« 「ペルー・リマ、「天野博物館」改装工事のため一時クローズ(7~11月)」の記事を読む | トップページ | 「霧降高原でニッコウキスゲ見ごろ 日光」の記事を読む »

2014.07.03

「吉野山の「修行門」再建 世界遺産登録から10年」の記事を読む

 「吉野山の「修行門」再建 世界遺産登録から10年」という記事を読んだ。

 吉野山を含む「紀伊山地の霊場と参詣道」の世界遺産への登録が決まってから10年となる2014年7月1日、吉野山にある修行者が通る門である「修行門」が再建されたのだそうだ。
 現地で落慶法要があり、金峯山寺の五條覚照管領が「修行門」と揮毫した扁額が除幕されたという。

 再建された修行門は、高さ6.5m、幅8mの吉野杉製だそうだ。
 吉野山から大峰山まで続く修行道には「発心」「修行」「等覚」「妙覚」と悟りに近づくための四つの門があり、多くの修行者が頭を垂れてくぐってきたという。
 以前の修行門は1953年の建造から60年たち、傷みが激しかったのだそうだ。

 修行道にあるということは、観光客がそう簡単に見られる場所にはないのだろうか。
 見られるものなら見てみたいと思ったのだった。

 私が読んだ記事はこちら。

|

« 「ペルー・リマ、「天野博物館」改装工事のため一時クローズ(7~11月)」の記事を読む | トップページ | 「霧降高原でニッコウキスゲ見ごろ 日光」の記事を読む »

*201304吉野山のその後」カテゴリの記事

ニュース」カテゴリの記事

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/51447/59922533

この記事へのトラックバック一覧です: 「吉野山の「修行門」再建 世界遺産登録から10年」の記事を読む:

« 「ペルー・リマ、「天野博物館」改装工事のため一時クローズ(7~11月)」の記事を読む | トップページ | 「霧降高原でニッコウキスゲ見ごろ 日光」の記事を読む »