« 添乗員さんから電話が来る&荷造りをする(カムチャツカ) | トップページ | 「アイスランド・レイキャヴィク、8月22日"レイキャヴィクマラソン"開催に伴う影響」の記事を読む »

2015.08.06

「東京農工大:ウズベキスタンの養蚕農家支援 展示会で紹介」の記事を読む

 「東京農工大:ウズベキスタンの養蚕農家支援 展示会で紹介」という記事を読んだ。

 2015年10月3日まで、東京農工大がウズベキスタンで行っている支援事業を紹介する企画展「農が支える世界の資源と文化」が、東京都小金井市の東京農工大科学博物館で開かれているそうだ。
 「ウズベキスタンのカイコが育む」と題した展示では、写真パネルのほか、女性が手織りした伝統の絹織物「アトラス」も多数展示しているという。

 東京農工大によると、シルクロードの中継地で中央アジアのウズベキスタンでは古くから養蚕が盛んだったが、ソ連が崩壊して独立した1991年以降、蚕の卵「蚕種」や生糸を製造する企業が次々倒産して養蚕業が衰退してしまったそうだ。10年前は自国で約8割生産していた蚕種も現在半分を輸入に頼っているという。

 ウズベキスタンの養蚕農家を支援する東京農工大のプロジェクトは、JICAの草の根事業として2009年から始まっており、日本の良質な蚕を養蚕農家に配布して技術指導してきた結果、一つの繭から通常より長く、良質な生糸を生産できるようになったそうだ。将来的にはウズベキスタンで蚕を繁殖させ、配布する計画だという。

 また、8月22日10時から、このプロジェクトの報告会があり、 ウズベキスタン国立養蚕研究所のシャフカット所長らが現地の状況を報告するほかウスベキスタンダンスの演舞も披露されるそうだ。
 ちょっと行ってみたいと思っている。しかし、わが家から遠いのが難点だ。

 私が読んだ記事はこちら。

|

« 添乗員さんから電話が来る&荷造りをする(カムチャツカ) | トップページ | 「アイスランド・レイキャヴィク、8月22日"レイキャヴィクマラソン"開催に伴う影響」の記事を読む »

*201109ウズベキスタンのその後」カテゴリの記事

ニュース」カテゴリの記事

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/51447/62032299

この記事へのトラックバック一覧です: 「東京農工大:ウズベキスタンの養蚕農家支援 展示会で紹介」の記事を読む:

« 添乗員さんから電話が来る&荷造りをする(カムチャツカ) | トップページ | 「アイスランド・レイキャヴィク、8月22日"レイキャヴィクマラソン"開催に伴う影響」の記事を読む »