2014.04.20

三春旅行に出発する

 桜の開花時期の予想はほぼ完璧だったと思うのだけれど、お天気が少々怪しい。
 しかし、それも風情である。

 2014年1月に行く筈だった新潟旅行を、私のインフルエンザでキャンセルしたので、今年初の母娘旅行は、三春の滝桜を目指すことになった。
 もっとも、1泊2日のツアーに参加なので、気楽なものである。朝がそれほど(昨年の吉野山旅行ほど)早くないのも有り難い。

 1泊2日で、ひたすら吉野山の桜を見るためのツアーに出発である。

 一応作成した持ち物リストは以下に。

続きを読む "三春旅行に出発する"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014.04.15

旅行社から最終案内が届く(三春)

 2014年4月14日、旅行社からツアーの最終案内が届いた。
 入っていたのは、確定版の日程表、当初案内から帰りの新幹線が早くなったことのお詫び(しかし、観光場所や観光時間への影響はないと書かれていた)、1日目の昼食用お弁当の案内である。

 東京駅集合だけれど、上野駅または大宮駅での途中乗車も可能である。ただし、途中乗車の場合は出発の4日前までに要連絡だ。
 また、お弁当の注文は3日前の15時までとなっている。

 1日目の昼食は新幹線に乗る前に自力で調達するという方法もあるけれど、それは結構忙しないし、荷物も増える。どちらにしてもバス車内で食べるのだったら頼んでしまおうかということで母と相談がまとまった。
 しかし、お茶込み1090円という値段は、便乗値上げなのかどうか微妙なところでだと思う。

 そんな訳で、今日(4月15日)、旅行社に電話して、途中乗車を申し出、お弁当の注文をお願いした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014.03.14

旅行社から書類が届く(三春)

 旅行社から、ツアーに関する書類が届いた。
 以前の電話の内容は「キャンセル待ちの場合は、カード決済ができません」というものだったと思うのだけれど、今回送られて来た振込用紙には、既にカード決済した旨が書かれている。
 しかも、カード決済したという金額に、申し込んでいない筈の国内旅行保険の保険料が含まれている。
 念のため、サイトの決済情報を確認したけれど、やはり、旅行代金のみを決済している。

 何だかよく判らないので、明日にでも電話して確認しようと思う。


<2014年3月15日追記>
 旅行社の問い合わせ国内旅行センターに問い合わせたところ、旅行社として国内旅行保険への加入をお勧めしているので、2人分の保険料込みでご連絡しました、という回答だった。
 申し込んでもいないものの料金を請求書に書いてくるってどうなの、と思ったけれど、オペレーターの方は謝るでもなく、「それで、どうしたいんですか?」という調子である。
 元々、母は加入したいと言っていたので、1名分のみ加入するよう変更を依頼した。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014.03.10

旅行社から連絡が来る(三春)

 1週間くらい前に旅行社からキャンセル待ちが出た旨の連絡を受けた後、サイトに行ってみたところ、クレジットカードでの決済が可能になっていた。
 キャンセル待ちの状況では、決済はできないようになっているのだ。

 なので、カードで決済して安心していたのだけれど、今日(2014年3月10日)になって、旅行社から「キャンセル待ちの場合はカード決済はできません。これから書類を送ります」という電話連絡が入ったのだそうだ。
 カード決済ができないなら、カード決済ができるようなサイトの作りにしなければいいのにと思うのだが、どうなんだろう。

 とりあえず、送られてくる書類を待ってみることにしようと思う。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014.03.04

キャンセル待ちの回答が来る(三春)

 今日(2014年3月4日)の昼間、旅行社からキャンセルが出た旨の連絡があったのだそうだ。
 家にいて電話を受けた母にそう言われ、サイトを確認すると確かに予約確定の手続きができるようになっている。

 ちなみに、キャンセル待ちをしていたツアーで見学予定の桜は以下のとおりである。
 三春の滝桜、白石川千本桜、船岡城址公園、置賜さくら回廊…4月下旬(未開花時は「松島・西行戻しの松公園」と「塩竃神社」)、花見山公園、乙姫桜

