« 「伊勢志摩から直線距離で200キロ以上離れた富士山、一日中観測」の記事を読む | トップページ | 「4500年前の墓発掘、古代エジプト王妃の名前判明」の記事を読む »

2015.01.05

「勇壮に魔除けの矢放つ 日光・二荒山神社中宮祠で武射祭」の記事を読む

 「勇壮に魔除けの矢放つ 日光・二荒山神社中宮祠で武射祭」という記事を読んだ。

 2015年1月4日、日光二荒山神社中宮祠で、室町時代から続く伝統行事「武射祭」が行われ、神職ら19人が1年間の無病息災を祈って、群馬・赤城山方面に矢を放ったのだそうだ。

 武射祭は本県の男体山の神群馬県の赤城山の神が領地をめぐって争った際、弓の名手が赤城山の化身である大ムカデの目を射抜いたという故事に由来する祭りで、関係者は社殿での神事の後に境内の上神橋に移動し、白装束にかみしも姿の吉田健彦宮司が「やあー」というときの声とともに白羽の矢を放ち、神職と県弓道連盟の会員らも続いたという。

 放たれた矢は破魔矢にして持ち帰ることが可能なため、積雪の上を走って矢を拾う人もいたそうだ。

 確かに神社でいただいた破魔矢よりも霊験あらたかな感じがするなと思ったのだった。

 私が読んだ記事はこちら。

|

« 「伊勢志摩から直線距離で200キロ以上離れた富士山、一日中観測」の記事を読む | トップページ | 「4500年前の墓発掘、古代エジプト王妃の名前判明」の記事を読む »

*200706日光のその後」カテゴリの記事

ニュース」カテゴリの記事

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/51447/60928966

この記事へのトラックバック一覧です: 「勇壮に魔除けの矢放つ 日光・二荒山神社中宮祠で武射祭」の記事を読む:

« 「伊勢志摩から直線距離で200キロ以上離れた富士山、一日中観測」の記事を読む | トップページ | 「4500年前の墓発掘、古代エジプト王妃の名前判明」の記事を読む »