« 尾瀬日帰り旅行記その2(引っ越しました) | トップページ | 「白馬連峰に夏山シーズン到来、恒例の「貞逸祭」」の記事を読む »

2015.05.31

全く無事でなく帰宅する(尾瀬)

 2015年5月30日、日帰りツアーで尾瀬に出かけ、機嫌良く過ごした帰路、新幹線の車中にいた20時24分ころ、小笠原を進言とするマグニチュード8.5の地震が起こり、停電して新幹線が止まった。
 車内が暗くなって非常灯のみとなり、空調もストップした。
 
 そんな経験は初めてである。

 その後、送電は比較的早く再開されたものの、高崎駅少し手前のトンネルにいた新幹線はその後遅れに遅れ、3時間近く遅れて大宮駅に到着した。
 もちろん、在来線も遅れに遅れている。

 そんなこんなで、自宅に着いたのは翌31日の2時だった。

 それでも、新幹線を大宮駅で下車した後、電車の乗り継ぎも比較的良く、自宅最寄り駅まで座って帰れたし、不幸中の幸いというか、総じてラッキーだったと思う。

 でも、疲れた。


<同じ日の午後に追記>
 肝心の尾瀬では、絶好のハイキング日和に恵まれ、晴天と涼しい風が吹く中、気持ち良く歩いて来た。
 「6時間滞在」と歌ったツアーに参加したのだけれど、これが4時間では多分あまり楽しめなかったと思う。欲張って良かった。
 ちなみに、花豆ソフトクリームが美味しい暑さだった。山の鼻の最高気温が27度だったそうだ。

 風が強く、地糖が波立っていて、逆さ燧を見られなかったのがちょっと残念である。

 今回の日帰り尾瀬旅行にかかった費用は、概算で22000円だった。ここには、ツアー代、集合場所までの交通費、食費、おやつ代が含まれているが、お土産代は含まれていない。

|

« 尾瀬日帰り旅行記その2(引っ越しました) | トップページ | 「白馬連峰に夏山シーズン到来、恒例の「貞逸祭」」の記事を読む »

*201505尾瀬の始末」カテゴリの記事

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/51447/61671234

この記事へのトラックバック一覧です: 全く無事でなく帰宅する(尾瀬):

« 尾瀬日帰り旅行記その2(引っ越しました) | トップページ | 「白馬連峰に夏山シーズン到来、恒例の「貞逸祭」」の記事を読む »