« 「郵船クルーズ、飛鳥IIで音楽クルーズ実施、10月と11月に」の記事を読む | トップページ | 「バンクーバーでプロジェクションマッピング 日没後に美術館ライトアップ」の記事を読む »

2015.09.03

「能登のキリコ祭り 大学生ら向け担ぎ手ツアー」の記事を読む

 「能登のキリコ祭り 大学生ら向け担ぎ手ツアー」という記事を読んだ。

 日本遺産に認定された石川県能登6市町の「キリコ祭り」の担ぎ手不足を解消するため、大学生や外国人に担ぎ手として参加してもらう取り組みが広がっているのだそうだ。
 少子化が進む能登では、各地区でキリコ祭りの担ぎ手が不足し、キリコを出すのを断念する地区が増加しており、自治体などは、地区外の人に祭りに参加してもらうツアーを企画するなど試行錯誤を続けているという。

 志賀町のキリコ祭り「西海祭り」では、昨年から、1泊2日、費用は一人4000円で祭りに参加してもらうツアーを始めたそうだ。町は「地元の支援があり、学生も参加しやすいよう低価格にできた。楽しい経験をしてもらい、将来またリピーターとして来てもらえたら」と期待を込めているという。

 県や6市町でつくるキリコ祭りの活性化協議会は、2015年から県内在住の外国人を対象にしたキリコ祭り体験ツアーを企画したところ、5か国の外国人5人から応募があり、8月14日以降に志賀町、輪島市、珠洲市のキリコ祭りに参加または参加予定だという。

 海外からのさらなる誘客につなげようと、祭りに参加した外国人に感想をインターネット上でアップしてもらう試みも行うそうで、企画に関わった能登半島広域観光協会事務局の福田忍次長は「担ぎ手確保に加え、学生や外国人の目線で、地元の人が気付かない能登の新しい価値を見いだしたい」と話しているという。

 キリコ会館で見た「キリコ」も、様々な問題を抱えていたのだなと思ったのだった。

 私が読んだ記事はこちら。

|

« 「郵船クルーズ、飛鳥IIで音楽クルーズ実施、10月と11月に」の記事を読む | トップページ | 「バンクーバーでプロジェクションマッピング 日没後に美術館ライトアップ」の記事を読む »

*201508能登のその後」カテゴリの記事

ニュース」カテゴリの記事

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/51447/62212424

この記事へのトラックバック一覧です: 「能登のキリコ祭り 大学生ら向け担ぎ手ツアー」の記事を読む:

« 「郵船クルーズ、飛鳥IIで音楽クルーズ実施、10月と11月に」の記事を読む | トップページ | 「バンクーバーでプロジェクションマッピング 日没後に美術館ライトアップ」の記事を読む »