« 「侍屋敷改装しオープン 日光・金谷ホテル歴史伝承館」の記事を読む | トップページ | 660000アクセス達成! »

2015.04.01

「流氷面積 平年の6割弱 過去最小見込み」の記事を読む

 「流氷面積 平年の6割弱 過去最小見込み」という記事を読んだ。

 札幌管区気象台は、2014年から2015年にかけての冬、オホーツク海で観測された海氷の最大面積が、統計を取り始めた1970~71年にかけての冬以来、最小となる見込みだと発表したそうだ。
 この冬の最大面積は2月28日の67.48万平方kmで、平年値の6割弱にとどまったという。

 札幌管区気象台は、海氷が拡大しなかった要因としてシベリアからの風が弱かったこと、また、オホーツク北部の上空の平均気温が、昨年12月~今年2月は平年より2度以上高く海水が凍りにくかったことを挙げているそうだ

 これまで、最大面積が最も小さかったのは1983~84年にかけての冬で、85.81万平方kmだったそうで、同気象台地球環境・海洋課は3月25日の記者会見で「海氷の面積は年ごとにばらつきが大きいが、地球温暖化などの影響もあり、長期的に減少傾向にある」と説明したという。

 この冬の流氷の面積が小さいというニュースはシーズン前から見聞きしていたけれど、それが実際の数字としても表れたのだなと思ったのだった。

 私が読んだ記事はこちら。

|

« 「侍屋敷改装しオープン 日光・金谷ホテル歴史伝承館」の記事を読む | トップページ | 660000アクセス達成! »

*201102知床流氷のその後」カテゴリの記事

ニュース」カテゴリの記事

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/51447/61373794

この記事へのトラックバック一覧です: 「流氷面積 平年の6割弱 過去最小見込み」の記事を読む:

« 「侍屋敷改装しオープン 日光・金谷ホテル歴史伝承館」の記事を読む | トップページ | 660000アクセス達成! »