« 「マヤ王の石碑を発見、二大勢力の新事実が明らかに」の記事を読む | トップページ | 「引退したJR北海道の『北斗星』用客車2両が公開…苗穂工場イベントで」の記事を読む »

2015.09.27

カムチャツカ旅行記1日目

2015年8月8日(土曜日)

 今回、参加するツアーは、「秘境カムチャツカ花物語」というタイトルの往復チャーター便利用のツアーで、成田空港第2ターミナルに8時40分集合である。
 キャリーケースは空港宅配で送ってあるので、身軽に出発できる。7時過ぎに自宅を出て、キャリーケースの受け取りにちょっと手間取った分、集合時刻に5分遅れくらいでカウンターに到着した。
 まずはeチケットをもらってチェックインする。
 チェックイン終了後、カウンターに戻って資料等々をもらい、9時20分の再集合を告げられた。
 どうやら、事前に街中で両替するよりも成田空港で両替した方がお得だったようで、ちょっとショックである。

 集合までの間に、日焼け止めやのど飴を購入する。
 ついでに、iPadに、購入した本のデータをダウンロードする。現地でネットに接続するつもりはない(有料でもの凄く遅いwi-fiが使えると教えてもらった)けれど、ヒマ潰しにはなるかなと思って持参した。
 再集合して判明したところ、ツアーは、ご夫婦が3組、母娘が2組、友人同士が1組、一人参加が3名の計15人だった。
 例によって例のごとく、どうやら私が最年少のようだ。
 
 出国審査は、ガラガラとは言わないまでも、スムーズに通過することができた。
 ラウンジで少し休憩しようかと思ったけれど、どうにも探すのが面倒臭い。そして、ヤクーツク航空のチャーター便はどうやらバスで移動してタラップを上って乗ることになるらしく、指定されたゲートは一番端っこである。
 途中にあった自販機でお茶を買って冷たいうちに持参した水筒に移し替え、ロシアの入国カードを書いたりしながらゲートオープンを待った。

チャーター機 6月にチャーター便がフライトキャンセルになったという恐ろしい逸話も聞いて戦々恐々としたけれど、無事に10時半にゲートがオープンした。
 バス1台に恐らく乗客全員が乗り込む。飛行機に乗り込むのだって早い。
 100人乗りの小さな飛行機がこの日はほぼ満席だった。小さいけれど、実は5年前に就航したばかりの新しい機体だそうで快適である。
 R3-9970便は定刻よりも早く動き出したけれど、離陸態勢に入るまでに30分以上も移動を続けた。どれだけ端っこにいたか判ろうというものである。

 (ここからは、日本よりも3時間進んでいるカムチャツカ時間で表記する。)

機内食 15時半くらいにランチボックスのサービスがあった。
 サンドイッチにハムやサーモン、キャラメルムースケーキにキットカットというメニューである。思わず「ロシアっぽい」と思いたいところだけれど、このランチボックスを作ったのはANA系のケータリング会社のようだ。
 やっぱりロシアなら紅茶でしょうと紅茶をお願いした。「ミルクを入れて」というお願いをどうして聞き入れて貰えなかったのが謎である。単に私の発音が悪かったせいだろうか。

 17時半過ぎ、約3時間半のフライトでペトロパブロフスク・カムチャツキー空港に到着した。
 空港といっても、何というか「仮」という感じの建物である。「帰りに空港でお土産を買えばいいや」という感じでは全くない。そもそもお店などなさそうである。
 空港自体の佇まいが「軍用」という感じで、どう見ても軍用ですよねというヘリがあったり、「もしかしてカモフラージュしていますね?」という感じの格納庫がたくさんあったりする。
 入国審査の窓口が三つあったのに、100人が通過するのに30分以上かかった。そんなに物々しい感じではなく、パスポートを返してもらうときにニコっとしてもらって何だかほっとする。

 入国審査後、自分のスーツケースを探し当て、セキュリティに通す必要がある。
 入国の際にセキュリティチェックがあるのは、ヨルダンからエジプトに船で入国したとき以来のような気がする。しかも、セキュリティチェックに並んでいるとき、麻薬探査犬なのか、ものものしい感じの犬がくんくんと荷物の匂いを嗅いでいた。

 今回のこのツアーは、同じコースに申し込んだ人を2グループに分けて催行される。日程も多少入れ替わったりしているようだ。
 今日のところは、観光バスに2グループの全員が乗り込み、ホテルに向かった。バスの中で、パスポートと出入国カードの半券が回収される。
 途中、ガイドのユリアさんが「カムチャツカのシンボルに会いましょう」と言い、フォトストップがあった。
 カムチャツカのシンボルって火山ですか? と思ったら、全く違った。

熊の像 奥に見えている山は、コリャーク山である。この右にアバチャ山があるけれど、この時は雲に隠れて見えなかった。
 熊の像の下には「ここからロシアが始まる」と書かれているそうだ。
 もう夕方で、薄い長袖シャツで涼しいと感じるくらいだ。「寒い」までは行かないけれど、ストールを首に巻きたくなるくらいの気温である。
 カムチャツカの「カム」は魚、「チャツカ」は燻製という意味だそうだ。何だかスモークサーモンを買って帰りたくなる名前である。
 この熊の像の周りでも、ネムロシオカマやヤナギランといったお花を見ることができた。

