« 「樹齢200年の杉で吉野駅看板」の記事を読む | トップページ | 「大本山永平寺で恒例たくあん漬け 雲水が香菜蔵で作業」の記事を読む »

2014.11.27

「スタンレーパークでホリデーイルミ列車-収益は火災被災者救済ファンドへ」の記事を読む

 「スタンレーパークでホリデーイルミ列車-収益は火災被災者救済ファンドへ」という記事を読んだ。

 2014年11月27日から、カナダ・バンクーバーのスタンレーパークで、ホリデーシーズン恒例のイルミネーション列車「Bright Nights in Stanley Park」の運行が始まるそうだ。バンクーバー・パークボードとブリティッシュ・コロンビア州消防士火災被災者支援基金の共催で、今年で17回目だという。

 このイベントは、昨年は20万人以上が訪れており、300万個以上の電球で彩られた園内のイルミネーションは800人を超える消防士たちが8000時間以上を費やして設置から撤去までを担当するそうだ。ジンジャーブレッドハウスやサンタクロース、小人たちやトナカイなどがライトアップされた幻想的な風景の中をミニ列車が走り抜けるという。

 会場のイルミネーション見物は無料で、列車の乗車料は大人が11カナダドル(10時~15時は6カナダドル)、子ども(3歳~17歳)とシニア(65歳以上)は8カナダドル(同)、2歳以下は無料だそうだ。
 収益はブリティッシュ・コロンビア州やけど基金に寄付されるという。

 1月4日まで開催されているそうだ。

 私が読んだ記事はこちら。

|

« 「樹齢200年の杉で吉野駅看板」の記事を読む | トップページ | 「大本山永平寺で恒例たくあん漬け 雲水が香菜蔵で作業」の記事を読む »

*200809カナダのその後」カテゴリの記事

ニュース」カテゴリの記事

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/51447/60723630

この記事へのトラックバック一覧です: 「スタンレーパークでホリデーイルミ列車-収益は火災被災者救済ファンドへ」の記事を読む:

« 「樹齢200年の杉で吉野駅看板」の記事を読む | トップページ | 「大本山永平寺で恒例たくあん漬け 雲水が香菜蔵で作業」の記事を読む »