« 680000アクセス達成! | トップページ | 「東京農工大:ウズベキスタンの養蚕農家支援 展示会で紹介」の記事を読む »

2015.08.05

添乗員さんから電話が来る&荷造りをする(カムチャツカ)

 2015年8月5日、添乗員さんから最終確認の電話が入った。
 話の中身は数日前に届いた「旅のしおり」の説明が多かったと思う。
 その他の新情報としては、以下のとおりである。

・現地では、日本円からも、米ドルからも、両替はできない。
・1日目はオンタイムであれば19時半くらいにホテルに入れる。
 その場合、ホテルの目の前にあるスーパーで買い物が可能。
 (ただし、添乗員さんが以前に購入したお総菜は美味しくなかったらしい。)
 スーパーは21時に閉まるので、飛行機の遅延も考え、何かしらの夕食の用意はしておいた方が良い。
・水はスーパーでも買えるし、ホテルのお部屋に1本(1日目のみ)、毎夕食時に1本が付く。
・スーパーマーケットではVISAとMASTERが使えるが、ホテルや市場などではクレジットカードは使えない。
・スーパー及びホテルにATMがあるが、キャッシングした場合のレートは不明である。
・昨年までホテルにFree wi-fiがあったが、今年になって有料化された。
 パスワードを入れた瞬間から24時間有効で、300ルーブルかかる。
・ホテルにモーニングコールを頼むが、毎日数人は「かかって来なかった」という人がいる。
 念のため携帯電話か目覚まし時計を用意してもらうと安心である。
・バス(というか六輪駆動車)2台で回る。1,4,5日目は同行程、2,3日目は別行程である。
 同行程の場合でも、一度に食事の用意をすることが難しいので、その場合は時間差で案内することになる。
・4日目が、一番蚊が多い。園芸用の虫除けネットが必須である。
 また、手に寄ってくる虫対策に手袋も必要である。
・参加者15人のうち、40代と50代の参加者が合わせて5人いる。
 女性の一人参加は私を含めて3名で、あとのお二人は70代と80代である。

 参加メンバーの年齢構成を聞き、お盆の時期なら多少は若めの人がいるのじゃないかという私の期待は見事に砕かれた。
 あまりのことにクラっとしつつ、「お手伝いできることがあれば言ってくださいね」と思わず言ったら、「そんなことを言ってもらえることは滅多にない」と添乗員さんに感激されてしまった。

 そんな添乗員さんからの電話と、キャリーケースの重量、添乗員さんは「最高気温25度」と言うけどネットで調べるとここ数日は16度前後らしいこと等々を考慮し、持ち物リストは以下のようになった。
 キャリーケースは、明日(8月6日)に空港宅配に引き取りに来てもらうことになっている。


<必需品>
 パスポート
  *コピーと写真は別のバッグに入れた
 クレジットカードの海外旅行保険説明書
 日本円現金
 USドル現金
 ロシアルーブル
 クレジットカード
 旅行社からもらった旅のしおり
 SUICA
 プライオリティパス

<バッグ>
 キャリーケース
  *タテ73cmヨコ48cm幅26cmくらい
 コールマンのワンショルダーバッグ
 コールマンのウエストバッグ
 エコバッグ
 レスポの三連ポーチ(お財布に)

<書籍等>
 iPad

<着替え等>
 スコーロン(虫除け)素材の長袖シャツ 2
 即乾素材の長袖Tシャツ 2(1枚はパジャマ用)
 即乾素材の半袖Tシャツ 3
 薄手の長袖シャツ 1
 サマーセーター 1
 ウィンドブレーカー 1
 フリース 1
 ブラトップ 1
 スコーロン素材のパンツ 1
 アウトドア用パンツ 1
 スカート 1
 スポーツタイツ 1
 スパッツ 2(1つはパジャマ用)
 下着 3セット
 靴下 5
 日よけ帽子 1
 タオルハンカチ 2
 ハンドタオル 2
 浴用タオル 1
 手ぬぐいマフラー 2
 スポーツサンダル 1
 ハイキングシューズ 1
 ビーチサンダル 1
 レインウエア(上下セパレート) 1
 ゲイター
 水着(温泉用)
 バスタオル 1

<洗面用具・化粧品>
 くし
 ボディソープ
 歯ブラシ・歯磨き粉
 シャンプー・リンス
 手ぬぐい 1
 化粧水、乳液、クリーム
 保湿オールインワンジェル
 日焼け止め
 シートマスク 3
 ハンドクリーム
 リップクリーム 2
 髪留めゴム・クリップ
 シュシュ
 シェーバー
 制汗剤
 便座除菌シート

<薬など>
 頭痛薬
 傷薬
 目薬
 虫除けリング
 ハッカオイル
 虫除けスプレー
 虫さされの薬
 バンドエイド たくさん
 爪切り
 温湿布・休足時間・熱冷まシート

<カメラ等>
 デジカメ 1
 充電池 2セット
 充電用コード 1
 メディア 3GB強
 ノイズキャンセリングイヤホン

<食べ物>
 のど飴
 クッキーサンド 3
 カップ焼きそば・割り箸
 フルーツ缶
 ナッツ
 梅タブレット
 ティーバッグ(ジャスミンティーや日本茶など) たくさん
 コーヒーのドリップパック 5
 水(2Lのペットボトル)

<その他>
 湯沸かしポット
 カップ
 水筒
 ヘッドライト
 ガムテープ
 輪ゴム
 ジップロック+防水袋、スーパーのビニル袋
 ビニルひも
 ビクトリノクスのナイフ
 トイレットペーパー
 ポケットティッシュ たくさん
 ウェットティッシュ 2
 汗ふきシート 1
 筆記用具
 目覚まし時計
 耳栓
 折りたたみ傘
 クリアファイル 2
 折りたたみクッション
 扇子

|

« 680000アクセス達成! | トップページ | 「東京農工大:ウズベキスタンの養蚕農家支援 展示会で紹介」の記事を読む »

*201508カムチャツカの支度」カテゴリの記事

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/51447/61921107

この記事へのトラックバック一覧です: 添乗員さんから電話が来る&荷造りをする(カムチャツカ):

« 680000アクセス達成! | トップページ | 「東京農工大:ウズベキスタンの養蚕農家支援 展示会で紹介」の記事を読む »