« 「死海が「死の危機」=水位低下、沿岸に陥没孔-観光産業にも影響か」の記事を読む | トップページ | 「箱根の大涌谷、今後も蒸気噴出の恐れ 気象庁」の記事を読む »

2015.05.03

「イルミネーション始まる 5月2日から、那須・りんどう湖レイクビュー」の記事を読む

 「イルミネーション始まる 5月2日から、那須・りんどう湖レイクビュー」という記事を読んだ。

 2015年5月2日から、りんどう湖LAKE VIEWでは、湖岸のイルミネーションの点灯を開始するそうだ。
 4月29日夜には、関係者ら約100人を招待して試験点灯を実施し、那須高原小の児童らが、遊覧船に乗りながらイルミネーションを楽しんだという。

 これまで冬季にイルミネーションを行ってきたが、家族層だけでなくカップルなど若い世代にも来園してもらおうと、今年初めてこの時季から点灯を開始することにしたそうだ。点灯時には遊覧船ナイトクルーズの営業も行うという。

 テーマは「トライデントイルミネーション」で、七色に輝く高さ約30メートルの噴水が目玉だそうだ。
 トライデントとは、ギリシャ神話に登場する海の神が持つやりのことで、光のやりが湖に突き立つ様子を表現したという。また、湖岸には約3000個の電球を配置したそうだ。

 イルミネーションは来年1月3日までの土日祝日、日没~20時まで実施されるという。

 「りんどう湖ファミリー牧場」から改名して1年、なかなか楽しそうに変わっているらしいと思ったのだった。

 私が読んだ記事はこちら。

|

« 「死海が「死の危機」=水位低下、沿岸に陥没孔-観光産業にも影響か」の記事を読む | トップページ | 「箱根の大涌谷、今後も蒸気噴出の恐れ 気象庁」の記事を読む »

*201311那須のその後」カテゴリの記事

ニュース」カテゴリの記事

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/51447/61526322

この記事へのトラックバック一覧です: 「イルミネーション始まる 5月2日から、那須・りんどう湖レイクビュー」の記事を読む:

« 「死海が「死の危機」=水位低下、沿岸に陥没孔-観光産業にも影響か」の記事を読む | トップページ | 「箱根の大涌谷、今後も蒸気噴出の恐れ 気象庁」の記事を読む »