« 「インターコンチネンタル香港に和風アフタヌンティーメニュー-斬新な演出で提供」の記事を読む | トップページ | 「桜島の火山灰から西郷さんや龍馬 “厄介者”が人気土産人形に」の記事を読む »

2014.08.31

「海外協力隊で集めたケニアの民話、冊子に」の記事を読む

 「海外協力隊で集めたケニアの民話、冊子に」という記事を読んだ。

 福井県埋蔵文化財調査センターに勤めていた農業水谷圭吾氏が、青年海外協力隊派遣中に地元の古老などから聞き取った東アフリカ・ケニアのルオ族に伝わる口承民話五十編を本にまとめたのだそうだ。
 水谷氏は学生時代に考古学を専攻しており、同センターに3年間勤めた後、協力隊に応募し、2010年1月から2012年8月まで、ケニア西部のキスムの博物館で学芸員の補助に関わったという。

 一緒に派遣された女性隊員から現地の民話が廃れつつある現状を知り、本来の任務とは別に、民話の収集に取り組み、水谷氏は女性隊員が住んでいた町のルオ族を調べ、通訳を介して80人近くを訪ね歩いたそうだ。
 「活字で残されていないため、話し手によって物語が微妙に異なったが、五十編に集約することができた」ということで、どの民話にもライオンやゾウ、カバなどの動物が多く登場し「日本ではかわいいイメージが強いウサギが悪賢い動物の象徴とされていたのが意外だった」そうで、物語に起承転結がなく勧善懲悪に徹していない点も、日本の民話にはあまりない特徴だという。

 希望者には一冊1500円で販売するそうだ。

 私が読んだ記事はこちら。

|

« 「インターコンチネンタル香港に和風アフタヌンティーメニュー-斬新な演出で提供」の記事を読む | トップページ | 「桜島の火山灰から西郷さんや龍馬 “厄介者”が人気土産人形に」の記事を読む »

*200309ケニアのその後」カテゴリの記事

ニュース」カテゴリの記事

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/51447/60238578

この記事へのトラックバック一覧です: 「海外協力隊で集めたケニアの民話、冊子に」の記事を読む:

« 「インターコンチネンタル香港に和風アフタヌンティーメニュー-斬新な演出で提供」の記事を読む | トップページ | 「桜島の火山灰から西郷さんや龍馬 “厄介者”が人気土産人形に」の記事を読む »