« 「スタンレーパークでホリデーイルミ列車-収益は火災被災者救済ファンドへ」の記事を読む | トップページ | 中米3ヶ国旅行記7日目その3 »

2014.11.28

「大本山永平寺で恒例たくあん漬け 雲水が香菜蔵で作業」の記事を読む

 「大本山永平寺で恒例たくあん漬け 雲水が香菜蔵で作業」という記事を読んだ。

 2014年11月27日、福井県永平寺町の曹洞宗大本山永平寺で、恒例のたくあん漬けが行われたそうだ。

 香菜蔵と呼ばれる漬物を保管する建物内で、雲水約10人があわら市産の干し大根の葉を切り、塩や唐辛子などを混ぜたぬかを準備し、直径約1mの木おけに大根とぬかを交互に敷き詰め、草鞋を履いた雲水がおけの中に入り、足で踏み固めながら、大根をぎっしりと並べていったという。
 保存食作りも重要な修行の一つなのだそうだ。

 この日漬けたたくあんは、来夏から雲水や宿泊者の食事に出されるということで、体験修行で宿泊したらやはり供されるのだろうなぁと思ったのだった。

 私が読んだ記事はこちら。

|

« 「スタンレーパークでホリデーイルミ列車-収益は火災被災者救済ファンドへ」の記事を読む | トップページ | 中米3ヶ国旅行記7日目その3 »

*201002永平寺のその後」カテゴリの記事

ニュース」カテゴリの記事

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/51447/60728946

この記事へのトラックバック一覧です: 「大本山永平寺で恒例たくあん漬け 雲水が香菜蔵で作業」の記事を読む:

« 「スタンレーパークでホリデーイルミ列車-収益は火災被災者救済ファンドへ」の記事を読む | トップページ | 中米3ヶ国旅行記7日目その3 »