« 中米3ヶ国旅行記7日目その2 | トップページ | 空港宅配の無料券が届く(香港&クルーズ) »

2014.07.14

「モンゴル、夏の祭典ナーダム開催 相撲、競馬など伝統競技」の記事を読む

 「モンゴル、夏の祭典ナーダム開催 相撲、競馬など伝統競技」という記事を読んだ。

 2014年7月11日から、夏のモンゴルを彩る「ナーダム」が2日間にわたって首都ウランバートルで開催されたのだそうだ。
 開会式の会場となった国立中央競技場には2万人近くが集まり、強い日差しの中、騎馬隊によるパレードや民俗衣装の舞踊で祭典を祝ったという。

 ナーダムがウランバートルで開催されているとは知らなかった。
 草原のど真ん中とかで開催されているものとばかり思っていたのだ。

 ナーダムは、相撲と競馬、弓術の伝統の3種目で名人を選ぶ競技会で、独立と民主化を記念する重要な行事だという。エルベグドルジ大統領は、自動車が普及し遊牧にオートバイが使われている現状を念頭に「騎馬民族の伝統を復活させよう」と式典で訴えたそうだ。

 首都の国立中央競技場で開催されていることや、大統領がこのような訴えをしたことなどをニュースで読むと、ナーダムも年々変化に見舞われているのだなと思わざるを得ない。何だか少し寂しいというか勿体ない気がする。

 私が読んだ記事はこちら。

|

« 中米3ヶ国旅行記7日目その2 | トップページ | 空港宅配の無料券が届く(香港&クルーズ) »

*200608モンゴルのその後」カテゴリの記事

ニュース」カテゴリの記事

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/51447/59976493

この記事へのトラックバック一覧です: 「モンゴル、夏の祭典ナーダム開催 相撲、競馬など伝統競技」の記事を読む:

« 中米3ヶ国旅行記7日目その2 | トップページ | 空港宅配の無料券が届く(香港&クルーズ) »