | おすすめサイト | ウェブログ・ココログ関連 | グルメ・クッキング | ニュース | パソコン・インターネット | 学問・資格 | 心と体 | 携帯・デジカメ | 文化・芸術 | 旅行・地域 | 映画・テレビ | 書籍・雑誌 | 趣味 | 音楽