« 「日光東照宮 御朱印ラリー」の記事を読む | トップページ | 村杉温泉旅行記1日目 »

2015.03.21

「すすき草原を守る炎」の記事を読む

 「すすき草原を守る炎」という記事を読んだ。

 2015年3月18日、箱根町仙石原の台ヶ岳(標高1045m)山麓に広がるすすき草原で山焼きが行われたそうだ。

 景観と植生の維持が目的で、樹木の生育を防ぎ、すすきが一定の高さに育つようにするため、1989年から毎年この時期に行われているという。
 山焼き面積は約22ヘクタールで、観光客が見守るなか、地元の消防関係者らがバーナーで火をつけて回り、瞬く間に炎が上がり、草原は火に包まれたそうだ。

 焼け野原となったすすき草原では、5月には青々とした新芽が育ち、秋には穂が黄金色になるなど季節の移ろいを見せるという。
 本当に子どもの頃を除くと、仙石原に行って薄を見た記憶がないので、一度行ってみたいものだと思ったのだった。

 私が読んだ記事はこちら。

|

« 「日光東照宮 御朱印ラリー」の記事を読む | トップページ | 村杉温泉旅行記1日目 »

*200808箱根のその後」カテゴリの記事

ニュース」カテゴリの記事

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/51447/61312298

この記事へのトラックバック一覧です: 「すすき草原を守る炎」の記事を読む:

« 「日光東照宮 御朱印ラリー」の記事を読む | トップページ | 村杉温泉旅行記1日目 »