« 「世界文化遺産登録めざす鹿児島・旧集成館など調査 イコモス専門家」の記事を読む | トップページ | 北斗星旅行記1日目その1(引っ越しました) »

2014.09.30

「内宮宇治橋の鳥居 きょうから建て替え」の記事を読む

 「内宮宇治橋の鳥居 きょうから建て替え」という記事を読んだ。

 2014年9月29日から、伊勢神宮内宮の五十鈴川にかかる宇治橋の鳥居の建て替え工事が始まり、新たな鳥居の竣工式が10月3日に行われるのだそうだ。 

 宇治橋の両端にある鳥居(高さ7.44m)は、内宮、外宮の正宮の式年遷宮後、旧正殿の棟持柱(直径約80cm、長さ約11m)を使って建て替えられ、宇治橋での役目を終えた鳥居は、今回も「七里の渡し」(桑名市)と、東海道と伊勢路が分岐した関宿の「東の追分」(亀山市)の鳥居として再利用されるという。

 そうやって、順繰りに木材を使っていって、20年ごとに全て建て替えつつも、木を大切に長く使うのだということは、前に何かで読んだように思う。
 だから、式年遷宮は長い時間をかけて行われるのだし、行うのだなと思ったのだった。

 私が読んだ記事はこちら。

|

« 「世界文化遺産登録めざす鹿児島・旧集成館など調査 イコモス専門家」の記事を読む | トップページ | 北斗星旅行記1日目その1(引っ越しました) »

*200802伊勢志摩のその後」カテゴリの記事

ニュース」カテゴリの記事

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/51447/60401636

この記事へのトラックバック一覧です: 「内宮宇治橋の鳥居 きょうから建て替え」の記事を読む:

« 「世界文化遺産登録めざす鹿児島・旧集成館など調査 イコモス専門家」の記事を読む | トップページ | 北斗星旅行記1日目その1(引っ越しました) »