« 「伊勢神宮外宮参道に和服姿の女性たち-「おかげ年 神楽月 外宮さん参り」」の記事を読む | トップページ | 「修善寺のテーマパークで紅葉が見頃に-夜間ライトアップも」の記事を読む »

2014.11.21

「モンゴル 恐竜王国復権へ熱 「英雄」奪還 化石流出に決別」の記事を読む

 「モンゴル 恐竜王国復権へ熱 「英雄」奪還 化石流出に決別」という記事を読んだ。

 モンゴルで、空前の恐竜化石ブームが起こっているそうだ。
 米国に流出したアジア最大級の肉食恐竜「タルボサウルス・バタール」の全身骨格を売却寸前に取り戻し、国民が沸き立ったのがきっかけで、政府は来年夏には首都ウランバートルに専門の博物館を開設し恐竜王国の“復活”を目指すという。

 モンゴルは保存状態が極めて良い化石が大量出土する恐竜化石の宝庫だが、一獲千金狙いの盗掘が横行し、多くが国外に流出したそうだ。

 2012年5月、ニューヨークで密輸の疑いが濃厚なタルボサウルス・バタールの全身骨格が100万ドル前後で競売に掛けられたが、エルベグドルジ大統領は直ちに所有権を主張する「声明」を出して待ったをかけ、モンゴル政府は米国での裁判に勝利し、2013年5月にバタールが戻ると国民は熱狂し、期間限定の仮設展示会には、人口約280万人の同国で約46万人が詰め掛けたという。
 世界各国に散らばった恐竜化石の返還を要求する運動も一気に盛り上がり、これまでに米国や英国、イタリアなどから200点以上が戻ってきたそうだ。

 しかし問題も山積みで、政府は1980年にレーニン博物館として建設された建物を恐竜博物館に衣替えしようとしているが、想定以上に老朽化が進んでおり改修コストが膨らんでいるという。

 モンゴルを旅行したとき、ウランバートルにある恐竜博物館にも行っている。展示品は凄いのにちょっと寒々しい感じだったように記憶している。あの博物館はどうなるのだろう。ちょっt気になった。

 私が読んだ記事はこちら。

|

« 「伊勢神宮外宮参道に和服姿の女性たち-「おかげ年 神楽月 外宮さん参り」」の記事を読む | トップページ | 「修善寺のテーマパークで紅葉が見頃に-夜間ライトアップも」の記事を読む »

*200608モンゴルのその後」カテゴリの記事

ニュース」カテゴリの記事

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/51447/60686999

この記事へのトラックバック一覧です: 「モンゴル 恐竜王国復権へ熱 「英雄」奪還 化石流出に決別」の記事を読む:

« 「伊勢神宮外宮参道に和服姿の女性たち-「おかげ年 神楽月 外宮さん参り」」の記事を読む | トップページ | 「修善寺のテーマパークで紅葉が見頃に-夜間ライトアップも」の記事を読む »