 ホテルまでの車内では、KAMCHATUINTOURと書かれた注意事項の紙が配られた。もちろん日本語である。この会社が現地ツアー会社らしい。
 配られた注意事項の紙には「熊と遭遇した場合」や「もし雪崩に遭ったら」などが書かれていて、ちょっと驚く。トレッキングに来る日本人が多いということだろうか。
 その他、ロシアではチップの習慣がないのでピローチップも必要ないこと、ホテルのお湯は23時くらいまで使えること、トイレでは使用済みの紙は流さずに備え付けのゴミ箱に捨てること、使用済みのタオルは床に置いておくと交換してもらえること、ホテルの各フロアにはウォータサーバが設置されていること等々の注意があった。

部屋バスルーム 今日から4連泊するアバチャホテルに到着したのは19時半前だった。
 エレベーターがとても小さいし、私の部屋は3階だったので、階段で上がった。
 アバチャホテルに泊まった方の旅行記などで「お部屋が小さい」「スーツケースを開けるスペースがない」といった書き込みがあったけれど、シングルユースだからか、それほど狭いという感じはしない。
 シャワーのみと聞いていたけれど、バスタブがあるのが嬉しい。
 部屋は街側で、窓を開けると車の音が少しうるさいけれど、この涼しさなら窓を開けて寝ることはなさそうだから問題ないだろう。

ミニスーパー ツアーにこの日の夕食はついていない。添乗員さんからも「軽食をお持ちください」と案内をもらっている。
 希望者はロビーに集合してスーパーに行きましょうという添乗員さんの声かけがあった。半分くらいの方がいただろうか。
 ホテルから道路を挟んで一本入ったところにミニスーパーといった大きさのスーパーマーケットがあり、21時まで開いているという。

 品揃えはなかなか豊富で、お総菜や、おつまみっぽいもの、チーズやお魚、野菜、蜂蜜やジャムも売られている。お寿司(**ロールという名前がつきそうな感じのもの)まであった。
 オレンジジュースや果物(果物は全て輸入品で、全般的に高い)、洗ってすぐ食べられるミニトマトや、添乗員さんが「美味しい」と太鼓判を押していたアイスクリームなどが人気だったようだ。
 買えるものならとっとと職場土産を買ってしまいたいと思ったけれど、添乗員さんに「チョコレートは絶対にアリョンカがいいです!」と止められた。

 部屋に戻ってもまだ20時半だ。お腹もあまり空いていなかったので先にお風呂にした。
 せっかくなのでバスタブにお湯を貯め、シャワーだけだと思って入浴剤を持って来なかったので、虫除けを兼ねて持参していたラベンダーオイルを垂らす。
 お部屋の匂いがちょっと気になっていたので、ちょうどいい。
 お部屋にはドライヤーもあって、この涼しさで髪を乾かさずにいたら風邪をひきそうだし有り難い。
 思っていたよりも色々と揃っているホテルである。

夕食 おにぎりやサンドイッチを持ってくるのは何となく気が進まなかったので、カップ焼きそばを持ってきた。
 当然、湯沸かしポットも持参している。
 ホテルの廊下のウォーターサーバでお湯とお水をいただけるという話は聞いていたけれど、この場合の「お湯」が熱湯かどうかは割と微妙なので、ホテル移動もないし、心配するくらいならと持参した。

 この日の夕食は、そのカップ焼きそばと、スーパーで買ったカムチャツカビール(67ルーブル)、そしてヨーグルトというメニューである。
 このスーパーだけのことなのかどうか判らないけれど、プレーンヨーグルトは売っておらず、どのヨーグルトにもフルーツが入っていた。
 このビールはカムチャツカでポピュラーなビールで、瓶ではなくペットボトルに入っている。私にビールの味はよく判らないけれど、ごくごくと美味しくいただいた。

 夕食を食べながら、添乗員さんにもらった資料に目を通す。
 今回、テーマはフラワーハイキングだし、本屋さんで眺めたロシアのガイドブックにはほとんどカムチャツカの情報が載っていなかったので購入しなかったし、予習らしい予習を全くしていない。
 カムチャツカには元々コリャーク人らが住んでいたそうだ。コリャーク人と聞くと、「1Q84」を思い出して、何だか親しみを感じてしまうのが我ながら単純である。
 1697年にロシアの探検隊がカムチャツカに到達した後は、ロシア帝政の支配下に置かれていた。
 冷戦時代には国防の重要拠点とされていたため、外国人の渡航が解禁されたのは1999年になってからだという。随分と最近のことなのだ。実際、現在も、アバチャ湾はロシア潜水艦隊の基地となっているという。
 それは、観光開発が進んでいない訳だよと思う。

 ごくごくとビールを飲んだら、何だか眠たくなってきて、22時半にはベッドに入った。
 窓を閉めれば、外の車の音はそれほど気にならない。定期的に「ブーン」という音をさせる冷蔵庫の音の方が気になるくらいだ。
 明日は6時半にホテルにモーニングコールを頼んでいるけれど、これまでにも「モーニングコールがなかったわ」という方がいたので、各自で目覚ましをかけましょうと言われている。6時に目覚ましをかけた。

-> カムチャツカ旅行記2日目その1

|

« 「マヤ王の石碑を発見、二大勢力の新事実が明らかに」の記事を読む | トップページ | 「引退したJR北海道の『北斗星』用客車2両が公開…苗穂工場イベントで」の記事を読む »

*201508カムチャツカの始末」カテゴリの記事

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/51447/62356186

この記事へのトラックバック一覧です: カムチャツカ旅行記1日目:

« 「マヤ王の石碑を発見、二大勢力の新事実が明らかに」の記事を読む | トップページ | 「引退したJR北海道の『北斗星』用客車2両が公開…苗穂工場イベントで」の記事を読む »