« 「ナスカ地上絵共に守る 山形大とペルーが協定」の記事を読む | トップページ | 「河口湖カチカチ山ロープウェイにパノラマビューの新型ゴンドラが登場」の記事を読む »

2015.04.26

「墨田区に移転した「たばこと塩の博物館」、4月25日オープン」の記事を読む

 「墨田区に移転した「たばこと塩の博物館」、4月25日オープン」という記事を読んだ。

 2015年4月24日、墨田区に移転した「たばこと塩の博物館」が報道陣に公開されたのだそうだ。
 オープンは、今日(4月25日)である。

 「たばこと塩の博物館」は1978年に渋谷区で開館し、たばこと塩の歴史や文化に関するテーマを中心に紹介して2012年8月には来館者数が延べ300万人を超えたが、移転のため2013年9月に休館していたという。
 新しい「たばこと塩の博物館」は、これまでの「たばこ」「塩」の常設展示室や特別展示室などが約2倍の広さに拡充され、たばこの常設展示室は「たばこ文化の発生」「世界のたばこ文化」「江戸のたばこ文化」「近現代のたばこ文化」の4カテゴリ、塩の常設展示室は「世界の塩資源」「日本の塩づくり」「塩のサイエンス」の3カテゴリで展開されているそうだ。

 現存するたばこにまつわる最古の資料であるパレンケ遺跡(メキシコ)にある「たばこを吸う神のレリーフ」の実物大模型や、ポーランドのヴィエリチカ岩塩坑で、坑夫たちに信仰されている「聖キンガ像」を再現製作した岩塩彫刻など、たばこと塩の歴史と文化を幅広く紹介しているという。

 パレンケ遺跡のあのレリーフに再会できるのは嬉しい。ぜひ行ってみたいと思っている。

 私が読んだ記事はこちら。

|

« 「ナスカ地上絵共に守る 山形大とペルーが協定」の記事を読む | トップページ | 「河口湖カチカチ山ロープウェイにパノラマビューの新型ゴンドラが登場」の記事を読む »

*201212メキシコのその後」カテゴリの記事

ニュース」カテゴリの記事

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/51447/61494054

この記事へのトラックバック一覧です: 「墨田区に移転した「たばこと塩の博物館」、4月25日オープン」の記事を読む:

« 「ナスカ地上絵共に守る 山形大とペルーが協定」の記事を読む | トップページ | 「河口湖カチカチ山ロープウェイにパノラマビューの新型ゴンドラが登場」の記事を読む »