« 「ペルー・リマ、「天野博物館」現在改装工事中(~1月)」の記事を読む | トップページ | 640000アクセス達成! »

2014.12.24

「雪の大本山永平寺で大すす払い 雲水100人、ササですっきり」の記事を読む

 「雪の大本山永平寺で大すす払い 雲水100人、ササですっきり」という記事を読んだ。

 2014年12月22日、福井県永平寺町の曹洞宗大本山永平寺で年末恒例の大すす払いが行われ、作務衣姿の雲水約100人が早朝から法堂や監院寮、仏殿など境内の各所をきれいにし、新年を迎える準備を整えたそうだ。

 法堂の外側にある「掛け出し」では、朝のお勤めを終えた雲水たちが頭に手拭いを巻き、軍手に長靴姿になって集合し、長さ約6mの竹の先にササの葉を付けたはたきを手に、軒下や壁、電灯の傘のほこりを丁寧に取り除いたという。
 雲水の一人は「大すす払いは大切な修行の一つ。ことしが終わるに当たって、良いことも悪いことも含め、あかを落とした」と話していたそうだ。

 永平寺では、12月31日16時半までの通常参拝の後、20半から1月3日の17時まで初詣参拝できるという。
 除夜の鐘は31日21時から翌日1時半までで、一般参加も可能だそうだ。

 永平寺で除夜の鐘をついて年越しなんて、いい1年になりそうだなぁと思ったのだった。

 私が読んだ記事はこちら。

|

« 「ペルー・リマ、「天野博物館」現在改装工事中(~1月)」の記事を読む | トップページ | 640000アクセス達成! »

*201002永平寺のその後」カテゴリの記事

ニュース」カテゴリの記事

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/51447/60859641

この記事へのトラックバック一覧です: 「雪の大本山永平寺で大すす払い 雲水100人、ササですっきり」の記事を読む:

« 「ペルー・リマ、「天野博物館」現在改装工事中(~1月)」の記事を読む | トップページ | 640000アクセス達成! »