 一方、「押さえ」としていたツアーで見学予定の桜は以下のとおりだ。
 三春の滝桜、さくら湖、飯盛山・石部桜、鶴ヶ城公園、花見山公園、霞ヶ城公園、乙姫桜

 正直に言うと、三春の滝桜と置賜さくら回廊の桜を同時に楽しめることはまず考えられないので、私は福島県内限定で桜を巡る後者のツアーの方が楽しめるのではないかと思っていた。
 しかし、母は、前者のツアーの宿泊地が作並温泉であるというところに惹かれているらしい。
 そういうことであるならば、仕方がない。母の旅行である。

 キャンセル待ちをしていた方のツアー申込みを確定し、押さえておいた方のツアーの予約を取り消した。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014.03.01

ツアーに申し込む(三春)

 2014年1月はインフルエンザで、2月は妹の出産で、予定していた旅行に行けなかった。これは早めにリベンジしなければと思い、母の「三春の滝桜を一度見てみたい」という要望に応えて、ツアーを探した。
 ツアーではなく個人で行く方法もあると思うけれど、やはり車がないとなかなか動きづらそうだったので、だったらツアーに乗ってしまおうと思ったのだ。

 しかし、三春の滝桜を見に行くツアーは意外と少ない。
 桜のシーズンには相当な渋滞が発生しているそうだから、ツアーも組みにくいのかも知れない。

 泊まるところを重視したいという母が探し出したのは、三春の滝桜を見て作並温泉に泊まり、山形の一本桜を見て回るというツアーだ。
 よっぽどの異常気象でなければ三春の滝桜と山形の一本桜の開花時期は重ならないのではないかと思っていたところ、よく読むと、やはり山形の一本桜が開花していない場合は**と**を回りますという注意書きがある。
 しかし、母が希望するならばと3月1日に旅行社のサイトをチェックしたところ、狙っていた出発日は既にキャンセル待ちとなっていた。

 仕方がないのでキャンセル待ちを申し込むのと同時に、他のツアーを探す。
 いくつかあったのだけれど、福島県内の桜を周り、時期が合えば会津城のライトアップにも案内するという、裏磐梯に泊まるツアーがあったので、そちらに申し込んだ。
 キャンセル料がかかるぎりぎりまで粘って、キャンセル待ちが出なかったらこちらに決めようという心づもりである。

 果たして、これで2014年の私の旅行厄が落とせるのか。
 ぜひいい旅行にしたいと思っている。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

