« 「ナスカの地上絵にグリーンピース侵入 足あと残り波紋」の記事を読む | トップページ | 「ラムセス王朝時代の王妃か、エジプトで墓発見」の記事を読む »

2014.12.12

「まゆ玉作り最盛期」の記事を読む

 「まゆ玉作り最盛期」という記事を読んだ。

 商売繁盛や家内安全を祈願する正月の縁起物の「まゆ玉」作りが、熱海市の来宮神社で最盛期を迎えているのだそうだ。

 熱海市はかつて養蚕業が栄えたため、蚕のまゆに見立てた、まゆ玉作りが盛んになったという。
 2014年12月10日は、魔よけの意味を持つ赤、青、紫、緑、黄、白の6色のまゆ玉を、巫女たちがハギの枝に飾りつけたそうだ。
 まゆ玉作りは11月中旬から12月下旬まで行われ、元日から約3000本を販売するという。

 まゆ玉をいただきにお正月に初詣に行くのもいいなぁと思ったのだった。

 私が読んだ記事はこちら。

|

« 「ナスカの地上絵にグリーンピース侵入 足あと残り波紋」の記事を読む | トップページ | 「ラムセス王朝時代の王妃か、エジプトで墓発見」の記事を読む »

*201005熱海のその後」カテゴリの記事

ニュース」カテゴリの記事

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/51447/60800411

この記事へのトラックバック一覧です: 「まゆ玉作り最盛期」の記事を読む:

« 「ナスカの地上絵にグリーンピース侵入 足あと残り波紋」の記事を読む | トップページ | 「ラムセス王朝時代の王妃か、エジプトで墓発見」の記事を読む »