« 「初日は3万8000人でにぎわう 「日光そばまつり」始まる」の記事を読む | トップページ | 「樹齢200年の杉で吉野駅看板」の記事を読む »

2014.11.24

「三重)「エンヤ、エンヤ」伊雑宮へお白石持」の記事を読む

 「三重)「エンヤ、エンヤ」伊雑宮へお白石持」という記事を読んだ。

 2014年11月22日、伊勢神宮内宮の別宮・伊雑宮の式年遷宮で、新社殿の白い敷石を奉納する「お白石持)行事」があり、地元の旧磯部町民ら約1000人が参加したのだそうだ。

 志摩磯部駅の近くで、法被を着込んだ男女が木やり唄を歌い上げた後、宮川の河川敷で拾い集められた石を積んだ木車2台が出発し、50〜100mの綱を参加者たちが引いて「エンヤ、エンヤ」の掛け声を響かせながら約1.5km先の伊雑宮に向かったという。
 伊雑宮に着くと、一人ひとりが石を白い布に包んで持ち、新社殿前の木箱に収めたそうだ。
 ご神体を旧社殿から新社殿に移す「遷御の儀」は、神職らによって28日に営まれるという。

 伊勢神宮の中で、私が最初に訪れたのが伊雑宮なので、何となく思い入れがある。
 それは見てみたかったなぁと思ったのだった。

 私が読んだ記事はこちら。

|

« 「初日は3万8000人でにぎわう 「日光そばまつり」始まる」の記事を読む | トップページ | 「樹齢200年の杉で吉野駅看板」の記事を読む »

*200802伊勢志摩のその後」カテゴリの記事

ニュース」カテゴリの記事

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/51447/60704302

この記事へのトラックバック一覧です: 「三重)「エンヤ、エンヤ」伊雑宮へお白石持」の記事を読む:

« 「初日は3万8000人でにぎわう 「日光そばまつり」始まる」の記事を読む | トップページ | 「樹齢200年の杉で吉野駅看板」の記事を読む »