その他のカテゴリー

**−旅行記の入口はこちら− *100Q *200309ケニアのその後 *200309ケニアの始末 *200409ペルーのその後 *200409ペルーの始末 *200409ペルーの支度 *200501正月パスの始末 *200501正月パスの支度 *200503オーロラ(フィンランド)の始末 *200503オーロラ(フィンランド)の支度 *200503フィンランドのその後 *200506初島のその後 *200506初島の始末 *200506初島の支度 *200508アイスランドのその後 *200508アイスランドの始末 *200508アイスランドの支度 *200604熊野古道のその後 *200604熊野古道の始末 *200604熊野古道の支度 *200608モンゴルのその後 *200608モンゴルの始末 *200608モンゴルの支度 *200608修善寺のその後 *200608修善寺の始末 *200608修善寺の支度 *200705山寺の始末 *200705山寺の支度 *200706日光の始末 *200706日光の支度 *200710立山・黒部のその後 *200710立山・黒部の始末 *200710立山・黒部の支度 *200712エジプトのその後 *200712エジプトの始末 *200712エジプトの支度 *200802伊勢志摩のその後 *200802伊勢志摩の始末 *200802伊勢志摩の支度 *200805伊豆断食の始末 *200805伊豆断食の支度 *200808箱根のその後 *200808箱根の始末 *200808箱根の支度 *200809オーロラ(ホワイトホース)の始末 *200809オーロラ(ホワイトホース)の支度 *200809カナダのその後 *200902香港のその後 *200902香港の始末 *200902香港の支度 *200903ハトヤホテルの始末 *200903ハトヤホテルの支度 *200906奥日光の始末 *200906奥日光の支度 *200907裏磐梯の始末 *200907裏磐梯の支度 *200908ベネズエラの始末 *200908ベネズエラの支度 *200911袋田の滝の始末 *200911袋田の滝の支度 *201001河口湖の始末 *201001河口湖の支度 *201002永平寺と京都の始末 *201002永平寺と京都の支度 *201002永平寺のその後 *201005熱海の始末 *201005熱海の支度 *201005箱根の始末 *201005箱根の支度 *201008奥日光の始末 *201008奥日光の支度 *201009ヨルダンとエジプトの始末 *201009ヨルダンとエジプトの支度 *201009ヨルダンのその後 *201011日本平の始末 *201102知床流氷のその後 *201102知床流氷の始末 *201102知床流氷の支度 *201108白馬の始末 *201108白馬の支度 *201109ウズベキスタンのその後 *201109ウズベキスタンの始末 *201109ウズベキスタンの支度 *201110奥鬼怒の始末 *201110奥鬼怒の支度 *201111鹿児島の始末 *201111鹿児島の支度 *201112千倉の始末 *201112千倉の支度 *201112大阪と京都の始末 *201112大阪と京都の支度 *201202蔵王の始末 *201202蔵王の支度 *201203オーロラ(イエローナイフ)の始末 *201203オーロラ(イエローナイフ)の支度 *201205ひたちなかの始末 *201205ひたちなかの支度 *201205姥湯温泉の始末 *201205姥湯温泉の支度 *201206沼津の支度 *201207月山・鳥海山の始末 *201207月山・鳥海山の支度 *201208甲府の始末 *201208甲府の支度 *201212中米3ヶ国の始末 *201212中米3ヶ国の支度 *201302河津の始末 *201302河津の支度 *201303スパリゾートハワイアンズの始末 *201303スパリゾートハワイアンズの支度 *201304吉野山の始末 *201304吉野山の支度 *201306ハイダ・グアイ(カナダ)の始末 *201306ハイダ・グアイ(カナダ)の支度 *201307白馬の始末 *201307白馬の支度 *201310台湾の始末 *201310台湾の支度 *201311那須の始末 *201311那須の支度 *201404三春の始末 *201404三春の支度 *201406勝浦の始末 *201406勝浦の支度 *201407奥日光の始末 *201407奥日光の支度 *201408香港&クルーズの始末 *201408香港&クルーズの支度 *201410北斗星の始末 *201410北斗星の支度 *201501西伊豆の始末 *201501西伊豆の支度 *201503村杉温泉の始末 *201503村杉温泉の支度 *201505尾瀬の始末 *201505尾瀬の支度 *201505熱海の始末 *201505熱海の支度 *201508カムチャツカの始末 *201508カムチャツカの支度 *201508能登の始末 *201508能登の支度 *201602草津温泉のその後 *201602草津温泉の始末 *201602草津温泉の支度 *201603八重山のその後 *201603八重山の始末 *201603八重山の支度 *201605秩父の始末 *201605秩父の支度 *201605高尾山の始末 *201605高尾山の支度 *201608スリランカの始末 *201608スリランカの支度 *201611京都の始末 *201611京都の支度 *201703鬼怒川温泉の始末 *201703鬼怒川温泉の支度 *201704ひたちなかの始末 *201704京都の始末 *201704京都の支度 *201709奥日光の始末 *201709奥日光の支度 *201710屋久島の始末 *201710屋久島の支度 *201802京都の始末 *201802京都の支度 *201804タスマニアの始末 *201804タスマニアの支度 *201808下呂温泉の始末 *201808下呂温泉の支度 *201809箱根の始末 *201809箱根の支度 *201811両崖山・天狗山の始末 *201811両崖山・天狗山の支度 *201811赤倉温泉の始末 *201811赤倉温泉の支度 *201812陣馬山の始末 *201812陣馬山の支度 *201901ニュージーランドの始末 *201901ニュージーランドの支度 *201901烏場山の始末 *201901烏場山の支度 *201902大阪の始末 *201902大阪の支度 *201905大山の始末 *201905大山の支度 *201905湯の澤鉱泉の始末 *201905湯の澤鉱泉の支度 *201906出雲の始末 *201906出雲の支度 *201908奥入瀬の始末 *201908奥入瀬の支度 *201909栃尾又温泉の始末 *201909栃尾又温泉の支度 *201911横浜の始末 *201911横浜の支度 *201912鬼怒川温泉の始末 *201912鬼怒川温泉の支度 *旅の支度(国内) *旅の支度(海外) *試験の始末 *試験の支度 おすすめサイト ウェブログ・ココログ関連 グルメ・クッキング ニュース パソコン・インターネット 学問・資格 心と体 携帯・デジカメ 文化・芸術 旅行・地域 映画・テレビ 書籍・雑誌 趣味 音楽