« ロシア・ルーブルを購入する(カムチャツカ) | トップページ | 680000アクセス達成! »

2015.08.04

「台湾・阿里山森林鉄道、約10年ぶりに新型車両導入へ 乗り心地向上図る」の記事を読む

 「台湾・阿里山森林鉄道、約10年ぶりに新型車両導入へ 乗り心地向上図る」という記事を読んだ。

 2015年8月2日、台湾鉄路管理局は、阿里山森林鉄路向けに新型車両10両を購入すると発表したそうだ。来年末までに車両の引き渡しを済ませ、順次営業運転に投入する計画だという。

 阿里山森林鉄路では車両の老朽化が進んでおり、新車両の導入は約10年ぶりとなるそうだ。
 車体はステンレスとするほか、照明にはLEDライトを採用し、また、乗り心地の向上も図るという。

 台湾鉄路では、新車両の導入と全線の開通後、嘉義―阿里山間を結ぶ旅客列車の運転本数を1日1往復から2往復に増やすほか、金、土、日と祝祭日には2往復から3往復に増発する予定だそうだ。
 阿里山森林鉄路は2009年の台風被害のため、現在も一部区間の不通が続いているという。

 できれば「新車両」が「新車両」であるうちに全線開通されたら、ぜひ乗ってみたいものだと思ったのだった。

 私が読んだ記事はこちら。

|

« ロシア・ルーブルを購入する(カムチャツカ) | トップページ | 680000アクセス達成! »

*201310台湾のその後」カテゴリの記事

ニュース」カテゴリの記事

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/51447/62013689

この記事へのトラックバック一覧です: 「台湾・阿里山森林鉄道、約10年ぶりに新型車両導入へ 乗り心地向上図る」の記事を読む:

« ロシア・ルーブルを購入する(カムチャツカ) | トップページ | 680000アクセス達成! »