« 西伊豆旅行記の入口を作る | トップページ | 「厳冬の恵み、天然氷を切り出し 日光」の記事を読む »

2015.01.13

「網走で「流氷初日」 オホーツク海を急速に南下 平年より9日早く」の記事を読む

 「網走で「流氷初日」 オホーツク海を急速に南下 平年より9日早く」という記事を読んだ。

 2015年1月12日、網走地方気象台は、網走市からオホーツク海の流氷が肉眼で見える「流氷初日」を迎えたと発表したそうだ。平年並みだった昨年より9日早いという。

 気象台によると、8時半ごろ、網走市沖約20kmの海上に量は少ないが流氷が確認できたそうだ。昨年末から冬型の気圧配置が続いたことで北寄りの風が強まり、流氷の南下が急激に進んだという。

 流氷が接岸して船舶が航行できなくなる「流氷接岸初日」は、平年では2月2日ごろだそうだ。

 今年の流氷は面積が少ないというニュースも見たけれど、こういうニュースを見ると、リベンジに行ってみようかという気持ちになってしまう。

 私が読んだ記事はこちら。

|

« 西伊豆旅行記の入口を作る | トップページ | 「厳冬の恵み、天然氷を切り出し 日光」の記事を読む »

*201102知床流氷のその後」カテゴリの記事

ニュース」カテゴリの記事

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/51447/60963229

この記事へのトラックバック一覧です: 「網走で「流氷初日」 オホーツク海を急速に南下 平年より9日早く」の記事を読む:

« 西伊豆旅行記の入口を作る | トップページ | 「厳冬の恵み、天然氷を切り出し 日光」の記事を読む »