« 無事、帰宅する(北斗星) | トップページ | 「旧織物会館風の観光拠点 精進料理など活用し永平寺の魅力発信」の記事を読む »

2014.10.06

「かつて世界4位の湖・アラル海が消滅寸前 - NASAが衛星画像を公開」の記事を読む

 「かつて世界4位の湖・アラル海が消滅寸前 - NASAが衛星画像を公開」という記事を読んだ。

 アメリカ航空宇宙局は、2000年から2014年の間に撮影した、中央アジアにあるアラル海の衛星画像を公開し、ほぼ消滅状態にあると発表したのだそうだ。
 アラル海はカザフスタンとウズベキスタンにまたがる湖で、かつては世界第4位の面積だったが、1960年代の旧ソ連が農業用水確保のために主要な川の流れを変更したことなどにより年々小さくなり、2005年から2009年にかけて大幅に水量を減らしたという。この数年は一進一退を繰り返していたが、2014年の干ばつによって湖の南西部が完全に干上がってしまったそうだ。

 湖が干上がったことにより、漁業に依存していた地元の経済が崩壊し、湖の底から吹きあがる砂や埃に含まれる農薬が周辺住民に健康被害をもたらすなど、深刻な問題となっているという。

 旅行した際もアラル海がなくなりそうだという話を聞いた記憶があるのだけれど、本当に干上がってしまったと知ってとても驚いた。

 私が読んだ記事はこちら。

|

« 無事、帰宅する(北斗星) | トップページ | 「旧織物会館風の観光拠点 精進料理など活用し永平寺の魅力発信」の記事を読む »

*201109ウズベキスタンのその後」カテゴリの記事

ニュース」カテゴリの記事

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/51447/60426432

この記事へのトラックバック一覧です: 「かつて世界4位の湖・アラル海が消滅寸前 - NASAが衛星画像を公開」の記事を読む:

« 無事、帰宅する(北斗星) | トップページ | 「旧織物会館風の観光拠点 精進料理など活用し永平寺の魅力発信」の記事を読む »