« 「文化審答申:国名勝に”熊楠の風景地” 国史跡、紀伊路など追加指定/和歌山」の記事を読む | トップページ | 宿を予約する(能登) »

2015.06.22

「夏至の日に、太陽と富士山と夫婦岩重なる 二見興玉神社でみそぎ」の記事を読む

 「夏至の日に、太陽と富士山と夫婦岩重なる 二見興玉神社でみそぎ」という記事を読んだ。

 2015年の夏至の日である6月22日、二見興玉神社夫婦岩の真ん中から朝日と富士山が重なったそうだ。
 恒例の「夏至祭」も行われ、ふんどし姿の男性と白装束姿の女性約200人が海の中でみそぎを行ったという。

 二見興玉神社の海岸に浮かぶ夫婦岩の中央に朝日と富士山が重なるのは6月1日~7月初めごろの約30日間だけで、しかも梅雨時とも重なるため雨の日が多く、富士山はおろか朝日が出る確率は非常に低いのだそうだ。
 また、二見興玉神社から富士山までは直線距離で200km以上離れている。

 2015年6月22日、富士山の左肩から現れた太陽がゆっくりと富士のシルエットを写し出しながら頂上まで到達すると富士山は見えなくなったが、代わりに、まん丸の太陽に変わったという。
 夏至の日にこれほどくっきりと富士山と日の出を見ることができたのは20年ぶりかも知れないのだそうだ。

 これはもう、毎年チャレンジし続けている人だけの特典だったのかもと思ったのだった。

 私が読んだ記事はこちら。

|

« 「文化審答申:国名勝に”熊楠の風景地” 国史跡、紀伊路など追加指定/和歌山」の記事を読む | トップページ | 宿を予約する(能登) »

*200802伊勢志摩のその後」カテゴリの記事

ニュース」カテゴリの記事

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/51447/61781394

この記事へのトラックバック一覧です: 「夏至の日に、太陽と富士山と夫婦岩重なる 二見興玉神社でみそぎ」の記事を読む:

« 「文化審答申:国名勝に”熊楠の風景地” 国史跡、紀伊路など追加指定/和歌山」の記事を読む | トップページ | 宿を予約する(能登) »