« 「紅葉うっすら雪化粧 奥日光と那須で初雪」の記事を読む | トップページ | 「民家の地下に古代寺院跡=発掘の7人は一時拘束-エジプト」の記事を読む »

2014.10.31

「古代都市の神殿で数千の遺物発見、メキシコ」の記事を読む

 「古代都市の神殿で数千の遺物発見、メキシコ」という記事を読んだ。

 2014年10月29日、考古学者のセルヒオ・ゴメス氏は、メキシコの古代都市テオティワカンの「ケツァルコアトルの神殿羽毛のある蛇の神殿の意味)」で、新たに多数の遺物を発見したと発表したのだそうだ。

 新たに発見された遺物は数千点に上り、神殿の入り口から約103mの場所で見つかったという。そのなかには、中央アメリカで最も重要とされる神「ケツァルコアトル」とともにこの神殿に祭られている水の神、「トラロック」をモチーフにした水がめや動物をモチーフにした杯、石像、彫刻が施された貝殻、翡翠でできた装飾品などが含まれているそうだ。

 前回メキシコに言ったとき、テオティワカンには行っていないので、ぜひ行ってみたいと思っている。

 私が読んだ記事はこちら。

|

« 「紅葉うっすら雪化粧 奥日光と那須で初雪」の記事を読む | トップページ | 「民家の地下に古代寺院跡=発掘の7人は一時拘束-エジプト」の記事を読む »

*201212メキシコのその後」カテゴリの記事

ニュース」カテゴリの記事

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/51447/60576951

この記事へのトラックバック一覧です: 「古代都市の神殿で数千の遺物発見、メキシコ」の記事を読む:

« 「紅葉うっすら雪化粧 奥日光と那須で初雪」の記事を読む | トップページ | 「民家の地下に古代寺院跡=発掘の7人は一時拘束-エジプト」の記事を読む »